ベーシックなアイテムだからこそこだわりたい。ボーダーTの魅力徹底解説

今回は、ベーシックなアイテム「ボーダーT」の魅力をご紹介します。ボーダーTの定番ブランド『SAINT JAMES(セントジェームス)』と『ORCIVAL(オーシバル)』、それぞれの成り立ちと違いをまとめました。ボーダーTのコーデも紹介しているので是非参考にしてみてください♡

ベーシックなアイテムだからこそ

ベーシックなアイテムだからこそ

ベーシックなアイテムだからこそこだわりたいですよね。
せっかくなら良いものを、そしてちゃんと良さを理解したい。

今回はボーダーTの定番ブランド2つをご紹介します。
FUDGE系ファッションには欠かせないアイテムなので是非チェックして。

SAINT JAMES

SAINT JAMES

まず1つ目は、『SAINT JAMES(セント ジェームス)』です。
『SAINT JAMES』は、フランス生まれのブランド。
初めは、船乗りたちの服として、のちに若い水兵達の制服として用いられました。

『SAINT JAMES』製品にはコットン、ウールともに厳選された上質の素材が使われているんです。
シンボルであるボーダーのパターンも、厳密に決められています。
伝統を大事にしつつも、時代に合った形に変化しているのだとか。

『SAINT JAMES』のボーダーシャツが日本に紹介されたのは約40年前のこと。
当初、マリンスタイルの先駆的存在であり、ボーダーシャツブームの火つけ役となったんです。
流行に左右されないデザインだからこそ、長く愛されているんですね。

購入はこちら

ORCIVAL

ORCIVAL

『ORCIVAL(オーシバル)』は『SAINT JAMES』と同じくらい、ボーダーで有名なブランド。
長い歴史を持つフランスのマリンウェアブランドです。

古くからフランス海軍御用達のブランドとして、またピカソなどの著名人が愛用したことでも有名なんです。

カラーバリエーションも豊富で、裾の蜜蜂マークがポイントに。
男女問わず人気です。
『SAINT JAMES』に比べて、ぴったりしたサイズ感なので、自分の好みで選んでみてください。

購入はこちら

着てどこに行く?

海でデート

海でデート

出典: unsplash.com

マリンコーデにぴったしのボーダーTを着るなら海に行くのはどうでしょうか?
マリン気分で灯台や船などを背景に写真を撮ると楽しそう。

白いボトムスは爽やかな印象で良いですよね。
海にぴったしのコーデですね。

青のボーダーTに赤いスカーフという組み合わせがとっても可愛い!
ハーフパンツもカゴバッグも海に似合うアイテムですね。

公園や浜辺でピクニック

公園や浜辺でピクニック

ボーダーTはアウトドアに似合いますよね。
せっかく可愛いピクニックをするなら、服装をシミラールックにするのもおすすめ。
ボーダーなら合わせやすそうですね。

今、公園だけでなく、海でピクニックをするのが流行っているんです。
とっても可愛いですよね。

ボーダーTに緩めのキャミワンピを合わせるの、とっても可愛いですね。
ボーダーTと合わせるボトムスはパンツが多いですが、ワンピースを合わせると女性らしくて良いですね。

オーバーオールは動きやすくてピクニックにぴったしです。
ボーダーTは合わせるものによって可愛くも、ボーイッシュにもなれて、着回し抜群なアイテムです。

長年愛されてるからこそ

長年愛されてるからこそ

長年愛されているものだからこそ、ベーシックなデザインでも洗練されていて可愛いですよね。
あなたも『SAINT JAMES』、『ORCIVAL』の魅力に取り憑かれてみて。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ファッションの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。