最近巷でよく聞く「グランピング」。大自然の中で思いっきりリラックス気分を味わって♡
_mi___mi__
お気に入り

最近巷でよく聞く「グランピング」。大自然の中で思いっきりリラックス気分を味わって♡

今回は、「グランピング」についてご紹介します。最近よく聞く「グランピング」。キャンプをやりたくても準備が大変で断念する人が多いかもしれません。でも、「グランピング」なら準備も少なく、気軽に楽しめるんです。既に興味があった人も、今まで知らなかった人も是非体験してみては。

更新 2020.10.22 公開日 2020.10.22
目次 もっと見る

グランピングって

最近よく聞く「グランピング」。
「グランピング 」とは、「優雅な」という意味を持つ「glamorous」と「camping」を合わせた造語で、贅沢にアウト度を楽しむ新しいリゾートスタイルをいうんです。
そんなグランピングには、キャンプとは違う魅力がたくさんあるんです。

グランピングに興味がある人、知らなかった人、是非チェックしてみて。
新しいキャンプの形は魅力がいっぱいなんです。

グランピングのメリット

グランピングでテントに泊まる場合でも、既に設営されており、キャンプ用品も準備されているんです。

また、食材なども用意されているので、キャンプにも関わらず、一泊二日旅行のようなコンパクトな荷物で行くことができるんです。
自然が少し苦手という人でも、ホテルに宿泊するように快適に過ごせるのも魅力。

関東近郊のグランピングスポット

WOODLAND BOTHY(東京都)

奥多摩のグランピング『WOODLAND BOTHY(ウッドランドポシー)』。
都心から車で1時間とは思えないくらいの大自然に囲まれているんです。

1日1組限定なのでゆったり過ごすことができます。
また、専属シェフが1組だけのために食材を仕込み、前菜盛り合わせ、1品料理、 スープ、BBQグリル料理、手打ち蕎麦、デザートを振る舞ってくれるんです。
1品料理、お肉は季節や仕入れにより食材が変わるので、違う季節に何度か訪れても楽しめそうですね。

snow peak glamping 京急観音崎(神奈川)

東京湾を臨む絶好のロケーションで、三浦半島の食材をふんだんに使った料理を楽しめる『snow peak glamping(スノーピークグランピング ) 京急観音崎』。
スノーピークは、日本の有名アウトドア用品メーカーで、そこが観音崎京急ホテルとコラボして誕生したのがこの施設。
海が一望できるので海好きにはたまらないロケーションですね。

このただ四角い箱に見えるこの客室「住箱」は、国立競技場を設計した建築家の隈健吾氏によるもの。
そしてここでは、グランピングとしての楽しみの1つでもあるバーベキューも楽しめるんです。
また、隣接する温浴施設SPASSOも利用できます。
海を眺めながら是非ゆったりした贅沢な時間を過ごして。

ツインリンクもてぎ 森と星空のキャンプヴィレッジ(栃木)

満天の星と鳥のさえずりを楽しめる『ツインリンクもてぎ 森と星空のキャンプヴィレッジ』。
豊かな自然と綺麗な星空に癒やされそうですね。

アスレチックなど楽しめる魅力もたくさん。
1日1組限定のプラン、広々な庭とテントのあるプラン、はじめてのグランピングにおすすめのプランなどがあるんです。
一緒に過ごす人などを考えて自分に合うプランを見つけてみて。

おすすめファッション

グランピングは大自然の中なので、季節や場所によっては夜は寒いかも。
そのため、カーディガンなど羽織りは必須です。

アウトドアにはカジュアルな格好が外せないですね。
ハーフパンツになかなか挑戦できない人もグランピングならできるかもです。

また、オーバーオールもアウトドアにぴったりですね。
ボーイッシュさも可愛さもありグランピングにもってこいですね。

アウトドアには外せないのは帽子ですね。
また、動き回ることが多いので、小さいバッグもあると便利ですね。

最高の体験を

都会では味わえない大自然を存分に楽しんで。
きっと素敵な体験ができるはず。

spacer

RELATED