「眠りの前半」がキーワード。寝る前に知っておきたい“美容に良い睡眠”の秘密

美容に良い睡眠のカギは、眠る時間の長さではなく眠りの前半の3時間の質にあるんだそう。今回は美容に良い睡眠について、それを心がけるために、睡眠の質を良くするための方法を5つ紹介します。脳も体も適度に疲れさせたり、寝具を見直したり、眠りにつく2時間前にお風呂に入ったり、リラックスする香りに包まれたりするのが大切です。

たくさん寝ないのはお肌に毒?

たくさん寝ないのはお肌に毒?

出典: snapmart.jp

よく、「たくさん寝ないとお肌に毒」なんて言うけれど、それって本当なのかな?

最近忙しくて、たっぷり眠る時間もあまり取れないし、実際のところ、どのくらい寝れば美容に良いんだろう。

「本当に美容に良い睡眠」が知りたい

「本当に美容に良い睡眠」が知りたい

実は、たくさん眠れば美容に良いというわけでなく、大切なのは、その睡眠の質にあるんだそうです。

今回は、そんな美容に良い睡眠をとる方法をじっくり紹介します。

眠り始めが大切というハナシ

眠り始めが大切というハナシ

美容に良い睡眠のカギは、実は眠る時間の長さではなく、眠りの前半の3時間の質にあるんだそうです。

最初の3時間をぐっすり眠るのが、お肌を、綺麗に導くのに大切なんです。

もちろん、だからといってその時間さえ寝れば睡眠時間が短くて良いということではありませんが、むやみにたくさん寝たら良いというものでもないんだそう。

睡眠時間をエステタイムにするためには、「午前0時くらいには寝て、眠り始めの3時間はぐっすり眠る」のが最大のコツ。

出典:www.hada-senka.com

出典: snapmart.jp

朝の目覚めが良かったり、朝ごはんをしっかり食べられたら、良い睡眠ができているサインなのだとか。

美容に良い睡眠を心がけるために、睡眠の前半の質を良くするためには、どのようなことをすれば良いのでしょうか。

質の良い「眠りの前半」にするには?

1|体も脳も適度に疲れさせること

1|体も脳も適度に疲れさせること

まずは、運動した体と脳をバランス良く疲れさせることが大切です。

例えば、デスクワークをたくさんして体をあまり動かしていない場合は、脳だけが疲れてしまっている状態。
その逆もしかりです。

バランス良く疲れさせて、眠りへ誘うのが吉ですよ。

質のよい深い睡眠をとるためには、毎日の運動に加え、脳を適度に疲れさせるのもポイントだそう。

出典:news.j-wave.co.jp

YouTube

『のがちゃんねる/nogachannel 』さんのおやすみ前の夜ストレッチで、運動しつつ、体もスッキリと。
日々疲れやすい肩・首・腰のコリをほぐしていきましょう。
ぐっすりとした安眠も、夜のストレッチで叶えられそうです。

2|寝具選びを見直してみること

2|寝具選びを見直してみること

出典: snapmart.jp

次に大切なのは、寝具を見直してみることです。
自分に合わせた高さと感触の枕がしっかり選べていないと、睡眠の質が下がってしまうんだとか。

寝返りのしやすさも、睡眠を快適なものにするために大切な要素です。

枕は角度に気をつけて選ぶようにしましょう。

寝具選びのポイント
(1)好みの柔らかさや感触で選び、寝心地が良いもの
(2)寝返りがしやすいもの

出典:www.decencia.co.jp

身体にかかる負担を最小限まで軽減する大判まくら

楽天市場

商品

身体にかかる負担を最小限まで軽減する大判まくら

¥7,920

15度の「角度」が安眠の秘訣なんだそう。
眠る時の体の負担を軽減することで、快適な睡眠を手に入れることができます。
低反発なのも嬉しいポイントですね。

3|眠りにつく2時間前にはお風呂に入ること

3|眠りにつく2時間前にはお風呂に入ること

出典: snapmart.jp

次に大切なポイントは、お風呂の時間です。
就寝時に深部体温を下げるために、眠りにつく2時間前に入ることが大切です。
38度から40度くらいのぬるま湯にゆっくり入ることで、深部体温をじっくり上げることができるんだそうです。

良い香りの入浴剤を使ってリラックスしたいところですね。

就寝時に深部体温を「下げる」ことができる状態にするためには、
就寝の2時間ほど前に38~40℃くらいのぬるめのお風呂にゆっくりつかり、
深部体温を上昇させることが重要です。

出典:maison.kose.co.jp

 童話の森 ヘンゼルとグレーテルのお菓子の家

商品

童話の森 ヘンゼルとグレーテルのお菓子の家

¥1,038

ヘンゼルとグレーテルのお菓子の家を連想させるようなはちみつの香りの入浴剤。
こちらはまとめ買い3個セットです。

4|温かい飲み物で心地良い眠りを誘うこと

4|温かい飲み物で心地良い眠りを誘うこと

出典: snapmart.jp

次に大切なポイントは、カフェインを取らず、ノンカフェインの温かい飲み物を飲むことです。

特に、安眠を誘うといわれているカモミールティーがオススメです。
甘い香りで優しいハーブティーを飲んだら、ゆったりとした気持ちになれそうです。

リンゴのような甘い香りに癒されるカモミールティー。安眠効果のある代表的なハーブです。

出典:www.bedstyle.jp

カモミールフラワー

商品

カモミールフラワー

¥1,026

睡眠前のリラックスタイムは、ゆっくりとカモミールティーを飲んでゆっくり過ごしましょう。
こちらは1.5g×20個のティーバッグです。

5|リラックスできる香りに包まれること

5|リラックスできる香りに包まれること

最後のポイントは、就寝前の香り。
リラックスする香りのアロマやオイルを寝具につけると、眠っている間、良い香りに包まれることができますよ。

質の良い睡眠時間を叶えられそうです。

アロマを活用すると、オンオフの切り替えや、睡眠前のリラックスなど、
様々な場面で味方になってくれます。

出典:www.sandersperry.jp

エッセンシャルオイル30ml(おやすみ)

商品

エッセンシャルオイル30ml(おやすみ)

¥4,480

「おやすみ」という名前通り、睡眠時にぴったりなベルガモットやスウィートオレンジなどがブレンドされたオイルです。
リラックスした睡眠時間を手に入れましょう。

美容に良い睡眠の秘密を知って

美容に良い睡眠の秘密を知って

眠りの前半3時間の熟睡を大切にできれば、あなたのお肌も綺麗になれる予感。
美容に良い睡眠の秘密を知って、もっと素敵な朝を迎えましょう。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

美容の記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。