自分を抑えて誰かに気に入られる。そんな媚びる女は卒業して、なりたい自分をGETしよ

誰かに好かれることは大切だけど、自分を抑えてまで媚びるのは違う気がする。そんな私は自分を持っていてかっこいい、“媚びない女”を目指そうと思うの。この記事では媚びることのメリットとデメリットを踏まえた上で、媚びない女になるために意識したいことをご紹介します。媚びることなく、なりたい自分をGETしちゃいましょう。

媚びてばっかりじゃつまらない

媚びてばっかりじゃつまらない

出典: snapmart.jp

ある飲み会の帰り道。
向かいに座っていたあの子は、隣の男の人のことばかり気にして、なんだか心から楽しんでいるように見えなかったな。

相手に気に入られることも大事だけれど、私は媚びてばっかりじゃつまらない。

出典: jp.stylenanda.com

媚びる女の人は、特定の人の好感度を上げることができる反面、それ以外の人からの評価を下げやすいかも。

この記事では自分を持っていてかっこいい、“媚びない女”になるために気をつけたいポイントをご紹介していきます。

媚びることのメリット・デメリット

メリット

メリット

出典: snapmart.jp

まずは媚びることのメリットを見ていきましょう。

媚びることで特定の人の好感度を上げることができるので、評価やチャンスを上げることができます。
上手く使うことができれば大きなメリットになるでしょう。

デメリット

デメリット

出典: snapmart.jp

しかしデメリットが大きいのも事実。
人によって態度を変えることが多々あるので信頼を失ってしまったり、同性(特に女性)から嫌われることもしばしば。
そうなってしまっては、先ほど挙げたメリットも意味がなくなってしまいますね。

出典: snapmart.jp

以上のメリットとデメリットを踏まえて、今回は“媚びない女”になるために意識したいポイントをいくつかご紹介します。
そのために具体的に何をすれば良いかもご提案しているので、参考にしてみてくださいね。

媚びない女になるために

自信を持つ|自分磨きにチャレンジして

自信を持つ|自分磨きにチャレンジして

出典: jp.stylenanda.com

まず1つめは“自信を持つこと”。
媚びる女の人の中には、男性から可愛がられることで自分の存在価値を確かめる人がいるんだとか。
つまり、自分に自信があれば媚びる必要はなくなりますよね。

自信を持つためにおすすめなのが自分磨き。
その中でも特にお肌をパワーアップさせてみてはいかが?
お肌の調子が良いとメイクのりも良くなって自信が持てそう。

浸透力がすごくて、とにかく潤うとウワサの『IPSA(イプサ)』の「ザ・タイムR アクア<医薬部外品>」。
大人気アイテムなので、お肌に悩んでいる方は一度試してみても良さそう◎

ザ・タイムR アクア

一人の時間も楽しむ|趣味を見つけて

一人の時間も楽しむ|趣味を見つけて

出典: snapmart.jp

2つめは“1人の時間も楽しむこと”。
人に嫌われることが怖くて、常に誰かと一緒に同じことをする人がいますが、それも媚びる女の特徴。
新しい趣味を見つけて、1人の時間も楽しんでみて。

例えば新しい趣味にヨガはいかが?
最近ではオンラインヨガなども普及しており、家で1人でできるんだそう。
美しいボディラインや健康を保つために良いとされているヨガを取り入れることで、1人の時間を楽しみつつ自信も持てるようになって一石二鳥かも。

LEONMAX  ヨガウェア

商品

LEONMAX ヨガウェア

¥2,199

ホールド感のあるスポーツブラと体のラインに自然にフィットするレギンスのセットです。
カラー展開豊富なので、お気に入りを選んでみて。

悪口を言わない|他人の良い部分を見つけて

悪口を言わない|他人の良い部分を見つけて

出典: snapmart.jp

3つめは“悪口を言わないこと”。
媚びる女は、特定の人に好かれたい気持ちから他の人の悪口を言ってしまうこともあるんだそう。
そんなことをすれば当然嫌われてしまいますよね。

出典: snapmart.jp

そうならないためにも、他人の良い部分を見つけるように意識してみて。
毎回意識していれば自然と裏表のない、みんなに信頼される人になっていくはずです。

自分の意見を持つ|自分も相手も尊重して

自分の意見を持つ|自分も相手も尊重して

最後は“自分の意見を持つこと”。
媚びる女の人はその場その場で意見が変わってしまうことが多いんだとか。
自分の意見をしっかり持ち、嫌なことは嫌という強さも必要なのです。

出典: snapmart.jp

自分の意見を突き通すのはなかなか勇気が出ない…なんて方も少なくないですよね。
そんな時は一度相手の意見を肯定して、そのあとに自分の意見を言ってみて。
自分の意見を曲げずとも衝突するのを防げるので、相手も自分も嫌な気持ちになりにくいですよね。

自分のなりたい姿に

自分のなりたい姿に

自分を押し殺して、誰かに気に入られようとするのはつまらない。
私は誰かに媚びることなく、自分のなりたい姿を目指して努力をするって決めたんだ。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。