勉強ってどうやればいいんだっけ。改めて確認したい、効率的な勉強法のための緊急会議

なんだかふと、今の勉強法に疑問を抱くことが。誰に教わったわけでもない勉強法、これでいいのかな?この記事では、そんなあなたに、まず振り返って欲しい見直しリストと目標を達成するためにするべきこと、そしておすすめの勉強法を紹介します。改めて勉強法を見直しちゃいましょう~!

なんだか迷走中…

なんだか迷走中…

出典: unsplash.com

勉強って勉強をしているけれど、なんだか効率が悪い気がします。
勉強法って誰に教わったわけでもないから、今のままでいいのか迷走中…。

その勉強の仕方、本当に合ってる?

その勉強の仕方、本当に合ってる?

この記事では、まず自分の勉強方法を見直して、次のテストまでにすべきことのステップを確認、最後におすすめの勉強法を紹介します。
改めて勉強法を見直しちゃいましょう!

見直しLIST

LIST1|目標の設定がされているか

LIST1|目標の設定がされているか

出典: unsplash.com

まず、見直してほしいのが「目標の設定」。
テストにおける目標設定をしていますか?
もししていたとしたら、毎日の目標は設定していますか?
また、その目標はより具体的ですか?
これらをもう一度見直してみましょう!

LIST2|勉強時間をどのくらい充てられているか

LIST2|勉強時間をどのくらい充てられているか

出典: unsplash.com

これまで、平日と休日それぞれどのくらい勉強に充てられていたでしょうか?
「勉強時間」の確保は、余裕を持って勉強するためにはとても大切です。
また、勉強時間だけでなく、バイトや自分の自由時間を振り返ることで、無駄な時間はないか、改めて確認することができます。

LIST3|学習レベルが今の自分に合っているか

LIST3|学習レベルが今の自分に合っているか

出典: unsplash.com

もしかしたら、今自分が勉強している教材が自分に合っていない場合も。
例えば、基礎が抜けているけど応用中心の勉強をしてしまっていたり。
レベルが今の自分に合っているか、確認してみましょう。

LIST4|内容は質のいいものか

LIST4|内容は質のいいものか

次は、勉強の「質」。
例えば、英単語10個覚えるのに、1時間ひたすら書いていたり、集中できない環境で長時間勉強していたり。
「本当にこの勉強法はゴールに近づく効率のいい方法なのか」をもう一度見直してあげると、さらにレベルアップが期待できそう。

LIST5|息抜きをちゃんとしているか

LIST5|息抜きをちゃんとしているか

そして、意外と忘れやすいのが「息抜きの時間を確保すること」。
自分に負荷をかけすぎてしまうと、ストレスに繋がってしまい、暗記しなければならないことが全く頭に入ってこなかったり、勉強の質を下げてしまうことも。
心休まる時間を確保しているかも確認してみましょう。

勉強をする上で大切なSTEPS

STEP1|明確な目標を立てる

STEP1|明確な目標を立てる

次は、勉強をする上で大切な3STEPSを紹介します。
まずは、「いつまでに何を達成させたいのか」を一緒に決めていきましょう。
例えば、来週木曜日に学校である英語のテストで80点をとりたい!など。
早速ノートに目標を書き込んでいきましょう。

ロルバーン

楽天ブックス

商品

ロルバーン

¥528

おすすめするノートは、こちらの『Rollbahn(ロルバーン)』。
このノートに目標を書き込んでみてはいかがですか?
シンプルでスタイリッシュなノートは、開くたびにモチベーションが上がりそうですよね♡

STEP2|自分の現状把握をする

STEP2|自分の現状把握をする

目標を設定した後は、成果に対して今自分がどの地点にいるかを一緒に見ていきましょう。
例えば、先ほどの「来週木曜日に学校であるテストで80点を取りたい」に対して、前回のテストの点数は何点だったのか、テスト範囲の今の理解度は何%くらいなのか、あとどのくらい勉強する必要があるのか…。
自分の目標と今の状況を冷静に比較してみましょう。

STEP3|やるべきことを見える化する

STEP3|やるべきことを見える化する

目標と現状を把握したあとは、その差を埋めていきましょう!
そのために必要なことは、毎日何をすべきかを明確にしておくことです。

例えば、「来週木曜日までに英単語30個を覚える」という目標があったときにタイムリミットまで、あと何日なのか、どのくらいの時間を費やす必要があるのか、どこで覚えるのか、を細かく毎日レベルまで持っていきましょう!
大変ですが、ここまで来たらあと少しです♡

ToDoリスト日記プランナー

商品

ToDoリスト日記プランナー

¥1,200

毎日のやることを明確にしたいときにおすすめしたいアイテムは、こちらの『TOPTOMMY(トップトミー)』から出ている、ToDoリスト日記プランナー。
時間が1時間区切りになっていて、勉強の進捗状況が把握できたり、スケジュール帳としても使用できたりする優れもの。

おすすめの勉強法

復習の時間を必ず作る

復習の時間を必ず作る

実は「復習」を念入りにすると記憶力が格段に上がるんです!
そもそも、人間の脳は忘れやすいもの。
1回だけではなかなか、重要な情報だとして、記憶を保持してくれません。
なので、1日に2回学習したことを振り返る時間を確保するなど、復習回数を増やしてもいいかもしれません。

脳は何度も使われる情報を、“重要な情報”と判断して記憶に残す。

出典:limo.media

隙間時間をフル活用

隙間時間をフル活用

出典: snapmart.jp

部活やバイトで忙しい人におすすめしたいのが、隙間時間を活用する方法。
学校までの移動時間など、なんとなく今まで時間を過ごしていた分を勉強に回しちゃいましょう。
「この時間しかない」と思うと集中力も上がるので、おすすめです。

暗記系は1度に覚えないで長期戦勝負

暗記系は1度に覚えないで長期戦勝負

人間が1度に覚えられる量にはある程度限界があるので、1日に100個英単語を覚えようとしても現実的に難しいところがあります。
なので、「見たことある」を毎日増やす作業をしたほうが記憶にも残りやすく、長期的な記憶に繋がります。

単語を暗記する際は1つひとつに時間をかけて1回で覚えようとするのではなく、何度も何度も単語帳を回転して、単語に出合う回数をとにかく増やすことが重要なのです。

出典:toyokeizai.net

早速計画を立てて勉強に取り組もう

早速計画を立てて勉強に取り組もう

なんだか迷走してしまっていた勉強法。
見直しリストと大切なステップで自分の勉強スタイルを見直して、目標達成のために立ち上がっていきましょう!

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。