寒い日も何故かテカるんです(泣)オイリーな肌を脱するために始めたい4つの生活習慣

オイリーな肌の方は寒い日でもテカりませんか?この記事では、オイリーな肌の原因や、オイリーな肌を脱するために始めたい4つの生活習慣、NG行動を紹介します。①スキンケアを見直す②肌に良い食生活を取り入れる③良い睡眠をとる④ストレスを解消する。オイリーな肌に困っている方はこの4つを意識してみましょう!

寒くても何故かテカるんだよなぁ(泣)

寒くても何故かテカるんだよなぁ(泣)

出典: shutterstock

_暑い日だけじゃないの…。
_寒い日もテカるの(泣)

「どうして汗をかいてないのにテカっちゃうんだ~」
と悩んでいる方は必見です。

オイリーな肌を脱するために始めたい生活習慣

オイリーな肌を脱するために始めたい生活習慣

この記事ではオイリーな肌を脱するために始めたい生活習慣を紹介します。
スキンケアの見直しや、肌思いの食生活を始めてみましょう!

:まずは原因を知っておこう:

男性ホルモンが影響している

男性ホルモンが影響している

出典: shutterstock

まずはオイリーな肌の原因。

皮脂の分泌はテストステロンなどの男性ホルモンが影響しています。
これらのホルモンが皮脂の分泌を活性化し、オイリーな肌になることに繋がるのだとか。

皮脂の分泌に影響を与えているホルモンは「テストステロン」などの男性ホルモンです。これらのホルモンは、皮脂腺を増加させ、皮脂を合成し、皮脂の分泌を活性化します。

出典:woman.mynavi.jp

具体的には?

具体的には?

出典: shutterstock

1|間違ったスキンケアをしている。
2|糖質や脂質などの食べ物を過剰に摂取。
3|睡眠不足。
4|ストレスを感じる。

など、オイリーな肌の原因には普段の生活習慣が関係しているらしいのです。

では正しい生活習慣をチェックしていきましょう!

1|スキンケアを見直して

洗顔は泡が肝心

洗顔は泡が肝心

出典: shutterstock

オイリーな肌におすすめの洗顔方法。

十分に泡立てたきめ細かなクッション泡で洗います。
皮膚表面に残った皮脂をしっかり取りましょう。

【POINT】
強くゴシゴシ洗うのではなく、濃密な泡で摩擦をできるだけ起こさないように注意してくださいね。

保湿はしっかりね◎

保湿はしっかりね◎

出典: shutterstock

オイリーな肌におすすめの保湿の仕方。

洗顔が終わったら、メーカーが推奨する基本の量の化粧水を塗ります。
そのあと、化粧水の蒸発を防ぐために、テクスチャーの軽いクリームや乳液を適量塗布しましょう。

【POINT】
塗ったあとテカテカしてしまうので保湿をあまりしていない方も、保湿をすることで肌が潤い、皮脂の量が適切になる場合もあるそうなので保湿はきちんと心がけましょう。

もともと肌が乾燥傾向の方で、それを補うために皮脂の分泌が過剰になっている場合(乾燥性脂性肌)は、保湿することで肌が潤い、皮脂の量が適切になる場合もあります。

出典:mitakabiyou.com

※NG行動に注意して

※NG行動に注意して

出典: shutterstock

オイリーな肌の方がやりがちなNG行動。

・あぶらとり紙で皮脂をふき取る。
・一日に何度も顔を洗う。
・熱いシャワーのお湯で洗い流す。

みなさんはどれか心当たりのあるものはあったでしょうか…?
今ここで気付けたあなたはさっそくNG行動をストップしましょう!

出典: shutterstock

NG行動をストップするために意識したいこと。

・できるだけあぶらとり紙は使用しない。どうしても気になる場合はティッシュで軽くおさえる程度に◎

・洗顔は多くても朝・夜の1日2回を心がける。

・洗顔の水温は32度を意識しよう。

洗顔にちょうどよい水温は「32度」であると言われています。
なぜ32度なのかというと毛穴から分泌されている皮脂が溶け始める温度が32度前後だという理由です。

出典:www.duo.jp

2|肌に良い食生活を取り入れよう

皮脂の分泌を抑制してくれる栄養素

皮脂の分泌を抑制してくれる栄養素

出典: shutterstock

皮脂を抑える働きをする栄養素。

・ビタミンB2
・ビタミンB6

これらは皮脂の分泌を抑える働きがあるみたい◎
また、食事で摂取した脂質をエネルギーに変える際にも消費されるので、油っぽいもの食べることで、これらのビタミンが消費されてしまい、皮脂の抑制の働きが衰えてしまうそうです。

もっと詳しく!

まずはこちらのメニューに挑戦してみて

簡単♪納豆パスタ★バター醤油味

楽天レシピ:「簡単♪納豆パスタ★バター醤油味」より

こちらはビタミンB2が豊富な納豆を使用した和風パスタのレシピです。
簡単にできるので、普段料理をしない方でも挑戦しやすそうですね◎

※レシピの中にアレルギーを引き起こす食品が含まれている場合があります。ご注意ください。

材 料(1人分)
納豆1パック
●バター大さじ1
●めんつゆ(3倍濃縮)大さじ1
●醤油小さじ1
パスタ100g
刻み海苔適量

出典:recipe.rakuten.co.jp

詳しいレシピはこちら

3|質の良い睡眠をとろう

何で睡眠が大事なの?

何で睡眠が大事なの?

出典: shutterstock

睡眠が健康な肌に⼤事な理由。

十分な睡眠がとれないと、バリア機能が低い肌になってしまい、その結果、外部の刺激から肌を守ろうと、⽪脂が⼤量に分泌されることに繋がってしまうのだとか。

また、睡眠中に分泌されるホルモンは美肌に導く効果があるのだそう。

肌と睡眠は密接な関係にあるので、睡眠を見直してみると良いかも。

睡眠が十分にとれていないと、肌の新陳代謝(ターンオーバー)が通常よりも早いサイクルで行われてしまうので、しっかりと成長していない未熟な角化細胞で構成されることになります。すると、バリア機能が低い肌になってしまうため、外部刺激から肌を守ろうと、皮脂がたくさん分泌されてしまうのです。

出典:mitakabiyou.com

どうすれば質の良い睡眠になるの?

どうすれば質の良い睡眠になるの?

出典: 17kg.shop

質の良い睡眠をとるためにしたいこと。

きっとみなさんの中には寝る直前までスマホを見ている方もいるのではないでしょうか?
ですが質の良い睡眠をとるためにはスマホの画面を見ないようにするのが良いのだとか。

また、カフェインをとりながら夜中まで課題や勉強をしている方は、改めて見直したほうが良いかもしれません。

もちろん睡眠時は室内を暗くし、スマートフォンやPCの画面も極力見ないようにすることが重要である。青汁や野菜といった、セロトニンやトリプトファン、メラトニンが含まれるものを摂取することも効果がある。逆に、メラトニンの分泌を妨げるため、夜6時以降はカフェインは摂らないようにする。

出典:www.nishikawa1566.com

4|ストレスを解消しよう

ストレスが溜まるとどうして良くないの?

ストレスが溜まるとどうして良くないの?

出典: shutterstock

ストレスと皮脂の関係。

きっと女子ならではのイライラやモヤモヤを抱えたことがある方もいるのではないでしょうか?
女子ってなにかとストレスが溜まりやすいのかも。

ストレスがかかると、皮脂の分泌にも繋がってしまうみたい。

少しでもストレスを感じたら、すぐに発散できると気持ちにも、肌にも良さそうですよね!

また、身体にストレスがかかると、ストレスに対抗しようとして「コルチゾール」と呼ばれるホルモンが分泌されます。コルチゾールは皮膚に働きかけて、皮脂の分泌を促進します。さらに、ストレスによって副腎から分泌される男性ホルモンも、皮脂の分泌を促進させる作用があります。

出典:woman.mynavi.jp

さっそくストレス解消しよう

さっそくストレス解消しよう

出典: shutterstock

ストレスを解消する方法。

ストレス解消に効果的だと言われているのが瞑想です。
これは朝起きた直後や、通勤・通学、お昼休憩などどこでもできるのでおすすめです◎
ストレスがたまりやすい方は、生活習慣に取り入れてみてくださいね。

1分間瞑想は、丁寧な呼吸を心掛けます。1分間をたっぷり使うことを意識しましょう。 まずは、息を4秒間でゆっくりと吸いこみます。4秒で吸ったあと、8〜16秒間かけてゆっくりと息を吐きます。1分間だと、3〜5回繰り返すことができます。

出典:earthlab.tech-earth.net

自分に合ったストレス解消法を知らないと苦しくてパンクしてしまうこともあるかもしれません。この記事では様々なストレス解消法をご紹介します。昔やってた習い事をやってみる・流行ってた遊びをやる・料理・瞑想・単純運動・音楽を聴く・咀嚼音を聞くの7つです。あなたにぴったりのストレス発散方法が見つかりますように。

さっそく試してみよう!

さっそく試してみよう!

オイリーな肌を脱するために大事なことは、スキンケア・食生活・睡眠・ストレス解消です。
今日からさっそく取り入れて、オイリーな肌を脱しましょう!

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

美容の記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。