“学び”の気持ちをKEEPして。「語学を勉強する」モチベーションは5つのコツで

好きな海外の映画やアーティストを通して、「この言語を学びたい!」と語学に対するモチベーションが上がった経験がある人って多いと思います。でも他の言語を学ぶって、かなり大変。その“学び”の気持ちを止めないためにも、モチベーションをキープし続ける5つのコツを紹介します。

「この言語を話せたら…」

「この言語を話せたら…」

出典: unsplash.com

海外の映画やアーティストをきっかけに、「この言語を話せたら、彼らの考えていることが理解できるのに」と思って、語学を学びたい気持ちがUPしたことがある人っていると思います。

字幕や翻訳はあるけど、やっぱり言語そのもので理解するって憧れますよね。

コツコツ続けることが大切

コツコツ続けることが大切

出典: unsplash.com

「〇〇語を勉強するぞ〜!」
そんなモチベーションが高くなっているとき、参考書を買ったり、レッスンに通ったりする人もいるはず。

でも、モチベーションをキープし続けるってとっても大変。
今回は“学び”の気持ちを継続させる5つのコツを紹介します。

“学び”の気持ちを継続させる5つのコツ

(1)自分に合った勉強方法

(1)自分に合った勉強方法

出典: unsplash.com

まずは「自分に合った勉強方法」をすること。
どのように学んできたかを紹介している動画や経験談から学べるという人もいるはずです。

YouTubeでは様々な人が言語習得のコツを紹介しているので、自分が学びたい言語の紹介をしているYouTuberを見つけてみるのもいいかも。

YouTube

例えばこちらの「Yu Kagawa 카가와 유」さんの動画。
韓国語の勉強方法を紹介している動画で、おすすめの教材なども紹介しています。
「何から始めればいいの〜?」という人は、経験談からチェックしてみるといいかもしれません。

Yuさんのインスタ:@k_yu0127もぜひチェックしてみてください♡

IG:Yu Kagawa

(2)その言語を話す国について調べる

(2)その言語を話す国について調べる

出典: unsplash.com

続いては「その言語を話す国について調べる」こと。
モチベーションを上げ続けるなら、その国自体のファンになるのもおすすめ♡

文化や歴史などを勉強して、その国の魅力を知り、「絶対この言語を話せるようにするぞ!」って気持ちを持ち続けてみてはいかが?

地球の歩き方 アメリカ 2019〜2020

楽天ブックス

商品

地球の歩き方 アメリカ 2019〜2020

¥2,090

まずは、その国の観光地から文化まで幅広く知りたい。
そんなときは『地球の歩き方』をおすすめします。
観光スポットを紹介した旅行ガイドブックですが、勉強になる内容もたくさん載っていておすすめ。

こちらはアメリカver. です。

出版社:ダイヤモンド社

(3)同じ映像作品を繰り返し観る

(3)同じ映像作品を繰り返し観る

出典: unsplash.com

続いては「同じ映像作品を繰り返し観る」こと。
その言語のいろんな作品を見ることもいいですが、ひとつの作品を何度も観て、セリフや出てくる歌詞を覚えるというのも大事。

その作品に出てきたセリフや歌詞が他のところでも出てきたら、「これ知ってる言葉だ!」ともっとモチベーションが上がりそう。
ちなみに、単語だけ覚えてもどのように使ったらいいか悩むということもあるので、例文で覚えるのもおすすめです。

出典: unsplash.com

『Netflix(ネットフリックス)』にはいろんな言語の作品がたくさん。
あなたの学びたい言語の作品もきっとあるかもしれません♡

携帯でいつでもチェックできるように、ネットフリックスをダウンロードしてみてはいかが?

Netflix

(4)日常でその言語を使ってみる

(4)日常でその言語を使ってみる

出典: unsplash.com

「日常でその言語を使ってみる」ことも大切。
実際に使うことで、より身につくはず。

言語カフェなど、同じ言語を学ぶ人のコミュニティなどに積極的に参加してみてはいかが?

おすすめの言語カフェは『Mickey House』。
東京の高田馬場にあり、英語やフランス語などいろんな言語に触れられるカフェです。

同じ言語を学んでいる人に出会うことで、「私も負けていられない!」という気持ちになり、モチベーションをキープし続けられそうですね。

言語喫茶ミッキーハウス

(5)自分がその言語を学びたい理由を見直す

(5)自分がその言語を学びたい理由を見直す

出典: unsplash.com

最後は「自分がその言語を学びたい理由を見直す」こと。
言語を学ぶって、実はかなりの長期戦です。
もちろん中には2〜3年でマスターするという人もいるかもしれませんが、「完璧に話せる、理解できる」までになるには、長い時間もしくは終わりがないと感じる人もいるようです。

だからこそ、どうして自分がその言語を学びたいと思ったのか、その言語を習得したあと自分にどんなことができるのかを考えることが大切です。

毎日続けて、第二言語に

毎日続けて、第二言語に

出典: unsplash.com

最初からできる人なんていない。
コツコツ続けることで、きっと自分の目指すレベルに近づけるはずです。

毎日続けて、「第二言語は〇〇」と言えるまで力をつけていきましょう♡

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。