乾燥の季節、鼻の皮むけが辛すぎる!原因・ケア法・メイク術などまるっと対策BOOK

乾燥が気になる季節には、鼻のてっぺんや小鼻の皮がむけてしまうことに悩んでいる人も多いはず。この記事では、そんな皮むけの原因やケアの方法、メイク術などをまとめてたっぷりご紹介します。クレンジングや顔を洗うときの水の温度を見直したり、メイクで意識できるポイントなどをおさえて乾燥によるお悩みを軽減しましょう。

乙女の天敵、“肌の乾燥”に悩んでます

乙女の天敵、“肌の乾燥”に悩んでます

出典: snapmart.jp

肌が乾燥する季節、様々な肌悩みに直面しているという人も多いのではないでしょうか。

この記事では、「鼻の皮むけ」をテーマにその原因やケアの方法、メイク術などをまとめてご紹介します。

これさえ読めば、ばっちり対策ができちゃうはず。最後までしっかりチェックしてみてくださいね。

1|皮むけの原因って?

角質ケアのつもりが、皮脂の取りすぎに

角質ケアのつもりが、皮脂の取りすぎに

出典: kaboompics.com

鼻の皮がむけてしまう理由として、「乾燥」が挙げられますが、そもそもなぜ肌が乾燥した状態になってしまうのでしょうか。

例えば、角質のケア方法などが挙げられます。
刺激の強いスクラブやクレンジング剤などを使うことで、皮脂を取り除きすぎてしまっているケースなどがあるそう。

小鼻や鼻の頭の皮がむける原因の一つは、角質の取り扱い方。顔の皮膚は非常に薄く繊細で、スキンケアのときに指やコットンを滑らせるだけで刺激につながることも。
具体的には、刺激の強いスクラブやクレンジング剤、毛穴の黒ずみをはがすパックなどの使いすぎ、あぶらとり紙での皮脂の取りすぎなどがあります。

出典:www.future-labo.com

肌に触れる機会が多めかも

肌に触れる機会が多めかも

出典: snapmart.jp

マスクを長時間つけていたり、鼻を頻繁にかんだりすることも、乾燥に繋がる可能性があります。

これらは避けることのできない行為ですが、できるだけ肌への負担を軽減することが欠かせませんね。

洗い方や温度設定を見直して

洗い方や温度設定を見直して

出典: girlydrop.com

肌の洗い方も、乾燥を防ぐための大切なポイント。
皮むけが気になるからといって、ゴシゴシと力強く洗ってしまってはいませんか?

また、少し温度を低めに設定したぬるま湯で洗顔することで、肌に必要な潤いを残すことができるそう。

余分な皮脂や汚れをしっかり取り除きながらも、必要な潤いは残すことができるのは、ぬるま湯での洗顔なのです。

乾燥肌や敏感肌のときには、なおさら肌の潤いを残さなくてはなりません。それには、少しだけぬるま湯の温度を下げてみるとよいでしょう。

出典:www.duo.jp

他にもこんな原因が考えられるみたい

他にもこんな原因が考えられるみたい

出典: snapmart.jp

他にも、
・保湿不足
・紫外線によるダメージ
・ターンオーバーの乱れによって、肌が敏感になっている
などが原因として考えられるそう。

自分の皮むけの原因はどれに当たりそうなのか、じっくりと自分の生活を見つめ直してみてくださいね。

2|ケアの方法が知りたい!

スキンケアを見直す

スキンケアを見直す

出典: lipscosme.com

まずは、スキンケアアイテムを見直すことから始めましょう。
特に乾燥の原因になりやすい、クレンジングのステップでは乾燥肌用のものをチョイスしてみて。

例えば、『SOFINA(ソフィーナ)』の「乾燥肌のための美容液メイク落とし 〈オイル〉」は、肌の潤いをキープしながらもするんとメイクをオフしてくれそう。

キュレル 潤浸保湿 オイルメイク落とし【医薬部外品】

楽天市場

商品

キュレル 潤浸保湿 オイルメイク落とし【医薬部外品】

¥1,220

『Curel(キュレル)』のメイク落としは、医薬部外品のオイルタイプのアイテムです。
肌の必須成分である「セラミド」を守りながらメイクを落としてくれるんだそう。

“プレアイテム”で、浸透力アップ

“プレアイテム”で、浸透力アップ

出典: lipscosme.com

肌が乾燥気味の時は、たっぷりの保湿が欠かせませんよね。
化粧水の浸透力をアップさせるために、化粧水の前に使用して肌を整えてくれるアイテムをゲットしてみて。

『無印良品』の「導入化粧液」は、“プレ化粧水”として使うアイテムです。

たっぷりの潤いにフタをして

たっぷりの潤いにフタをして

出典: lipscosme.com

化粧水の後は、乳液やクリームなどを塗って、潤いを保てるよう肌にフタをしましょう。
いつも以上に、肌を優しくプレスするように馴染ませることを心がけてみて。

『松山油脂』の「肌をうるおす保湿クリーム」は、実力派の保湿アイテムなんだそう。

3|メイク術もチェック

しっかり潤いチャージからスタート

しっかり潤いチャージからスタート

出典: lipscosme.com

メイク前には、しっかりと保湿をするようにしましょう。

ただし、皮むけがあまりにも気になるときには、メイクをせずに肌を休ませてあげることが望ましいです。

クリームファンデで、メイク中も保湿を

クリームファンデで、メイク中も保湿を

出典: lipscosme.com

ファンデーションには、保湿力の高いクリームファンデーションを選ぶのがおすすめです。
肌を乾燥から守ってくれることで、皮むけを目立ちにくくしてくれるはず。

『GRACY(インテグレート グレイシィ)』の「モイストクリーム ファンデーション」は、なめらかな使い心地が特徴的で、つややかな肌に見せてくれるアイテム。

メイクの仕上げに、シュッとひと吹き

メイクの仕上げに、シュッとひと吹き

出典: lipscosme.com

メイクの仕上げには、ミストを使って保湿やスキンケアの成分をメイクの上からも与えてみて。
肌に潤いを与えることで、乾燥による化粧崩れ防止にも期待できちゃいそう。

こちらは、メイクミストの中でも定番アイテムの一つである『CLARINS(クラランス)』の「フィックス メイクアップ」です。

日中も、スティック状の美容液で集中ケア

日中も、スティック状の美容液で集中ケア

出典: lipscosme.com

日中に乾燥が気になり出したときは、『IPSA(イプサ)』の「ザ・タイムR デイエッセンススティック」など、スティック状の美容液を使って集中的にケアをするのが良さそう。

カサついている部分に塗ることで、水分をたくさん補給することができるんだとか。
メイク直しもしやすくなりそうですね。

乾燥知らずの、自信の持てる肌を目指そう

乾燥知らずの、自信の持てる肌を目指そう

今回は、乾燥によって起きてしまう「鼻の皮むけ」をテーマにその原因やケアの方法、メイク術などをご紹介しました。

記事で取り上げたことを参考に、自信の持てる肌を目指してみてくださいね。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

美容の記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。