つい“イイ子”を演じちゃう。初めましてでも自分を出すための“素”との向き合い方
まっくす。まっくす。
お気に入り

つい“イイ子”を演じちゃう。初めましてでも自分を出すための“素”との向き合い方

初対面の相手に、どこまで自分を出すべき?って悩みますよね。悩んだあげく、つい“イイ子”を演じちゃう…なんて経験した子いませんか?今回は、そんな女の子のための初めましてでも自分を出すための“素”との向き合い方をご紹介します。自分の好きな自分で「初めまして」ができますように♡

更新 2021.04.12 公開日 2021.04.12
目次 もっと見る

|“イイ子”を演じちゃうのが悩みなの。

「初対面の相手に“イイ子”を演じちゃうのが悩みなの。」
仲良しの友達とのオンライン飲み会での悩み相談。

でも確かに、初めましての人に自分の素を出すって難しい。どうやって“素”と向き合えばいいんだろう…。

|自分の素との向き合い方

“イイ子”を演じることは悪くない!

好きな人や仲良くなりたい人には、よく思われたい。
だから、ニコニコしたり、気を遣ったりして、気が付いたら“イイ子”を演じている。
きっと、そうだと思います。

きっと、“イイ子”を演じていることは相手を思いやってしていること。そのこと自体、何も悪くない!
だけど、なんだか納得いかない…。

きっとそれは、あなた自身が、“イイ子”を演じている自分を認めることができないから。

そんな時は、紙に自分の思う自分の姿と、“イイ子”を演じている時の気持ちを書き出してみて。
“いい子”を演じる自分のことを客観視することで、自分を認めることもできるはず。

完璧じゃないくてもいいの

初対面だからこそ、変な印象を与えないように「頑張らなくちゃ」と意気込みますよね。

メイク変じゃない?髪乱れてない?と心配になって鏡を何度もチェックする…なんて経験したことある子もいるのでは?

だからこそ、初めましての人の前でも同じように完璧じゃない自分を許してあげて。
気が張ってしまう子は「頑張りすぎないこと」を意識してみたり「今日はまぁいっか」と口に出すことを意識するといいかも。

自分のネタを一つ準備する

初めましての人に会う時は、何かネタを一つ準備すると会話がスムーズにできるのでオススメ。
おまけに、自分の持ち込みネタなので事前に準備できて話しやすいから、気張らずに済みそう。

オススメは自分のやらかしエピソード。
とはいっても笑える程度の失敗を選ぶと◎

「この前、起きたら床に座ってたんですよ〜」なんてお茶目なやらかしを話せば、きっと相手も「自分もこんなことやらかしました」と話してくれるかも。

みんなに好かれる必要はない

「素の自分を見せて嫌われたらどうしよう」という思いから、つい“イイ子”を演じてしまうという子も多いのでは?
そんなあなたに言いたいのが、みんなに好かれる必要はないということ。

みんなに好かれようとするがあまり、自分の本音をいうことができないと疲れてしまいますよね。
だからこそ、思い切って自分の意見や思いを伝えてみて。

もしかしたら、「こんな子だとは思わなかった」と離れていく人もいるかもしれません。
だけど、意見を言ったことによって、素を受け止めてくれてますます距離が縮まった人もいるはず。

恥ずかしいを捨てる勇気を持つ

思い出しただけで、顔が真っ赤になっちゃうくらい恥ずかしい思いを人前でしたことある子はいませんか?
そんな経験したことある子は、つい自分を守るために“イイ子”を演じてしまう…そしてそれに悩む。

そんな子にオススメは「恥ずかしい思いをするんじゃないか」という心配を捨てる勇気を持つこと。
そのためにはまず、恥ずかしいと感じたエピソードを思い出すことをやめてみて。

恥ずかしい思いをした時と全く同じシーンなんてそうそう無い。
一度勇気を持って自分の素を出してみると、案外本当のあなたを受け入れてもらえるかも。

初対面でも、もう平気だよ♡

今回は、初めましてでも自分を出すための“素”との向き合い方をご紹介しました。
初対面でも、自分の好きな自分を出せますように。

spacer

RELATED