毎日のスキンケアこそ見直したい。正しい保湿方法を知って水分たっぷりの憧れ健康肌へ

いつものスキンケアが乾燥の原因?毎日時間をかけていることこそ正しい方法を知ってより効果的に結果を得たいですよね。今回は、肌質の見分け方からクレンジングや洗顔の方法、化粧水と乳液といった基礎化粧品のより効果的な使用法をご紹介します。今すぐ出来るものばかりなので、今日の夜から実践してプルプルお肌を手に入れましょう。

保湿って結局なーに?

保湿って結局なーに?

「肌を保湿しましょう」とはよく聞く話だけれど、いまいち理解しきれていない。

なんで保湿しなきゃいけないの?
保湿って何をすればいいの?
高い基礎化粧品を買わなきゃだめなの?

というようにたくさんの疑問があると思います。

出典: unsplash.com

そこで、今回は保湿をするメリットと、お家ですぐに実践できる効果的な保湿の方法についてご紹介します。

1|保湿するメリット

1:外部刺激に強い肌へ

1:外部刺激に強い肌へ

まずは肌を保湿をすることのメリットを確認しましょう。
1つ目は“バリア機能をサポートすること”です。
肌トラブルを引き起こす原因である外部刺激から肌を守り、強い肌へ導いてくれます。

角層の表面を皮脂と汗が混ざり合った皮脂膜がベールのように覆うことで、肌の内部から水分が蒸散しにくい構造となり、紫外線やホコリ、花粉、ウイルスや細菌など外部の刺激から肌の内側を守る「外壁」の役目を果たすことができます。

出典:medical.shiseido.co.jp

2:ターンオーバーを正常に

2:ターンオーバーを正常に

出典: pixabay.com

2つ目は“ターンオーバーの周期を整えられること”です。
ターンオーバーを正常化させることで若々しい肌をキープできたり、肌トラブルが起こりにくくなるなど、いいことがたくさん。
キメも整い透明感のある肌を目指すこともできるのだとか。

角層が乾燥していると、またターンオーバーが速まり、未成熟な角層細胞が作られるという負のスパイラルに陥ります。「徹底した保湿」を心がけましょう。

出典:maison.kose.co.jp

2|自分の肌質を知ろう

2|自分の肌質を知ろう

出典: unsplash.com

保湿のメリットを理解した後は、肌質それぞれの特徴と、自分はどれに当てはまるのかを理解しましょう。
自分の肌質を知ることでより良いアプローチができます。

肌測定アプリで知る!

肌測定アプリで知る!

出典: prtimes.jp

こちらは資生堂の肌測定アプリ「肌パシャ」。
スマートフォンで写真を撮ると、お肌の状態を解析してくれます。
肌の不調の原因や、肌に足りていないものなどが分かる便利なアプリなんです。
お店に行かなくても手軽にできるのが嬉しいですよね。

3|正しいスキンケアを知ろう

1:クレンジングは短時間で優しく

1:クレンジングは短時間で優しく

出典: www.pexels.com

クレンジングで気をつけることは、「短時間で済ませること」と「擦らないこと」です。
クレンジング剤の洗浄成分は乾燥の原因になることもあるので、できるだけ1分以内で済ませましょう。

また、肌を強く擦りすぎると刺激になり毛穴を広げてしまう恐れがあるので、優しくじんわりと落とすことを意識してくださいね。

2:洗顔もできるだけ短時間で優しく

2:洗顔もできるだけ短時間で優しく

出典: www.pexels.com

洗顔は角質と皮脂を落とす大事な工程です。
しかし、クレンジングと同様に洗浄成分が含まれているためできるだけ短時間で済ませましょう。

また、顔を擦らないよう、逆さにしても落ちないくらい泡だてたたっぷりの泡で優しくなでるように洗いましょう。

泡立てネット

ZOZOTOWN

商品

泡立てネット

¥660

泡だてネットを使えば、簡単に弾力のあるモチモチ泡が作れちゃいます。
一家に一つは欲しいアイテムですね。

3:化粧水はコットンパックで

3:化粧水はコットンパックで

肌に潤いをもたらす化粧水はケチらずに使うことをおすすめします。
今まで化粧水を手でつけていてしっくりこなかったという人は、コットンを使ってみるのもいいかもしれません。
さらにコットンパックをすることで肌の角質層まで化粧水が浸透し、うるおいのある肌へ導いてくれます。

※長時間コットンパックをしたままにすると乾燥の原因になってしまいます。適当な時間を心がけましょう。

5:乳液は手で温めてから

5:乳液は手で温めてから

出典: unsplash.com

乳液は化粧水で保湿した肌から水分が蒸発しないようにカバーをし、潤いを保ってくれる働きがあります。
手の体温でじんわりと温めてから塗ることでより肌に馴染みやすくなるんだとか。

また、塗る際はぐっと肌に押し込むように、優しく馴染ませることを意識してみてくださいね。

乳液は多くの油分を含んでいるので、温めることで浸透量が高くなり、肌になじみやすくなります。

出典:lalahair.co.jp

スキンケア以外で気をつけること

水をいっぱい飲む

水をいっぱい飲む

出典: www.pexels.com

乾燥を防ぐには、外部からだけではなく内部からのアプローチも大切です。
普段あまり水分を摂らない人は、適切な量の水をこまめに飲むことを意識しましょう。

日頃から紫外線対策を

日頃から紫外線対策を

出典: www.pexels.com

紫外線は乾燥の原因にもなるのでしっかりと対策しましょう。
紫外線は夏だけではなく一年中降り注いでいます。
日焼け止めや日焼け止め効果のある下地を毎日塗ることを心がけましょう。

結局大事なのは“続けること”

結局大事なのは“続けること”

何よりも継続することが大切です。
毎日少しだけでも肌のための時間を作ったり、いつもの習慣を変えてみてはいかがでしょう?

いつか必ず、毎日の行いに感謝する時が来ます。
水分たっぷりのうるうる肌を手に入れましょう!

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

美容の記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。