毎日書かなくてもいいの。きっと未来に役立つ、ちょこっと記念ダイアリーのすゝめ

毎日書こうって思うと、なかなか続かない気がする"日記"。おいしいものを食べた日や感動したことを記す、ちょこっと記念ダイアリーを始めてみてはいかがでしょう。大切なのは自分の心と向き合ってそれを言葉にすること。記録だけじゃなくて自分を見つめなおす時間を作ることで、きっと未来に役立つはずです 。

日記=毎日書かなきゃいけないもの?

日記=毎日書かなきゃいけないもの?

日記をつけよう!と決めても、なかなか毎日続かなくて途中でやめてしまう。
なんて経験ありませんか?

毎日書かなきゃって思うと、意外と続かない気がします。

出典: www.amazon.co.jp

もしかしたら大切なのは「毎日」じゃなくて、「長く」続けることなのかも。
日記を書くことは、振り返ったときの楽しさはもちろん、自分の心の整理の時間にもなるんです。
ちょこっとした記念日に、日記をつけてみませんか?

「記録」だけじゃなくて"思い"を

「記録」だけじゃなくて"思い"を

日記をつけようとするとつい日々の記録になりがちですが、ここでは思いを言葉にすることを意識してみるといいかも。
心の声を言葉にすることで、自分のことを見つめ直す手助けをしてくれるかもしれません。

出典: snapmart.jp

おすすめしたい"ちょこっと記念ダイアリー"のポイントは2つ!
・ちょっとした日々を、特別なものにすること。
・記録をつけるんじゃなくて、気持ちを言葉にすること。

▷例えば○○な日

▷例えば○○な日

普通に過ごす日々も、見方を変えることで特別な日になるかも。
思い起こした時、些細なことほど「あんなこともあったなあ」ってほっこりした気持ちになりますよね。

おいしいものを食べた日

おいしいものを食べた日

出典: snapmart.jp

おいしいものを作ってみた日や食べた日、あったかい気持ちを言葉にしてみましょう。
写真を一緒に残したり、レシピを書いてみてもいいかも。

新しいコスメを買った日

新しいコスメを買った日

出典: snapmart.jp

新しいアイテムを買った日って、わくわくしちゃいますよね。
そんな思いも大切な記念。
ショップのカードなどがあれば、一緒に挟んでおくのもおすすめです。

大切な人と過ごした日

大切な人と過ごした日

友達や恋人、家族、久しぶりに会った懐かしい人。
話した内容や、嬉しかった言葉などを書いてみるといいかもしれません。
日記を書くことで、相手の優しさに気付けることもあるんです。

▷感動を文字に起こす

▷感動を文字に起こす

ちょっとした感動を日記に書いてみるのもおすすめです。
芸術に触れたときって、その時にしか感じられない感動がありますよね。
忘れちゃうのはもったいないから、日記に残してみましょ。

映画に感動した時

映画に感動した時

出典: pixabay.com

例えば観た映画の記録や、その時に感じたこと。
感想と一緒に監督や出演者も記録しておくと、次に観たい映画を見つけやすくなるかも。

読書から何かを学んだ時

読書から何かを学んだ時

映画と同じで、いろんなことを教えてくれる読書時間。
印象に残ったページなども書いておくことで、読み返したくなった時に便利なのでおすすめです。

▷長く続けるためにできる工夫

▷長く続けるためにできる工夫

毎日じゃないとしても、つい忘れちゃうことってありますよね。
そうならないためには、頑張りすぎないことがキーワードかも。

かわいくデコることを趣味にするのも一つの手ですよ!

自分好みのデザインに

シール

Credit base

商品

シール

¥300

キュートくまちゃんがポイントのシール。
日記はもちろん、手帳や小物をデコるのにも良さそう!

簡単に記録できる、ノリ付きメモ

暮らしのキロク フィーリング

商品

暮らしのキロク フィーリング

¥403

感じたことをサッと書けるメモ。
好きなタイミングで書いてあとから日記帳に貼りつければ、その時の気持ちを思い出しやすいかも。

思い出した時に、書いてみよ

思い出した時に、書いてみよ

出典: snapmart.jp

心の声を言葉にする、ちょこっと記念ダイアリー。
いつか見返した時、きっとなにかの役に立ってくれるはず。
毎日じゃなくていいから、まずは少しずつ思い出を日記に残してみてはいかがでしょう。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。