キメ過ぎないくらいが丁度いい。こなれシティガールになるための7days
manamana
お気に入り

キメ過ぎないくらいが丁度いい。こなれシティガールになるための7days

お洒落でトレンドやカルチャーに敏感なシティガールたち。ファッショナブルなのはもちろんだけど、どんな毎日を送っているのだろう。今回は、シティガールの日常を7日間のストーリーとしてお届け。音楽鑑賞に読書、キャンプなどシティガールのファッションや持っているアイテムなども添えて紹介します。

更新 2020.09.02 公開日 2020.09.02
目次 もっと見る

生粋のシティガールになりたいの

キメてないのにお洒落なシティガールたち。
きっとお洒落な日々を送っているはず…
そんなこなれシティガールに私もなりたい。
彼女たちはどんなアイテムを持ってて、どんなとこに行くのだろう。

Sun.

日曜日は、心も体もリフレッシュするためにキャンプへ。
月曜日から頑張るために、自然に触れて、エネルギーチャージ。

キャンプでもお洒落は欠かせない。
メンズライクなコーディネートがオススメ。
特にサファリハットはマストアイテム。

Mon.

1週間の始まりは音楽の力を借りて、気分をアゲるみたい。
最近の彼女はラジオも聴いたりするんだとか。
色んなジャンルの音楽を聴いてみるのも、楽しいかも。

ヘッドホン

¥8,800

音楽を聴いてる姿すらもお洒落になってしまうのが、シティガール。見た目も可愛いマーシャルのヘッドホンがオススメです。

Tue.

お菓子作りだってしちゃいます。
彼女のオススメは、バナナケーキ。
ホットケーキミックスで作れて、挑戦しやすく見た目もお洒落だからだそう。

『バナナケーキ』
ホームベーカリーを使うと簡単に作れてしまうんだそう。
おやつタイムに食べたり、夜のまったり時間のお供に食べるのもよし。
バナナを輪切りにして、上にのせてもよさそう。
※アレルギーがある方は注意して食材を選んでください。

材 料(2~3人分)
ホットケーキミックス150g
薄力粉50g
砂糖50g
バター100g
卵2個
バナナ2本

出典 recipe.rakuten.co.jp

Wed.

1週間の真ん中は、喫茶店巡り。
めがけて行くのもよいけど、ふと見つけたところに入るのもドキドキワクワクで楽しい。
1人で読書したり、ぼーっとする時間が好きなんだとか。

悲しくてかっこいい人

¥1,980

著者:イ・ラン 
出版社:リトル・モア

エッセイなどを自分と比べながら読むのが面白くて好きなんだそう。
こちらは韓国のシンガー・ソングライター、コミック作家、映像作家、イラストレーター、エッセイストである多才なイ・ランさんのエッセイ。

Thu.

1週間もちょっと疲れてきたところで、アナログに音楽を聴いてみるんだとか。
色んなものがデジタル化してる世の中で、あえてレコードを聴くのが新鮮でエモいんだそう。

レコードプレーヤー

¥6,927

レコードを聴くなら、レコードプレーヤーにもこだわるのがシティガール。
こちらは持ち運びも可能で、インテリアとしてもお洒落にキマるレコードプレーヤー。

Fri.

ついに、華金。
1週間頑張った自分のご褒美に、美味しいものを食べに。
BIGTシャツは、一枚持ってると使える優秀アイテム。

こちらは、中華料理屋の『みんみん』。
餃子とビールのサイコーの組合せ。
ブルーな机も可愛いですよね。

住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-9

Sat.

土曜日は、ゆったりとした時間を過ごしに海へ。
お散歩したり、フィルムカメラで写真を撮ったり…。
麦わら帽子と相性の良いジーンズのコーディネートで、こなれ感もでて丁度いい。

ストローハット

¥4,180

カジュアルなコーディネートでも、ストローハットをプラスすれば、一気に雰囲気を演出してくれる優れもの。
ヘアアレンジをしてかぶるのもいいかも。

シティガールになってみない?

たくさんのカルチャーに触れる毎日を送ってみませんか。
あなたも参考にして、こなれシティガールの一人になってみませんか。

spacer

RELATED