キュ〜ト&HIPなネオギャルvibes。小悪魔ピンクが叶える、翻弄ネイルデザイン

この記事では、ちょっぴりセクシーで、小悪魔的なネオギャルちゃん風ピンクネイルをご紹介します。強めのピンクカラーのHIPなスタイルに、あえて少しのラブリーさを投入することで個性的なデザインが楽しめるんだとか。【シンプル】【ゴージャス】の2つのstyle別にまとめてみたのでぜひ参考にしてくださいね〜!

ガーリーで優しいだけがピンクじゃない!

ガーリーで優しいだけがピンクじゃない!

出典: darkvictory.jp

ふわふわ優しいピンクよりも、私が好きなのはバチバチに主張するピンク。
強くてカワイイ、欲張りなstyleが自分らしい。

出典: darkvictory.jp

ネオギャルは、キュ〜トもHIPも両方楽しむのが鉄則。
爪先にだって、ラブなパワーを宿したい。

アナタも私たちのワガママが詰まった、小悪魔ピンクネイルを一緒に見てみる?

|Simple|

|Simple|

まずは、こちらの鮮やかなピンクが目を引くネイルデザイン。
ぷるっと艶感のある質感に、血色感たっぷりの濃ピンクがとってもキュ〜ト。

こちらは、オーロラネイルの光沢感と、派手ピンクを組み合わせたスタイル。
偏光の輝きが加わることで、デコレーションや模様がなくても十分に存在感のあるデザインになっていますよね。

続いては、はっきりとしたピンクを爪先にだけオンして作る、お目立ちコントラストなデザイン。
うるっとした輝きと、ピンクのコラボレーションで、派手さの中にも遊び心を忘れない小悪魔的な爪になっています。

こちらは、なじみのいい2色を使ったフレンチネイル。
上品な印象のあるデザインも、強めピンクを取り入れてみることでネオギャル風に楽しめそう。

こちらは、ベージュxピンクの2カラーで叶えるストレートフレンチstyle。
強めなピンクネイルに挑戦してみたいけれど、派手になりすぎるのが心配という方にオススメかも。

最後は、それぞれの指にいろいろなピンクをオンしたデザイン。
桃のように柔らかい色合いのものを投入すると、キュ〜トとHIPの組み合わせが作りやすくなるかも。

|Gorgeous|

|Gorgeous|

派手めなデザインで、思いっきりピンクを堪能したいという方にはファイヤーネイルとの掛け合わせがオススメ。
あえて片方はピンク以外のカラーをメインにすることで、ネオギャルstyleの完成です。

ぷっくりとしたピンクネイルの質感がなんとも個性的なこちら。
濃ゆ〜いピンク色は、存在感バツグンなのはもちろんのこと、血色感を一気にアップさせて肌を綺麗に見せてくれる効果も期待できるかも?

こちらは、ピンクをベースに、キラキラと、ぽこっとしたデザインをプラスした盛りだくさんのネイルです。
太陽光に反射するラメに、思わず目が離せなくなりそう♡

光沢感のあるピンクカラーをベースにしたスタイルも、とてもラブリーですよね。
シンプルなデザインでも、左右で異なるものを取り入れれば一気にお茶目な印象になりそう。

気分も上昇↑しそうなこちらの、グリッターピンクネイル。
ひとくちにピンクと言っても、色合いは本当にさまざまなので、自分が一番きゅんっとくるようなカラーを探し出して。

バチっとピンクがキブン

バチっとピンクがキブン

ふわふわ穏やかピンクもいいけれど、今の私はネオギャルっぽな、いたずらデザインがキブン。
バチっとお目立ちな濃&強カラーで、自分らしくピンクを取り入れてみよ♡

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ネイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。