スイーツ界の宝石箱♡ジュ〜シ〜さがたまらない、キラキラ輝くフルーツパフェ5選

ジュワッと広がる果汁と、ホイップやプリンの甘さのコンビネーションがたまらないフルーツパフェ。見た目もキラキラの宝物が閉じ込められた宝石箱みたいで、テンションがアガるなんて方も多いハズ。この記事では、東京・京都・大阪・岡山の5つのフルーツパフェをご紹介。気になるお店が見つかった方は、ぜひ足を運んでみてくださいね。

なんだかんだでやっぱスキ!

なんだかんだでやっぱスキ!

キラッと光るフルーツと、ふわふわのホイップクリームがなんだか宝石箱みたいに美しいフルーツパフェ。

目の前にすると、どうしてか不思議とテンションがアガっちゃう不思議な食べ物なんです。

そこで、この記事では

▷『L'atelier à ma façon(ラトリエ ア マ ファソン)』
▷『PÂTISSERIE ASAKO IWAYANAGI(パティシエール アサコ イワヤナギ)』
▷『菓寮伊藤軒(かりょう いとうけん)』
▷『KANARIYA(カナリヤ)』
▷『喫茶 ほんまち』

 のフルーツパフェが食べられる5つのお店をまとめてみました。
ぜひ気になるお店をチェックしてみてくださいね〜!

|東京

L'atelier à ma façon

L'atelier à ma façon

まずご紹介するのは、こちら世田谷区上野毛に位置する『L'atelier à ma façon』。
芸術品のように重ねられた、繊細なフルーツパフェが特徴のデザート専門店なんです。

一つ一つこだわりを持って作られるフルーツパフェを、アンティークな店内で味わえば至高の時間になるハズ。
1パフェ1ドリンク制ということですが、どのメニューもとっても素敵なので、どんな組み合わせでオーダーするか決めかねてしまいそう。

お味はもちろん、最後の一口までも美しく楽しむことができそうなL'atelier à ma façonのフルーツパフェ。
自分へのご褒美なんかにピッタリかもしれません。

information
【住所】東京都世田谷区上野毛 1-26-14
【営業時間】10:15〜15時頃まで(詳細はInstagramにて随時更新)

公式HP
Instagram

PÂTISSERIE ASAKO IWAYANAGI

 PÂTISSERIE ASAKO IWAYANAGI

続いてご紹介するのは、世田谷区等々力にある『PÂTISSERIE ASAKO IWAYANAGI』。
アート作品のような、美しいバランスのフルーツパフェを楽しむことができるんだとか。

こちらのお店のパフェは、テイクアウトで楽しむこともできるんです。
外の風を感じながら食べるすもものパフェに、いつもとは一味違った魅力を見つけられるかも?

素材一つ一つにもこだわりが詰まったこちらのお店のパフェは、食べるのがもったいなく感じられてしまうほど。
計算された美しさのビジュアルに、忘れられないそのお味。
ぜひとも一度は食べてみたい“夢のフルーツパフェ”です。

information
【住所】東京都世田谷区等々力4-4-5
【営業時間】11:00〜18:00
※現在イートインは完全予約制

公式HP
Instagram

|京都

菓寮伊藤軒

菓寮伊藤軒

お次は、京都府深草谷口町に門を構える『菓寮伊藤軒』のフルーツパフェをご紹介。

こちらは、これでもかというくらい贅沢にマスカットを盛り込んだ、見た目のインパクト大なパフェ。
綺麗な緑を眺めながらいただけば、一段と美味しく感じられそう。

老舗のこだわりがギュッと詰まった、「城陽のいちじく畑」。
その魅力にノックダウンされて、季節ごとに通ってしまいたくなる方もいるかもしれませんね。

information
【住所】京都府京都市伏見区深草谷口町28-1
【営業時間】10:00〜18:00

公式HP
Instagram

|大阪

KANARIYA

KANARIYA

大阪は天王寺区下味原町に位置するのは、こちらの『KANARIYA』。
なんとここのお店では、看板メニューの巨大パフェを食べることができちゃうんだとか。

一つオーダーすれば、いろいろなお味が楽しめるこちら『KANARIYA』のフルーツパフェ。
まるで小さい頃の夢が現実になったみたいに、思う存分パフェを楽しめるハズ。
「それどこの!?」なんて、周りの注目を集めてしまうこと間違いなしの予感です。

information
【住所】大阪市天王寺区下味原町2-9
【営業時間】11:00〜20:00(アイスが無くなり次第終了)

公式HP

|岡山

喫茶ほんまち

喫茶ほんまち

最後にご紹介するのは、岡山駅前にある『喫茶ほんまち』です。
旬の果物を使ったフルーツパフェが、とっても人気のカフェなんだとか。

こちらは、いちごとさくらのパフェ。
ありそうでなかった組み合わせのフルーツパフェで、新しいお味に出合うことができそう。

こぢんまりとして、落ち着いた雰囲気の店内は、癒やしの空間。
自分だけの“秘密基地的カフェ”として、ホッと一息をつくことができるようなやすらぎの場所になるかも?

information
【住所】岡山県岡山市北区本町 2-22 錦ビル 2F

Twitter

どの宝石箱を開けてみる?

どの宝石箱を開けてみる?

出典: snapmart.jp

キラキラ光る果物が、まるで宝石箱みたいなフルーツパフェ。
それぞれ食べてみるまでわからない、素敵なお味の発見があるハズ。

あなたはどの宝石箱から、開けてみる?

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

グルメの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。