2020年の流行色♡ヒューマンレッドとクラシック・ブルーを生かしたネイルのすゝめ

2020年の流行色である、「ヒューマンレッド」と「クラシック・ブルー」。2色の流行色を、まずはネイルから取り入れてみませんか?鮮やかなレッドを生かした単色ネイルや、落ち着いたブルーを基調とした、これからの季節にぴったりのツイード調ネイルなど、おすすめのネイルデザインを紹介します。

2020年の流行色は…

2020年の流行色は…

出典: shutterstock

2020年の色を表す、“流行色”をご存じですか?
毎年『PANTONE』と『JAFCA(日本流行色協会)』という、主に二つの組織によって決められています。

2020年のカラーは以下の通り。
・ヒューマンレッド
・クラシック・ブルー

毎年の流行色は、主に以下の2つの組織によって決められています。

PANTONE
JAFCA(日本流行色協会)

出典:goworkship.com

ヒューマンレッド VS クラシック・ブルー

ヒューマンレッド VS クラシック・ブルー

2020年の流行色の1つ目は、JAFCA(日本流行色協会)が選んだ「ヒューマンレッド」。

こちらのカラーは、
・人間らしい豊かな感情を表す色、
・新たな未来を創っていく人々の命の色
・延期となってしまいましたが、オリンピック時の人々の高揚感を表す色
これら3つの背景によって選ばれました。

人間らしく、生き生きとした色ですね。

そして、PANTONEが選んだのは「クラシック・ブルー」。

時代が進んで社会が変化していく中で、人々の“安定”への欲求を象徴して選ばれました。
少しくすみがかって落ち着いたブルーは、集中力を高めてくれそうなイメージです。

心を落ち着かせてくれるような色ですね。

流行色、ネイルで取り入れてみない?

流行色、ネイルで取り入れてみない?

どちらも自分らしさを高めてくれそうな今年の流行色。
まずは、ネイルから取り入れてみてはどうでしょうか。
レッドとブルーが魅力的な、ネイルデザインを紹介します。

先攻:鮮やかな色が魅力のRED

先攻:鮮やかな色が魅力のRED

先攻は、鮮やかな色が魅力的なレッドのネイルをご紹介。

きれいなレッドは、単色で塗るだけでインパクトのある手元を演出してくれます。
なんだか元気が出てくる色ですね。

出典: up.myreco.me

こちらは、ハート形のフレンチネイル。
赤くキラキラしたホログラムもアクセントになって、女の子らしいネイルです。

出典: up.myreco.me

全体に塗るとインパクトが強めなレッドですが、爪を縁取るように塗ると抜け感も出るのでおすすめです。
アシメデザインで、シンプルだけどおしゃれな手元を演出してくれます。

出典: up.myreco.me

最後は、特別な日にしたくなるゴージャスなデザイン。
レッドとべっ甲のフレンチネイルに、キラキラしたパーツをのせることで、華やかで大人っぽいネイルに仕上がります。

後攻:落ち着きを与えてくれるBLUE

後攻:落ち着きを与えてくれるBLUE

後攻は、落ち着きを与えてくれるブルーのネイルをご紹介。

こちらは、クラシック・ブルーを基調としたネイルにツイード調のデザインを施したデザインです。
暖かい生地をイメージしたネイルは、寒くなるこれからの季節に良さそうですね。

お次は上品なフレンチネイル。
きれいで落ち着いたブルーは、シルバーカラーとの相性が抜群。
フレンチネイルのデザインが上下に施されているのもかわいいですね。

グラデーションネイルも素敵です。
淡いブルーにラメが入って、まるで夜空のようなネイル。
透き通るような色が心を落ち着かせてくれそうです。

最後に紹介するのは、大人っぽかわいいネイル。
落ち着いたブルーにお花の模様、そしてシェルの煌めきがとっても華やかです。
ガーリーなコーディネートにも大人っぽいコーディネートにも合いそうですね。

どちらの色も、捨てがたい

どちらの色も、捨てがたい

レッドとブルー、どちらの色も魅力的ですが、実は二色の相性は抜群。
赤と青をグラデーションにすることで、微妙な色合いになっておしゃれ感もアップします。
ストーンをおいてアクセントにするのも良さそう。

出典: up.myreco.me

左右で色を変える、アシンメトリーネイルもおすすめです。
ブルーとレッドは相反する色のようでも、デザインやポイントカラーをそろえることで統一感を出すことができます。
シルバーやゴールドといった煌めきのある色は、どちらの色にも合いそう。

流行色を、うまく活用してみて

流行色を、うまく活用してみて

出典: pixabay.com

2020年の流行色は、どちらも自分らしく生きるための活力をあたえてくれそうなカラーです。
今年のトレンドを、まずはネイルから取り入れてみてはいかがでしょうか。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ネイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。