日本にいながら気分は北欧。雑貨にカフェに映画から感じる北ヨーロッパの風

北欧って素敵で憧れる。今回は日本にいながら北欧気分を味わえるような雑貨やカフェ、映画を紹介します。有名な北欧ブランドである『marimekko』や『ROYAL COPENHAGEN』などの雑貨やお皿、本格的なシナモンロールが食べられるカフェ、『かもめ食堂』や『オンネリとアンネリのおうち』といった映画を取り上げます。

北欧ってなんだか憧れる…

北欧ってなんだか憧れる…

出典: shutterstock

北欧ってやっぱりお洒落な印象。
いつか行ってみたい、そうは思うけれどなかなか行けない。
そんな人が多いはず。
今回は、日本にいながら北欧の気分を感じられる雑貨やカフェ、映画を紹介しちゃいます。

□北欧雑貨をGETしてみよう

marimekko

marimekko

『marimekko(マリメッコ)』は1951年に設立された世界中で愛されるフィンランドのブランド。
大胆なプリントや色使いが特徴的で根強いファンも多いんだとか。

ファッション、バッグ、小物からホームデコレーションまでを展開しているので気軽に取り入れやすそう。
他にない可愛らしい柄が持っているだけで気分を高めてくれるかも。

公式HP

ROYAL COPENHAGEN

ROYAL COPENHAGEN

『ROYAL COPENHAGEN(ロイヤル コペンハーゲン)』はコバルトブルーの絵柄が特徴的な陶磁器を多く作るデンマークのブランド。
古くから日本の古伊万里染付の影響を強く受けていて、日本でも馴染みがあり人気があるそう。

カップにプレート、カトラリーなど豊富なカテゴリーに加えて、様々なシリーズが用意されているので食器を揃えたくなりそうですね。

公式HP

iittala

iittala

『iittala(イッタラ)』はフィンランド・イッタラ村の小さなガラス工場で生まれたブランド。
独特な個性を放ちながらも生活の中にとけこみ、使いやすく、飽きのこない製品を作っているそう。

鮮やかな色合いの食器や、ガラス器が人気なんだとか。
シンプルな美しさと機能性を兼ね備えた雑貨が見つかりそう。

公式HP

□北欧カフェに足を運んでみよう

hari

hari

1店舗目に紹介するのは田園調布にある『hari(ハリ)』というシナモンロール専門店。
スリランカで暮らした店主が現地選定するセイロンシナモンを使用しているんだそう。

専門店だけあり、多くの種類のシナモンロールがあります。
四角い形なのが珍しくて可愛らしいです。

人気店のため、予約キャンセル分と一般販売分がある日には開店前から列ができることも。
おうちに持って帰り飲み物を入れて食べる時間は至福のひと時になりそうな予感。
シナモンロールを食べながら北欧の気分に浸ってみて。

Information
住所:東京都大田区田園調布1-4-2
定休日:公式インスタグラムをチェック
営業時間:公式インスタグラムをチェック

『hari』公式インスタグラム

ROBERT'S COFFEE

ROBERT'S COFFEE

2店舗目に紹介するのは、『ROBERT'S COFFEE(ロバーツコーヒー)』。
フィンランドナンバーワンカフェチェーンで、日本にも2店舗あります。

フィンランドで焙煎された直輸入のコーヒー豆を使ったコーヒーやエスプレッソが飲めるそう。
甘さ控えめで素朴な味のシナモンロールとの相性も抜群。

北欧の代表的な考えかたである「自由に」「シンプルに」「自然体で」を大切にしたくつろげる空間なんだそう。
フィンランドの雰囲気を思いっきり感じてくつろぎの時間を過ごしてみて下さい。

Information(千歳烏山店)
住所:東京都世田谷区南烏山6-4-7 プラザ六番館101
電話番号:03-6909-1175
定休日:なし
営業時間:9:00-21:30

公式HP

istut

istut

3店舗目に紹介するカフェは荻窪にある『istut(イストゥット)』。
小さなお店ですが温かな北欧の雰囲気が出ているそう。

自家製のフィンランドのシナモンロールが絶品なんだとか。
カルダモンが使われているので香りも楽しめそう。

店内ではフィンランドから買い付けた食器や小物の販売もしているそう。
食べ物だけでなく、お土産に北欧雑貨を買うのも良いですね。
気軽に北欧気分を味わうことができそうです。

Information
住所:東京都杉並区天沼3-30-41 ルミエール荻窪 1F
電話番号:03-3398-3534
定休日:火曜日
営業時間:月11:30-15:00(L.O.) 水木日11:30-17:30(L.O.) 金土11:30-19:00(L.O.)

『istut』公式インスタグラム

□映画を見て北欧に行った気分になろう

かもめ食堂

かもめ食堂

出典: www.amazon.co.jp

1つ目に紹介する映画は『かもめ食堂』。
個性的なキャストがフィンランドの首都ヘルシンキを舞台にのんびりゆったりとした交流を繰り広げていく様子が描かれている映画です。
主人公のサチエがヘルシンキで「かもめ食堂」をオープンし、そこから色んな人との出会いが待っています…。

かもめ食堂

楽天ブックス

商品

かもめ食堂

¥6,009

映画の中の「かもめ食堂」では、焼き立てのシナモンロールやおにぎりなど美味しそうなご飯が登場します。
北欧の美しい景色や食べ物を見るだけで北欧気分を味わえそうです。

オンネリとアンネリのおうち

オンネリとアンネリのおうち

出典: www.amazon.co.jp

2つ目に紹介する映画は『オンネリとアンネリのおうち』。
マリヤッタ・クレンニエミによるフィンランドの人気児童文学『オンネリとアンネリ』シリーズを実写化したものです。
一緒に暮らす仲のいい二人の女の子オンネリとアンネリが、さまざまな騒動を起こす話です。

オンネリとアンネリのおうち

楽天ブックス

商品

オンネリとアンネリのおうち

¥4,912

2人はもちろん、お部屋のインテリアや風景が可愛いんだそう。
のんびりとした暮らしの様子やほのぼのとした雰囲気が見終わった後に幸せな気分にしてくれそう。

まるで北欧にいる気分

まるで北欧にいる気分

出典: shutterstock

今回は北欧の雑貨やカフェ、映画を紹介しました。
日本にいながら、北ヨーロッパの気分を感じてみてはいかがでしょうか?
きっと北欧に行ったかのような素敵な時間になるはずです。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

旅行・おでかけの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。