淡路島で、いつかまた戻ってきたくなる旅を。3組限定のお宿で非日常へエスケイプ

綺麗な海と山々に囲まれる淡路島。今回はそんな淡路島で過ごす、ゆったりとした旅をご紹介します。自然の中に佇む、優しい時間が過ごせるお宿や、マフィンや淡路島の食材を使った食事が楽しめるカフェ、また宿以外にも空に吸い込まれてしまいそうな写真スポットのあるお店や夕陽100選に選ばれたレストランも紹介します。

いつも穏やかな時が流れる淡路島

いつも穏やかな時が流れる淡路島

出典: snapmart.jp

美味しいものと、見たことのない景色。
ホテルのドアを開ける瞬間など、旅の始まりに胸が躍りますよね。

大切なことを思い出すような旅を

大切なことを思い出すような旅を

今回紹介するのは、豊かな山々と海に囲まれた淡路島です。

いつも穏やかで優しい時間が流れているような淡路島。
そんな島で、特別な思い出に残る旅の時間を過ごしませんか?

また戻ってきたくなる『こぞら荘』

また戻ってきたくなる『こぞら荘』

こちらは2020年の3月、海平の郷にオープンした複合施設の『こぞら荘』。
カフェ『森のオト』から始まった『こぞら荘』には、一日3組限定のひっそりとしたお宿『森の宿』があるんです。
カフェを訪れる方から、こんなところに住んでみたいという声をうけてスタートしたみたい。

お部屋は、「風のへや」、「月のへや」、「木漏れ日」の3つです。
「風のへや」と「月のへや」は、3名までの大人限定のお部屋。

こちらは、「木漏れ日」。
5名までの家族で楽しめる、ウッド調でアンティーク家具が素敵なお部屋です。
非日常の穏やかな空間に、時間を忘れてゆったりくつろいでしまいそう。

澄んだ空気の中で「こぞらのおやつ」を

澄んだ空気の中で「こぞらのおやつ」を

『こぞら荘』には、景色のいい山の上に『山の上の雑貨店』や『こぞらのおやつ』などのお店もあります。
こちらはもっちりとした美味しいマフィンやドリンクが楽しめる『こぞらのおやつ』。
可愛らしい屋根の建物は、中に入りたくなってしまう佇まいです。


テイクアウトしたら、綺麗な空気の下でプチピクニック。
もっちりとしたマフィンとドリンクで、幸せな気持ちで満たされそう。

山の上の別荘地にひっそり佇む「森のオト」でランチ

山の上の別荘地にひっそり佇む「森のオト」でランチ

そしてこちらが、『森のオト』。
山の上の別荘地にひっそりと佇む一軒家カフェです。
季節によって違う表情を見せる自然に囲まれて、美味しいご飯を食べに行きましょう。

こちらで楽しめるのは、淡路島の野菜を中心としたランチと自家製ケーキ。
森のオトプレートは、一日15食限定です。
カウンターから見える緑と一緒に楽しむ時間は、ランチをより格別なものにしてくれそう。
こだわりの「森のオトOriginal blend」の珈琲も食後にトライ!

公式サイト

せっかくだから、お宿以外も楽しみたいあなたへ

全席オーシャンビューの淡路島テラス

全席オーシャンビューの淡路島テラス

こちらは、『幸せのパンケーキ 淡路島リゾート』の施設内にある『幸せのパンケーキ 淡路島テラス』です。
ふわっふわのパンケーキが食べられるテラスは全席オーシャンビュー。
夕暮れ時や、午前中に行くとより綺麗な景色が堪能できそうです。

こちらも同じく、『淡路島リゾート』施設内にある「幸せの階段」です。
マリンブルーな背景にマッチする真っ白な不思議な階段。
空と海の青さに吸い込まれてしまいそう。
写真映えもバッチリで、旅のいい思い出になりそうです。

公式サイト

自然にどっぷり浸かる園遊空間

自然にどっぷり浸かる園遊空間

こちらは、『淡路島国営明石海峡公園』。
「花」「海」「島」を生かした園遊空間なんです。
バーベキュー(予約制)や、中海でスワンボートを楽しむこともできます。

そして、広い園内では、夏はひまわり、秋はコスモスなど、一年中お花が楽しめるのだそう。
四季の花のいい香りや彩りを存分に感じられて、良いリフレッシュになりそうです。

カラフルな「れいんぼーあんぶれら」も。
時間を忘れてはしゃいでしまいそう!
ぜひ旅のプランに取り入れたい素敵な場所です。

公園アクセスマップ
公式サイト

旅のしめは夕陽100選に選ばれた海沿いで

旅のしめは夕陽100選に選ばれた海沿いで

こちらは、シーサイドマーケット&レストラン『クラフトサーカス』。
淡路島西海岸、播磨灘の景観が楽しめる遊び心に溢れたリゾート空間です。

レストランでは、ピザやパエリアなどの淡路島の食材を使った料理が楽しめるんです。
ウッドデッキで海を見ながら楽しむ新鮮な料理と幸せな空間。
夕陽の時間に合わせて来られたら最高かも。



こんな可愛らしい写真スポットも!
ぜひチェックしてみてくださいね。

公式サイト

忘れてた自分に会えたかも

忘れてた自分に会えたかも

優しい時間を過ごすうちに、忙しさの中で忘れていた本当の自分に会えたかも。
また束の間のエスケイプで戻って来たくなりそうです。
定期的に思い出しては温かい気持ちになれるような旅の紹介でした。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

旅行・おでかけの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。