《中高生向け》夏休み最終日の追い込みからは卒業!宿題を早く終わらせるコツを伝授♡
_rin_rin

《中高生向け》夏休み最終日の追い込みからは卒業!宿題を早く終わらせるコツを伝授♡

夏休み最終日は毎年、宿題に追われている。今回はそんな中高生に向けて、宿題を早く終わらせるコツやポイントを伝授します。絶対に出るドリルやワークの取り組み方や、残しがちな読書感想文の攻略方法などもご紹介します。今年の夏は宿題を溜め込まないように頑張りましょう!

更新 2020.08.07 公開日 2020.08.07

毎年恒例、夏休み最終日の追い込みです

どうしても毎年溜めてしまう宿題。
今年こそは、余裕をもって進めたい〜〜〜(泣)
そんな悩める中高生のために、今回は宿題を早く終わらせるコツやポイントをご紹介します。

まずはルールを決めよう!

宿題を終わらせるコツはなんと言っても計画的に終わらせること。
夏休みのはじめに勉強計画を立てて、宿題を終わらせましょう。
毎日コツコツ進めていきましょう〜!

「毎日コツコツやろう!」と思っても、計画を詰め込んじゃうと上手くいかないかも。
余裕を持った計画を立ててみて。
急な予定や体調不良もありえるかもしれないので、3日くらい休んでも終わるように計画を。

毎日やった分はしっかり書いておくといいかも。
宿題&勉強用のカレンダーを作ってみて。
頑張っただけカレンダーが埋まっていくのは、モチベーションアップに繋がるはず。

インスタグラムで「#カレンダー」や「#カレンダーイラスト」で検索をかけると可愛いイラストがたくさん。
お気に入りのカレンダーならやる気も出るはず。
夏休み用にプリントアウトして、壁に貼ったりデスクマットの下に入れたりしてみて。

ドリルは満遍なく進めるべし

宿題に出る確率の高い、ドリル。
学校によっては、5教科全部出るところもあるかも。
満遍なく進めるのが、最終日に残さないポイント。

どうしても教科によって得意、苦手は出てしまうもの。
スラスラと解ける得意科目ばかりやっている最後に苦手な科目だけが残って、余計にやりたくなくなっちゃうかも。

満遍なくドリルを進めるポイントは、毎日ノルマを決めて取り組むこと。
苦手な教科も絶対に一日にこれだけは進めると決めて、それだけはしっかり守るようにしましょう。

休み明けテストに注意して

学校によってある、休み明けテスト。
夏休みのドリルは総復習であることがほとんど。
しっかりと解いておけば、復習に繋がってテストでも好成績が残せるかも。

休み明けテストは、ドリルや夏休みの宿題から出すと言われている場合もあります。
そういうときには、高得点を狙うチャンス。
コツコツ解いて、成績アップを狙いましょう。

読書感想文を終わらせるコツは?

毎年、最後まで残ってしまいがち。
普段から作文なんてあまり書かないし、どうしたらいいんだろう。

まずは課題図書をチェック。
書かなくても、早いうちに読んでおくのがポイント。

もしも、早い段階で読んでみて書けなそうならば、別の本に変えてみるのも手。
どうしても書けないものは、もしかしたら相性が悪いのかも。
もう一度読んでみるのがポイント。

書き始めたはいいけど止まっちゃった

読書感想文が書き終わらない、もうネタが尽きてしまった。
そんなときにおすすめなのが、自分の実体験と絡めること。
自分のことならば、書きやすそう。

物語の登場人物に向けて手紙のような形式で書くのもおすすめ。
感じたことを言葉にしにくいときは、語りかけるように、手紙のようにまとめてみて。
作文のルールを守るのは大切だけど、あまり意識しすぎない方が書きやすいかも。

一夜づけではどうにもならない課題に注意

自由研究は何をするかを決めておいて

自由研究は一夜づけではどうにもならないことがほとんど。
ものによっては、準備の時間も必要になるかもしれません。
早めに何をテーマにするのかをしっかりと考えて。

日記は「とりあえずメモ」が大切

日記系の課題も、最終日に溜めると大変なことに。
毎日しっかりとつけておくのがポイント。
もしも、書けないときにはしっかりと今日のできごとを残しておくのがポイント。

頑張ったらご褒美をあげないとね♡

頑張るにはやっぱりご褒美が必要。
ちゃんと宿題が終わったら、自分にご褒美をあげてみて。
やる気もぐ〜んとアップするはず。

お小遣いの範囲でもご褒美は買えるはず。
コンビニスイーツなどの小さなものでもいいし、奮発してお洋服とかでもいいかも。
溜めてたドラマやアニメを見るとかなら、お金をかけずに満喫できそう。

今年の私は一味違うでしょ?

今年は結構早く終わりそうかも!
去年の私とは違うのよってこと、見せつけちゃいましょう♡

spacer

RELATED