JKはルールとともにおしゃれに生きる♡校則を守りつつクラスで可愛いあのコでいる秘密

高校生活につきものなのが「校則」。制服が決まっていたり、スカート丈に厳しかったり様々ですよね。そこで今回はルールの中でも高校生活を可愛く過ごす方法をチェックします。キーホルダーにこだわりを見せたり、セーターの丈感で印象を変えることができたり色々な工夫ができそう。またナチュラルに可愛くなれるスクールメイクも紹介します。

JKはいつも、校則と戦っている?

JKはいつも、校則と戦っている?

出典: snapmart.jp

高校生のときって、なんだか無敵な気がする。
友達と過ごして、好きな人にドキドキして、ちょっと退屈だけどかっこいい先生の授業を楽しみにして。

毎日とってもキラキラしてるけど、いまだに仲良くなり切れていないのが「校則」…。

ルールや節度を守りながら可愛く生きよう♡

ルールや節度を守りながら可愛く生きよう♡

出典: snapmart.jp

校則が厳しくて、スカートを少し短くすることもできなかったり。
何とか校則の範囲内で可愛く、ちょっと垢抜けたい。

そんなJKさんたちのために校則の基準別に、高校生活をおしゃれに過ごすヒントを見ていきます♡

また校則がそこまで厳しくないという方にも、制服に馴染むスクールメイクをご紹介。
節度を保ちつつ、可愛くなろう!

その1:結構厳しめなんです、私の学校

スクバにつけるキーホルダーは特別なものを

スクバにつけるキーホルダーは特別なものを

スカートは既定の丈、バッグもセーターも学校以外のものはダメという高校は結構あるんです。
そんな中でも可愛く過ごす高校生は、バッグのキーホルダーなど細かいポイントでセンスを出しているのかも。

たとえばこちらは大きめのキーホルダーをつけて、シンプルなリュックのアクセントにしています。
ぬいぐるみのようなほっこり感がキュート♡

こちらのキーホルダーは、世界観が統一されてとってもラブリー!
双子みたいに仲良しな友達と、お揃いでつけるのも素敵ですよね。

バッグのキーホルダーで、個性を出してみて。

ヘアスタイルは定番可愛く

ヘアスタイルは定番可愛く

出典: snapmart.jp

可愛くなれるポイントはヘアスタイルにも。
清潔感のある、ワンカールの内巻きがやっぱり外せない♡

綺麗にまとまった後ろ姿は、クラスの男子からの視線もいただいちゃうかも。
クラスの美少女ポジを狙っちゃおう。

前髪はぱっつんシースルーが垢抜け感バッチリかも。
作り込みすぎず程よくナチュラルに、でも可愛くキマるのでぜひ取り入れてみて。

YouTube

シースルーバングは自分でも切って整えられるので、家で挑戦できるかも。
くしを使って、ブロッキングしながら少しずつ切っていくとうまくいくんですって。

その2:アイテムごとでは自由度高め

セーターは丈感で印象チェンジ♡

セーターは丈感で印象チェンジ♡

靴やバッグ、セーターなどアイテムごとに自由な部分がある高校に通う方もいるのではないでしょうか。

今回は中でも制服のメインアイテムの一つ、セーターに注目。

出典: snapmart.jp

実はセーターは丈の長さによって印象を変えることができるのだそう。

なかでも丈の短いセーターを選ぶと、スタイルが強調されやすく、脚長効果にも繋がってくるんだとか。
また長め丈のセーターはゆるっとした可愛さを残すことができるみたいです。

なりたいイメージに合わせて、ワンサイズ上げたり下げたりしてみてください。

スクールセーターの丈を短めにすると、脚が長く見えるという嬉しい効果があります。

出典:ao-haru.jp

続きが気になる方はこちら

おしゃれなセーターが欲しい♡

チルデンVネックニットセーター

ZOZOTOWN

商品

チルデンVネックニットセーター

¥5,390

・KANGOL・
ワンポイントのロゴが入ったVネックのセーター。
ラインが入っていて、シンプルながら上品なデザインになっています。

制服だけでなく、私服でも活躍してくれそうなアイテムですよ。

ワンポイントVネックニットセーター/スクールセーター

ZOZOTOWN

商品

ワンポイントVネックニットセーター/スクールセーター

¥3,190

・PLAYBOY・
ゆったりとしたサイズ感のセーター。
落ち着いた色合いで、大人っぽい雰囲気をゲットできそう。

ゆんわり柔らかで、着心地もばっちりなんだとか。

その3:個性あふれる、校則が緩めな高校

スクールメイクに挑戦しちゃおう♡

スクールメイクに挑戦しちゃおう♡

校則があまり厳しくない高校に通う方は、スクールメイクでモテガールを狙っちゃいましょ♡
スクールメイクは制服にもなじみやすいナチュラルなメイクですが、こっそり盛ることもできるのがポイントなんです。

ただ制服とマッチしないような派手なメイクや、校風に合わないメイクにしないようにするのもマナー。

出典: lipscosme.com

スクールメイクではキラキラしたゴージャスなコスメ、というよりはマットで肌なじみのいいブラウン系を使うのがいいみたい。

また発色を目立たせる、というよりは涙袋をぷっくり見せたり、自然と目元がパッと明るくなるようにすることを意識すると◎

大切なのは肌の透明感

大切なのは肌の透明感

モテガールを狙うなら、肌の透明感も大切かも?
それなら『CEZANNE(セザンヌ)』の「皮脂テカリ防止下地 ライトブルー」で演出しちゃおう♡

ライトブルーはくすみをカバーしてくれて、透明感のある肌に仕上げてくれますよ。

出典: lipscosme.com

右が塗った後の写真ですが、明るくなったのが感じられますよね。
さらにこちらの下地、メイク崩れの原因となる余分な皮脂を吸着するのはもちろん、汗・水に崩れにくいウォータープルーフなんです。

自然で爽やかな透明感を演出しちゃいましょう!

校則と仲良くするのも高校生の醍醐味です

校則と仲良くするのも高校生の醍醐味です

今回は校則の基準別に、様々なスクールスタイルを見てきました。
ですがちょっと厄介だなぁと思う校則も、実は高校生の頃しか体験できないもの。
また校則がそこまでないという場合は、それだけ自分を律することも必要なのかも。

ルールとうまく付き合いながら、高校生活を楽しんでみてくださいね♡

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。