まるでなんでも話せる女友達のよう。恋愛に悩んだ時に、ヒントをくれる小説集

自分の気持ちを誰かに聞いてもらいたいとも思うけど、否定されたり定義づけられてしまうのは悲しくて、この気持ちは誰にもわからないとも思う。そんな時は様々な小説の主人公たちにアドバイスをもらって、自分の気持ちを整理してみませんか?恋愛がうまくいかない時、臆病になっている時、きゅんが足りない時に。ヒントをもらってみてください。

誰にも言いたくないけど、誰かと共感し合いたいの

誰にも言いたくないけど、誰かと共感し合いたいの

出典: www.beepsheepshamp.com

恋愛をしている時の自分って、なんだかいつもの調子でいられなくて、一人で舞い上がったりこれでもかってくらい落ち込んだり。

「この心のもやもやを、誰か一緒に晴らして!」って思うけど、ダサかったりどうしようもないことをしてしまった自分を、周りにさらけ出すのが怖いとも思う。

まるで最高の女友達のように

まるで最高の女友達のように

そんな時はお気に入りの本に相談して。
無口だけど、共感したり教訓になるような言葉を沢山くれるんです。

今回はそんな、最高の女友達のようになってくれそうな作品をご紹介します。

一筋縄ではいかない恋愛をしている時に

息がとまるほど

商品

息がとまるほど

¥605

著者:唯川 恵
出版社:文藝春秋

男女の間での名前をつけることのできない感情や、女同士の嫉妬などの負の感情。

自分が悪いとわかっていても、否定せずにただ聞いて共感して欲しい時もありますよね。
人間のドロドロとした怖い部分を体感したい時にオススメの作品です。

ウエハースの椅子

商品

ウエハースの椅子

¥545

著者:江國 香織
出版社:角川春樹事務所

恋愛にどっぷり浸かっている主人公の私。
そんな私の元を訪れるのは、奥さんと子供がいる恋人とのら猫と…。
美しくて切ない、深夜に一人で読みたくなるような小説です。

しょうがの味は熱い

商品

しょうがの味は熱い

¥495

著者:綿矢 りさ
出版社:文藝春秋

煮え切らない彼氏と同棲して随分経つ主人公の私。
一緒にいるはずなのに思考がどんどん離れていって…。
全ての恋愛に迷える男女にオススメの小説です。

何をお供にする?

何をお供にする?

ホットココアをお供に、悲しくてやるせない気持ちを溶かしましょう。
好きな数だけマシュマロを浮かべて。
あったかくて優しい気持ちにしてくれそうです。

恋愛に臆病になっている時に

君が降る日

商品

君が降る日

¥586

著者:島本 理生
出版社:幻冬舎

恋人を事故で失った主人公の私と、その車を運転していた彼の親友。
冷たく接する主人公だったが、同じ悲しみを背負った者同士、だんだん惹かれあって…。

人を愛することの切なさや、恋の始まり、別れの予感が描かれた全部で3遍の小説です。

大丈夫、君は可愛いから。君は絶対、幸せになれるから。

商品

大丈夫、君は可愛いから。君は絶対、幸せになれるから。

¥1,375

著者:yuzuka
出版社:KADOKAWA

心の不機嫌ともやもやを上手に操って、もっとラクで素敵な人生をおくりたい!
不器用で、素直になれなくて、そんな自分が嫌になった時に背中を押してくれるような作品です。

すべて真夜中の恋人たち

商品

すべて真夜中の恋人たち

¥748

著者:川上 未映子
出版社:講談社

人と言葉を交わすことにさえ自信が持てない主人公が、ある人に出会いどう変わるのか。
誰もが経験したことのある、痛かったり苦かったりする心理描写が繊細に描かれた作品です。

何をお供にする?

何をお供にする?

フェアリーライトの優しい光で癒やされて。
自分との大事な対話になる読書の時間。
特別なものになる空間を演出してくれそうです。

ドキドキを忘れそうな時に読みたい本

夜は短し歩けよ乙女

商品

夜は短し歩けよ乙女

¥367

著者:森見 登美彦
出版社:KADOKAWA

「黒髪の乙女」に想いを寄せる先輩だが、そんなことには気が付きもしない彼女。そんな二人を待ち受けるのは様々な珍事件の数々で…。
キュートで不思議な世界観に浸かって楽しく読める作品です。

週末は彼女たちのもの

商品

週末は彼女たちのもの

¥503

著者:島本 理生
出版社:幻冬舎

理不尽だったり悲しい思いをして、恋愛がうまくいかない男女たちに突然訪れる恋の予感。
それは横断歩道だったりバーだったり。
人を好きになるってこういうことだよなあと、つい自分に重ねて共感してしまうような作品です。

100万回の言い訳

商品

100万回の言い訳

¥825

著者:唯川 恵
出版社:新潮社

結婚7年目を迎える二人。仲は悪くないのに、何かが足りない。
そんな時、思いがけない出来事により別居を迫られた二人は…。
夫婦ってなんだっけ?結婚したら次はどうしたらいいんだろう、というようなモヤモヤに波紋を起こすような作品です。

何をお供にする?

何をお供にする?

お気に入りのぬいぐるみを抱えて。
リラックスして自分の心に正直になれるヒントを見つけられそうな予感。

自分なりの答えが出せそうかも

自分なりの答えが出せそうかも

自分だけの感情だと思っていたこの思い。
本の中の主人公たちと苦悩を分かち合って、アドバイスをもらえた気がする。
自分なりに気持ちを整理して、こうなりたいという答えに近づくことができたかも。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

恋愛の記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。