いつも古着を買いに行くだけ?下北沢を古着巡りとともに楽しむ1日大満喫コース
kanonkanon

いつも古着を買いに行くだけ?下北沢を古着巡りとともに楽しむ1日大満喫コース

「下北沢=古着」と思っている方、多くないですか?確かに下北沢には素敵な古着屋さんがたくさんありますよね。でも、それだけじゃないんです。今回は下北沢を1日満喫するために、お洒落なカフェや下北沢に着ていきたい古着っぽコーディネートなどをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

更新 2020.09.15 公開日 2020.09.15

古着の街・下北沢

「下北沢=古着」と思っている方、多くないですか?
確かに下北沢には素敵な古着屋さんがたくさんありますよね。

でも、それだけじゃないんです。

今回は下北沢を1日満喫するために、お洒落なカフェや下北沢に着ていきたい古着っぽコーディネートなどをご紹介します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

*下北沢のおすすめ古着屋さんはこちらの記事をチェック!

下北のカレーを堪能しよう

バッキンガム宮殿Suzunari

下北沢はカレーが有名なのをご存知ですか?
ここではおすすめのお店を2つご紹介します。

まず一つ目は、『バッキンガム宮殿Suzunari(スズナリ)』。
こちらでは「宮殿カリー」というカレーを頂くことができます。
ドリンクとセットで1000円と、なんともお得なお値段。

お店の名前の通り、豪華な装飾が素敵な店内も魅力的です。
夜はバーとしても営業しているので、お洒落な雰囲気を楽しみたい方は、夜にも訪れてみてください。

◯Information◯「バッキンガム宮殿Suzunari」
  住所:東京都世田谷区北沢1-45-15
  TEL:03-5738-8339

カレーの店・八月

もう一つ紹介するカレーのお店は『カレーの店・八月』。

こちらでは、キーマカレーと好きなカレーの「あいがけカレー」を頂くことができます。
一度に2種類のカレーが楽しめるなんて、嬉しいですね。

お店の看板もなんともいえない可愛さ。
お店の雰囲気もお洒落なので、ぜひ立ち寄ってみてください。

◯Information◯「カレーの店・八月」
  住所:東京都世田谷区北沢2-14-19
  TEL:03-5787-6304

お洒落なカフェに立ち寄ってみよ

ブリキボタン

古着屋巡りの合間には甘いものを食べてちょっと一息。
下北沢のお洒落なカフェをご紹介します。

一つ目は『ブリキボタン』というカフェ&ダイニング。
昔ながらのクリームソーダがとっても可愛いです。

ディナーの営業もあるので、帰る前に立ち寄るのもいいかもしれません。

◯Information◯「ブリキボタン」
  住所: 東京都世田谷区北沢2-14-7 下北沢セントラルビル 2F
  TEL:050-5868-0649

8 jours

次に紹介するのは紅茶のカフェ、『8 jours(エイトジュール)』。
「8 jours」は「8日」という意味で、毎月8日には、その季節の美味しいものと紅茶を合わせた新しいメニューが登場します。

何度も通いたくなってしまいますね。

本当にたくさんの茶葉があるので、いろんな種類の紅茶を楽しみたい方におすすめです。

◯Information◯「8 jours」
  住所:東京都世田谷区北沢2-37-17 1F
  TEL:03-6804-9192

little bear meister

最後に紹介するのは、土・日曜のみ出店されている『little bear meister(リトルベアマイスター)』。
ティディベアのような形のドーナツがとってもかわいいお店です。

キッチンカーも可愛くて素敵です。
インスタグラムで出店情報をチェックしてから行ってみてくださいね。

◯Information◯「little bear meister」
 営業日:土曜日・日曜日

下北に行くなら古着っぽコーデはいかが?

柄シャツに挑戦してみる?

せっかく下北に行くのなら、街の雰囲気に合わせて古着っぽいコーディネートで楽しみたいですね。

普段は挑戦しにくい、派手めな柄シャツを着てみるのはいかがですか?
インナーにレースを合わせてみるのも、可愛いかも。

ヴィンテージ感のあるワンピースもいいかも

ヴィンテージ感のあるワンピースを着てみるのもいいかも。
アクセサリーやバッグもお洒落に決めていきたいですね。

いっぱい歩き回れるように歩きやすい靴をセレクトしてみてください。

ボーイッシュにキメてみる?

ポロシャツやトレーナーにパンツを合わせて、ボーイッシュなコーデにしてみるのも◎
少しオーバーサイズのものを選ぶのがポイントです。

下北沢を満喫しちゃおう

いかがでしたか?
古着屋巡りだけで終わらせてしまうのはもったいない下北沢を、ぜひ1日満喫してみてください。

spacer

RELATED