私は電車で「本」を読む。スマホじゃなくて活字を見る、今すぐ始めたい習慣

スマホを長時間見ることで記憶力が低下したり睡眠に影響が出てしまうかも。スマホを長時間見る癖がついてしまった皆さんに、本を読む習慣をおすすめします。読書には、ストレス軽減に役立ってくれるなどのメリットがたくさんあるんです。『ゴールデンスランバー』などのおすすめの本と一緒にブックカバーなどグッズもご紹介します。

スマホを見てたらこんなに時間経ってる…

スマホを見てたらこんなに時間経ってる…

出典: snapmart.jp

学校や職場に向かう電車内、休憩時間、家にいる時。
無意識にスマホを見続けていませんか。

ふと気づいて顔を上げると、「あれ、もうこんなに時間経ってる…。」なんてことも。
実はスマホを長時間使うことで、記憶力や意欲の低下につながってしまうなんて説もあるんです。

新しい習慣、始めてみませんか

新しい習慣、始めてみませんか

「いつのまにかこんなに時間が経ってて嫌になっちゃう!」なんて思っているあなたへ。
これを機に、本を読む習慣をつけてみませんか。

本を読むのが苦手なあなたでも、最後まで気楽に楽しく読めそうなオススメの本もご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スマホをずっと見ていると、こんなことも…

記憶力や意欲の低下

記憶力や意欲の低下

出典: libreshot.com

スマホを使いすぎることで、物忘れがひどくなったり、好奇心などの意欲が低下してしまうことも。
今は大丈夫でも、これから不調になってしまうかもしれないと考えると、スマホの使いすぎは避けたいところ。

最近、スマホの使いすぎが原因で、脳に異常をきたす人が増えているという指摘が、医師や研究者の間で相次いでいます。スマホによる「認知機能の低下」、「脳過労」とも呼ばれています。

出典:www.nhk.or.jp

睡眠にも影響が

睡眠にも影響が

出典: snapmart.jp

スマホから放出されているブルーライトにより、睡眠の質が低下しているかもしれません。
寝る直前までブルーライトを浴びることで、脳が昼間だと勘違いし、体内時計がずれてしまいます。

寝る前にスマホを使う癖のある方は要注意。

スマートフォンによる睡眠の質の低下は、疲労回復や肌の再生などに影響を与える原因にもなるのです。

出典:kentei.healthcare

本を読むってステキなこと

教養や知識をつけて、いろんな世界を知る

教養や知識をつけて、いろんな世界を知る

出典: snapmart.jp

本を読むと、今まで知らなかった世界を知ることができます。
知らなかった世界に出合い、教養や知識をつけることで、自分の人生の選択肢を増やすことができるかも。

新しい可能性を見つけるチャンスになるかもしれません。

「教養」とは、「より良い生活を送るために、思考の材料となる情報を広く、かつある程度まで深く身に付けること」。必要最小限の知識・情報は「教育」によって与えられるが、そこから先は読書によって培うしかない。

出典:serai.jp

発想力を豊かに

発想力を豊かに

出典: snapmart.jp

本を読んでいろんな世界を知れば、発想力が豊かになります。
今までと違う見方や捉え方ができるようになれば、悩みや課題を解決するための助けになってくれるかもしれません。

どんな本でも、自分が興味を抱いた本を選んでみて。

多岐にわたるビジネス書を読めば、それだけ発想の引き出しを増やすことに繋がりますし、物語やフィクションのジャンルの本を読むことによっても、現実とは違った見方を与える効果があるでしょう。

出典:u-note.me

ストレスを軽減させて

ストレスを軽減させて

出典: snapmart.jp

現実から離れて本の内容に没頭することで、ストレスも忘れられるかも。
特に小説の場合、自然と登場人物に感情移入することで共感体験が生まれ、それがストレス解消に役立ってくれるそう。

本を読んで感動したり、涙を流したりして、ストレスを軽減させましょ。

「小説が良い」理由は、物語世界に没頭することで効率よく「現実のストレスを忘れ」、「共感作用を最大化」できるから。ビジネス書や自己啓発本などを読んでスキルアップを狙いたい、という気持ちもあるかもしれませんが、たまにはそれをすっぱりと忘れることも大切なのです。

出典:studyhacker.net

これならきっと、読める!

号泣する準備はできていた

号泣する準備はできていた

著者:江國香織
出版社:新潮社

短編集だから、まだ本を読むのに慣れていない方にもオススメ。
12人の女性が何かを失う話を書いた、恋愛小説。
この本を機に江國香織さんにハマってしまうかも。

ゴールデンスランバー

ゴールデンスランバー

著者:伊坂幸太郎
出版社:新潮社

映画化もされた、こちらの小説。
首相暗殺の濡れ衣を着せられた男の逃亡劇が描かれています。
ページをめくる手が止まらないこと間違いなし。

私は私のままで生きることにした

私は私のままで生きることにした

著者:キム・スヒョン
翻訳:吉川南
出版社:ワニブックス

ベストセラーとしても話題となった、こちらの本。
生きづらさを感じる社会の中で、どう生きたら良いか、イラストとともに教えてくれます。
細かく章立てされているから、毎日1章ずつ読むのもいいかも。

選ばれる女におなりなさい デヴィ夫人の婚活論

選ばれる女におなりなさい デヴィ夫人の婚活論

著者:ラトラ・サリ・デヴィ・スカルノ
出版社:講談社

デヴィ夫人の力強い言葉に背中を押されるような本。
「婚活論」とありますが、婚活をしていなくても心の糧になる内容です。
1人の女性として、今読んでおきたい一冊。

本が読みたくなるアイテム

ブックカバー

ブックカバー

お気に入りのブックカバーで本を包めば、本を持ち歩きたくなること間違いなし。
本屋さんや文具屋さん、雑貨屋さんなどで売っていますよ。

ハンドメイドの作品が販売されているアプリ『minne(ミンネ)』で、手作りのブックカバーを探すのもありかも。

しおり

しおり

しおりにも様々な種類がありますが、こちらの『スワンタッチ』がオススメ。
ページをめくると、追いかけてしおりを挟んでくれます。

しおりを挟み直すのが手間だと感じる方はぜひ使ってみて。

ブックバンドペンケース

ブックバンド ペンケース

商品

ブックバンド ペンケース

¥808

ペンケースにゴムがついており、本や手帳の表紙に取りつけられるというもの。
A6・B6・A5・B5のサイズに対応しているから、文庫本からノートまで、いろいろなものに取り付けられそう。

荷物の多い方は、バッグの中の整理もしやすそうですよね。

本のある生活を

本のある生活を

本がある生活って、ステキ。
とっておきの一冊を見つけて、本を読む習慣をつけてみてくださいね。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。