まるで、それは白昼夢のような。別れた後もふと思い出されちゃうエモい女の子の特徴

別れてもふと思い出されてしまう女の子の特徴を、ラブストーリー調に紹介します。趣味をおすそ分けしてみたり、近所にこそ思い出をたくさん作ったり、彼の写真を撮ってみたり…、彼の中にたくさん自分の欠片を残すことで、たとえその恋が終わってしまったとしても、醒めることのない白昼夢のような特別な存在になれるかもしれません。

これ、彼女が好きだったやつだ

これ、彼女が好きだったやつだ

出典: snapmart.jp

「これ、彼女が好きだったやつだ。」

つい手を伸ばした机上の飴を見て、そう思った。
彼女って言っても、枕詞に「付き合っていた」がつくけれど。
飴のような甘い関係はとっくのとうに終わったのに、なんだか彼女はよく頭の中に出てくるんだ。

出典: snapmart.jp

たまに、彼女が隣で本を読んでいるんじゃないかと思う時すらある。
白昼夢のように、別れてもなお思い出してしまうのはどうしてなんだろう。

うつされた“趣味”は夏風邪のごとく長く続く

うつされた“趣味”は夏風邪のごとく長く続く

出典: snapmart.jp

「これ、面白いから読んでみて。」

一度かかれば長引きがちな夏風邪のように、僕はまだ彼女から伝染した“趣味”にどっぷり浸かっている。
このうつされた趣味たちは、きっと一生引きずるんだろうな。

さりげない趣味のおすそ分けを

ボクたちはみんな大人になれなかった

楽天ブックス

商品

ボクたちはみんな大人になれなかった

¥473

「あいみょんのエッセイも入ってるんだよ!」
そんな一言とともに渡された一冊。
さりげなく渡され読んだ本が、僕をまた泣かせるんだ。

著:燃え殻
出版:新潮社

人生でたった一人、自分より好きになった人の名前を見つけたボクが、友達リクエストを送信して繰り広げられるラブストーリー。
大人にこそ読んでほしい泣ける一冊です。

なんでもない所で無邪気にはしゃぐ姿

なんでもない所で無邪気にはしゃぐ姿

出典: snapmart.jp

デートに行く途中、家の近くの公園に立ち寄った。
「ねえ見て、おっきいね!」
背の高いすすきを手に持ってはしゃぐ彼女は子供のようだった。

今じゃ一人で歩く道なのに、ふと思い出してしまう。

「元カノとここであんな話をしたな」と思い出しているのは、デートをしたスポットの中でも元カノとの思い出深い場所なのかもしれません。また、元カノが好きだった料理店で、現在の彼女が隣にいても、「前にきたときは、あそこに座ったな」と思い返している可能性は高いんですよ。

出典:smartlog.jp

身近なところにこそ思い出を

身近なところにこそ思い出を

出典: snapmart.jp

彼女は遠出よりも、すこし出歩くくらいのデートを好んだ。
そのせいで、家の周りに出るたびに湧き出る思い出がいっぱいなんだ。

遠くに出かけていれば、ふと思い出すことも少なかったんだろうに。

ふわっと広がる自然で女の子らしい香り

ふわっと広がる自然で女の子らしい香り

出典: snapmart.jp

柔軟剤のような、ふわっと広がる自然で女の子らしい彼女の香り。
人ごみの中でその香りがすれば、「もしかして」なんて期待してしまうんだ。

万人ウケを狙うならせっけんで

万人ウケを狙うならせっけんで

香りはその人を強く印象付けるもの。それが好きな人ならなおさらに。
多くの人が好むせっけんの香りは、僕だけでなく友達にもウケが良かったようだ。

日本の空気、日本人の肌、日本人の持つ繊細な香りの感性を意識し作られた、『AUX PARADIS(オゥパラディ)』の「Eau de Parfum(オードパルファム)」。
中でも#04 Savon 〔サボン〕は、南フランス産のラベンダーをたっぷり使用した、ふんわりと柔らかな香りのアイテム。

購入はこちら

たくさん撮ってくれた数々の写真

たくさん撮ってくれた数々の写真

出典: snapmart.jp

彼女は写真を撮るのも好きだった。
僕の写真を撮っては送ってくれるんだ。

そんな数々の写真は、まだスマホのカメラロールに残っている。
ふと遡った時に、彼女と居た時の自分の表情に、なんだか恥ずかしくなってしまう。

スマホに保存してある写真をなんとなくさかのぼっていたときに、元カノとの写真が出てきたら、ふと当時の彼女を思い出すでしょう。その写真のときのデートを思い返してみたり、「あんなこともあったな」と思い出にふけてみたりするきっかけになっているかも。

出典:smartlog.jp

現像でもデータでも味の出るフィルムカメラ

 写ルンです

商品

写ルンです

¥1,245

プリントして形に残しても、データ化しても味の出るフィルムカメラを好んでいた彼女。
「エモい」という言葉を具現化するように、気持ちまで写してくれるカメラで撮った思い出たちは、たぶん一生消せない。

忘れられない夕日に照らされた横顔

忘れられない夕日に照らされた横顔

出典: snapmart.jp

何かを考えるように真剣な顔で夕日を眺めていた彼女。
白い肌に影が差し込むその横顔は、すごく美しくて宝物のようだった。

普段はよく笑っていたせいか、こういう表情は妙に記憶に強く残っているんだ。

耳掛けで魅せる大ぶり耳飾り

weave(gold)大ぶりピアス・イヤリング

Credit minne

商品

weave(gold)大ぶりピアス・イヤリング

¥2,000

耳飾りと、耳にかけられた髪には、思わずドキッとしてしまったのも覚えている。

こちらは、うねうねとした形が独創的な耳飾り。
ゴールドのメタルビーズが上品かつ大人っぽい雰囲気で、シーンを問わず大人女子が使いやすそうなアイテム。
ピアス/イヤリング、どちらでも注文可能です。

心の中では楽しかったなにげない連絡

心の中では楽しかったなにげない連絡

よくLINEを送ってくる彼女に、「毎日のように会ってるのに、まだ話し足りないの?」なんて言った僕。
だけど、その内心ではなにげない会話だって楽しかったんだ。

男友達はあまり雑談なんかしないから、通知の少ないスマホには寂しさすら覚えてしまうんだ。
その時には「なにげない連絡」でも、今じゃその一つ一つも特別になっている。

お気に入りスタンプで印象付けて

お気に入りスタンプで印象付けて

よく使うスタンプは、その人の印象にも結び付くのかも。
彼女が使うお気に入りのスタンプを真似して買ってしまったことがあるのは内緒。

こちらのLINEスタンプ「名無しのざっしゅくん」は、犬でも、うさぎでも、猫でも、好きなものとして捉えていい優しいスタンプ。
ゆるい表情のざっしゅくんが、メッセージを温かみのあるものにしてくれそう。

購入はこちら

醒めることのない白昼夢

醒めることのない白昼夢

出典: snapmart.jp

色々な思い出があるせいで、まだまだ醒めることのない白昼夢。
男の恋はフォルダを分けて保存されるなんていうけれど、その中でも頻繁に開いてしまうのは、きっと彼女が特別だったから。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

恋愛の記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。