ここぞという時に着るお洒落着が欲しい。ZOZOTOWNのオススメブランド4選

ショッピングや美術館、とびきりにお洒落して出掛けたい。そんな時に着たい、ZOZOTOWNでGET出来る『Jieda(ジエダ)』『sulvam(サルバム)』『BATONER(バトナー)』『Fine The(ファインザ)』の4つのブランドを紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

周りと差のつくお洒落な服が欲しいんです

周りと差のつくお洒落な服が欲しいんです

今日はとびきりお洒落して、周りと差をつけたい気分。
そんな時に着たい、ファッショナブルなアイテムが欲しい。
でも、どこで買えばいいの?

そんな方たちにオススメしたいブランドを紹介します。
今回はZOZOTOWNでGET出来るこちらの4つをピックアップ。
・Jieda(ジエダ)
・sulvam(サルバム)
・BATONER(バトナー)
・Fine The(ファインザ)
それでは早速見ていきましょ〜!

【Jieda】

【Jieda】

一つ目に紹介するのは『Jieda(ジエダ)』。
デザイナーの藤田宏行氏が2007年春夏シーズンよりスタートさせた島根発のブランド。

流行にとらわれない、少し個性的でハイセンスなアイテムが揃います。

毛足の長いフェイクファーを使用したゴージャスなジャケット。
裾に設けたロープデザインがアクセントになっていて可愛い。
デザインはもちろんですが、防寒性や機能面でも魅力的な一着です。

こちらはオリジナルのタータンチェックを使用したジャケット。
鮮やかなブルーと落ち着いたグリーンの組み合わせが素敵。
同素材のシャツやパンツと一緒に、セットアップでモードに着こなしたい。

Jieda

【sulvam】

【sulvam】

二つ目に紹介するのは、『sulvam(サルバム)』。
YOHJI YAMAMOTOの元パタンナー 藤田哲平氏が2014〜2015秋冬コレクションよりスタートさせたブランド。
モードスタイルが好きな方にオススメのブランドです。

パッと華やかな色合いが目を惹くライトピンクのシャツ。
襟や袖、胸ポケットに刺しゅうが入っていて、エレガントだけど個性が光るデザイン。
デニムと合わせて、カジュアルダウンして着ても可愛いかも。

こちらは襟元のデザインが特徴的なニット。
ボリュームのある袖と袖口の長めのリブが、オリジナリティのあるエッジの効いたデザインに。
程よく透け感のある素材が女性らしさを演出してくれそう。

sulvam

【BATONER】

【BATONER】

三つ目に紹介するのが『BATONER(バトナー)』。
2013年春夏からスタートした、日本のニットウエアブランド。
古き良き伝統的なニットを新しい解釈で展開し、受け継がれていくモノを追求しているんだそう。

鮮やかな赤が目を惹くタートルネック。
メリノウールをカシミアと同じ工程で加工。
フリースのような軽くふんわりとした肌触りで、着心地が良いんだとか。
シンプルなデザインなので、いろんな服とマッチしそう。

こちらは、先ほど紹介した商品と同じ技法で紡績した素材を使ったマフラー。
着け心地はもちろん、程よい長さでデイリー使いにぴったりのデザインです。
ユニセックスで使えるので、彼氏とお揃いにするのもあり◎

BATONER

【Fine The】

【Fine The】

最後に紹介するのが『Fine The(ファインザ)』。
2019年よりスタートしたブランド。
部屋でも町でもお洒落に着られる「ラウンジウエアー」がコンセプトなんだそう。

ストリート系やメンズライクなアイテムが好きな方にオススメのブランドです。

トレンドのオーバーサイズのダウンジャケット。
ビッグシルエットで余裕のあるフィット感なので、寒い冬など、下に着こむときにいいかも。
2つ目のダウンジャケット候補にしても♡

こちらは、Fine Theのロゴデザインのスウェット。
ビッグシルエットでシンプルなデザインなので、様々なシーンで活躍しそう。
あえてガーリーなロングスカートと合わせて着てもいいかも。

Fine The

とっておきの洋服みーつけた!

とっておきの洋服みーつけた!

いかがでしたか。
気になったブランドはありましたか。
今回初めて知ったブランドもあったはず。
気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ファッションの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。