買ったは良いが、つけ方が分からない。スカーフをファッションに溶け込ませる方法

スカーフを買ったは良いけど、つけ方が分からなくてそのままタンスにしまってある方はいませんか?また、買いたいけど上手くつけこなせるか不安…という方もいるかも。そんなあなたにオススメの、スカーフを自然に取り入れる方法を紹介します。たすき掛け、バッグの持ち手につける方法やヘアアレンジの詳しい手順も紹介しているので必見ですよ♡

スカーフを自然に取り入れる方法

スカーフを自然に取り入れる方法

せっかくスカーフを持っているなら可愛くつけこなしたいですよね。
この記事では、スカーフを上手にファッションに溶け込む方法を紹介します。

スカーフをまだ持っていない方は、きっとスカーフをGETしたくなるかも♡

:たすき掛け|ワンランク上の着こなしを

:たすき掛け|ワンランク上の着こなしを

スカーフはたすき掛けにしてみると良いかも。
コーデ全体がワンランクアップしそう◎

たすき掛けは、ホワイト系のシンプルなコーデと合うみたい。
華やかさをプラスしたいときにもオススメです。

華やかな柄のスカーフはコーデの良いアクセントになりますね。
いつものファッションに少し刺激がほしいときに挑戦してみて◎

:HOW TO たすき掛け:

:HOW TO たすき掛け:

①三角に折る
②後ろから片方の肩に巻き付ける
③中心より少し上で結ぶ
④スカーフの大きさによっては2回ほど結ぶ
⑤形を整えて完成!

いつものコーデにプラスするだけで簡単に印象が変わりますね。
ぜひ試してみてください♡

:シンプルコーデ×柄スカーフ|統一感を意識

:シンプルコーデ×柄スカーフ|統一感を意識

柄のスカーフをコーデに取り入れるときは、コーデの色味を抑えるとGOOD。
シンプルなコーデにスカーフが映えて、かっこいい大人な印象になりそう。

ジャケットスタイルや、セットアップにもスカーフはぴったり。
全体的に色味を統一して、お洒落度UPを目指しましょう。

スカーフを、小物や靴の色味と統一するのもオススメ◎
細かいアイテムを揃えることで、抜かりないお洒落コーデの完成です。

:バッグ×スカーフ|さりげなく取り入れよう

トートバッグにつけて変化を楽しもう

トートバッグにつけて変化を楽しもう

スカーフはバッグにつけて楽しむこともできますよ。
普段、通学や通勤で使用しているトートバッグにつければ変化を楽しめますね♡

トートバッグと、アニマル柄のスカーフも相性GOOD。
お気に入りのトートバッグがさらに好きになれるかも。

高級感のあるバッグにもぴったり

高級感のあるバッグにもぴったり

高級感のあるバッグにもスカーフはぴったり。
バッグと似た色味のスカーフは統一感もGETできそう。

持ち手部分全体にスカーフを巻くのもお洒落ですね。
スカーフは簡単に取り付けることができるので、その日の気分やコーデに合わせて試してみてください♡

:HOW TO アレンジ:

:HOW TO アレンジ:

①スカーフを三角に折る
②三角形の頂点が底辺の部分につくように半分に折る
③さらに半分に折る×2回
④持ち手の中心に、スカーフの真ん中をあてる
⑤片側ずつ付け根に向かってスカーフを巻く
⑥付け根の部分まで巻いたら指を入れて輪っかを作る
⑦先端を通して引っ張り、形を整える
⑧完成!

スカーフを、持ち手全体に巻くことで、印象が大きく変わりそう。

詳しくはこちらをチェック!

:ヘアアレンジ|スカーフを最大限活かそう

:ヘアアレンジ|スカーフを最大限活かそう

スカーフを取り入れるのは洋服やバッグだけではありません!
ヘアアレンジにも挑戦して、スカーフを最大限活用しましょう。

とっても可愛い後ろ姿をGETできる予感。

スカーフ×ヘアアレンジはとっても華やかな印象になりますね。
パーティーや結婚式など、アクセントがほしいときにもオススメです。

:HOW TO スカーフヘアアレンジ:

スカーフのヘアアレンジはこちらをチェック!

①髪をジグザグに分ける
②一つに結ぶ
③耳の後ろの髪を引き出す
④全体的に髪を引き出す
⑤ピンでとめる
⑥スカーフを5cm幅に折る
⑦結び目に結ぶ
(スカーフが滑り落ちないように下を向くと◎)
⑧交差しながら巻き付ける
⑨下までいったら結ぶ
⑩最後に形を整えて完成!

明日から挑戦してみよう!

明日から挑戦してみよう!

スカーフはたすき掛けにしたり、バッグにつけたり、ヘアアレンジに活用したり、いろんなアレンジ方法があります。
さっそく明日から挑戦してみてください♡

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ファッションの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。