次のお出かけは千葉で決まり!盛り上がること間違いなしの充実ドライブプラン

千葉県の木更津から館山方面へ行くドライブプランをご提案します。今回の行き先は『海ほたる』『沖ノ島』『海鮮浜焼き まるはま』『濃溝(のうみぞ)の滝』『木村ピーナッツ』『Wild Beach(ワイルドビーチ)』です。映えスポットから美味しい千葉名産品まで、魅力がふんだんに詰まっています。大好きな人と素敵な思い出作りましょ。

予定は入れたけど行き先が決まらない

予定は入れたけど行き先が決まらない

出典: unsplash.com

「今度お出かけ行こ〜」って言ったはいいものの、場所がなかなか決まらない…。
そんな素敵な悩みを持った人たちに、千葉のドライブ1日プランをご提案します。
“いいな”と思ったらぜひ候補に入れてみてくださいね♡

千葉へGo!

千葉へGo!

千葉って遠いんじゃない?
いえいえ、ドライブするには行きやすい場所なんですよ。
東京湾アクアラインが川崎と木更津(きさらづ)を繋いでいるので、都心や神奈川方面からも館山(たてやま)や富津(ふっつ)など、千葉南部の方へ簡単に行くことができます。

東京湾アクアラインについて

海ほたる

海ほたる

まずは、東京湾アクアラインの中間地点にある『海ほたる』というパーキングエリアをご紹介します。
展望デッキから眺める景色は旅の始まりを最高のものにしてくれるほど感動的なんです。

さらにお土産やさんやレストラン、フードコートなど様々な施設が揃っているのも魅力。
その中でも5階にある『あさりやcafe』の「あさりまん」はあさりがたっぷり入っています。
海を目の前にちょっとした軽食にいかがですか。

information
【営業時間】月〜金9:00-19:00土日祝8:00-19:00
【電話番号】0438-41-7401
【住所】千葉県木更津市中島地先

海ほたる

やっぱり最初は、海!

沖ノ島

沖ノ島

館山の海で外せないのは『沖ノ島』。
沖ノ島は周囲が1km弱の小島で、200m程の砂浜で繋がっている歩いて渡ることができる無人島です。

夏は海水浴場としても有名です。
令和2年度はコロナウイルスの関係で閉鎖していたようですが、10月1日から解禁されたそう。
透き通るようなこの海は、毎年「海水浴場水質調査」で最高レベルの「AAランク」と認定されるほど綺麗で、見ているだけでも癒やされる場所なんです。

information
【所在地】千葉県館山市富士見付近

沖ノ島海水浴場

そろそろお腹が空いてきた

海鮮浜焼き まるはま

海鮮浜焼き まるはま

お昼のおすすめは、『海鮮浜焼き まるはま』。
ご当地グルメは旅の醍醐味と行っても過言ではないですよね!
こちらのお店では貝や魚、エビ・カニなど好きな食材を取り、各テーブルに置いてある七輪で自分で焼くことができます。

お値段は90分で3,080円。
サザエ・ハマグリ・ホタテ・エビ・カニ…とバラエティー豊かな魚介類を好きなだけ。
さらに海鮮だけではなく、お肉や揚げ物・デザートまで揃えてあり、ソフトドリンクも飲み放題!
こんなにいいの?と思ってしまうほど贅沢ですね。

information
【電話番号】0439-69-2161
【住所】千葉県富津市金谷2288
※営業時間などは公式サイトを参照

海鮮浜焼き小屋 まるはま

お腹いっぱいになった後は

濃溝(のうみぞ)の滝

濃溝(のうみぞ)の滝

お腹いっぱいになったあとは、神秘的な自然に囲まれて癒やされましょう。
そこでおすすめしたいのは、まるで映画のワンシーンのような『濃溝の滝』。
洞窟の穴から差し込む光が水中に反射してハート形に見える日があるのだそう。

季節によって変わる表情があるのも、自然の魅力の一つですよね。
どの時季でも時間帯でも、それぞれの良さがありそうです。

information
【所在地】千葉県君津市笹1954-17

ご当地ソフトは欠かせない

木村ピーナッツ

木村ピーナッツ

甘いものが欲しくなったら、『木村ピーナッツ』で「ピーナッツソフトクリーム」はいかがですか。
こだわりの千葉県館山産ピーナッツを贅沢に使ったソフトクリームは、口いっぱいに香りが広がります。

ここではピーナッツを使用した20種類以上の商品も販売しています。
お徳用からギフト用まであるのでお土産にもおすすめです。

information
【電話番号】0470-22-3488
【住所】千葉県館山市下真倉236-3
※営業時間などは公式サイトを参照

木村ピーナッツ

プランの大トリは…

Wild Beach

Wild Beach

最後の締めは、『Wild Beach』。
写真の枠に収まりきれないくらいどこを切り取ってもお洒落な空間。
アメリカンでヴィンテージな雰囲気にテンションが上がること間違いなし。

1日じゃ足りないよ〜という人は泊まることもできます。
ここの魅力はなんと言っても着替え意外手ぶらOKなとこ。
結局“楽さ”って重要ですよね。

泊まる施設は、アメリカンなモーテル風のお部屋からテントやキャビン、トレーラータイプなど様々。
フォトジェニックでわくわくする室内は、思い出に残る最高の夜を過ごすのにぴったりな空間ですね♡

information
【営業時間】10:00~23:00
【定休日】火曜日、水曜日(年末年始・祝祭日を除く、3/19日まで)
【電話番号】宿泊 070-3669-8480 (10:00-18:00)
 レストラン・BBQ 070-3669-8481(10:00-20:00)
【住所】千葉県木更津市金田東2-10-1

Wild Beach

行き先“千葉”ってアリかも…!

行き先“千葉”ってアリかも…!

出典: www.pexels.com

予定が立ったのに行き先が決まらないときはこの記事を思い出してみてください♡
きっと最高の思い出になりますよ。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

旅行・おでかけの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。