おうちの中に階段がある特別感。メゾネットタイプの部屋のメリット&デメリット

この記事では、メゾネットタイプの部屋のメリットとデメリットをご紹介。内階段のある部屋って憧れますよね。アパートやマンションなのに戸建てに住んでいるような特別感を感じます。実際にメゾネットタイプの部屋に住んだ時の、おすすめの部屋の使い方4選もあわせてご紹介。部屋探しの参考になったら嬉しいです♡

アパートなのに戸建て感

アパートなのに戸建て感

出典: www.reshot.com

「私の家、アパートなのに階段あるんだ~。」と、友達が一言。

メゾネットタイプの部屋に住んでいるのだそう。
ロフトとはまた違うみたい。

この記事では、メゾネットタイプの部屋のメリットとデメリットをご紹介。
おすすめの部屋の使い方4選もあわせてご紹介します。

|メゾネットとは?

|メゾネットとは?

メゾネットとは、内階段があり2階以上に構成された家のこと。
ロフトは一つの部屋に2階部分を作った屋根裏部屋のような意味をもつので、メゾネットとロフトは異なります。

(中略)
ロフトは、部屋の一部分に中二階を設けたつくりのこと。いわゆる「屋根裏部屋」的なイメージです。

出典:suumo.jp

出典: unsplash.com

集合住宅なのに、戸建てのような空間を作ることができます。

では早速、メゾネットタイプの部屋のメリットとデメリットを見ていきましょう。

|メゾネットの部屋に住むメリット

耐震性&耐火性OK

耐震性&耐火性OK

出典: www.reshot.com

内階段のあるメゾネットタイプの部屋は、耐震性に優れた構造をしているのだそう。

また、鉄筋コンクリートを使用していることが多いため、高温に耐えられるし、木造に比べて火のまわりが遅いです。

賃貸マンションのメゾネットになると、建築工法の中でも優れた耐震性を持つ2×4工法で造られています。

出典:offer.able.co.jp

日当たり&通気性抜群

日当たり&通気性抜群

出典: shutterstock

吹き抜けのある間取りだと、太陽の光が入って自然光でも明るく過ごせそうです。

また、2階にバルコニーが設置されている部屋だと風が部屋全体に行き渡るので、換気がしやすいです。

吹き抜けのある間取りのメゾネットでは、上階から陽が入ってくるため、昼間でも電気を点けることなく明るい部屋で生活できます。2階にはバルコニーが設けてあり、窓から風が部屋全体に行き渡りやすくなっているので、換気も充分可能です。

出典:offer.able.co.jp

足音が下の階に響かない

足音が下の階に響かない

例えばお子さんのいる家庭なら、子ども部屋を2階に設置することで走り回っても足音が下の階に響くのを防げそう。

足音や騒音は、ご近所トラブルのあるあるだから嬉しいポイントですね。

(中略)
アパートやマンションの場合、子どもの足音やドアの開閉音などが階下に伝わらないよう、なにかと気を使うシーンが多くなります。しかし、メゾネットで2階を子ども部屋にすれば、室内を元気に走り回っても、階下に伝わる足音が大幅に軽減されます。

出典:suumo.jp

|メゾネットの部屋に住むデメリット

家事動線が長い&移動が大変

家事動線が長い&移動が大変

出典: unsplash.com

洗濯や掃除などをする際、家事動線が長く、移動が大変なのが難点ですね。

階段の上り下りが苦になってしまう可能性もあるかも…。

(中略)
ベランダやバルコニーが2階にしかない場合は、1階で洗濯をして2階に持って上がって干す。階段の掃除をする。考えただけで家事が大変ですね。

出典:woman.chintai

光熱費が高くなる

光熱費が高くなる

出典: shutterstock

冷暖房の効率が悪いため、光熱費が高くなってしまいます。

また、1階と2階の温度差により結露が発生する恐れもあるかもしれません。

(中略)
リビングダイニングと階段スペースが一体になっていれば、冷暖房効率が悪くなることもあるでしょう。

出典:www.homes.co.jp

部屋の有効面積が狭くなる

部屋の有効面積が狭くなる

内階段があるため、どうしても有効面積が減ってしまうことが惜しい点ですね。

なるべくコンパクトサイズなインテリアを選ぶと限られた面積を上手く使えそう。

メゾネットタイプは螺旋階段や吹き抜けがあって開放的ですが、その分家具などを置く床面積が狭くなります。

出典:myhome.nifty.com

|メゾネットの部屋に住んだら…。

①階段裏を収納スペースに

①階段裏を収納スペースに

大きなスペースではないかもしれませんが、階段裏のちょっとした隙間を収納スペースとして使えるかも。

普段あまり使わないものや、動線を考えて収納するといいかも。

②階段をフックの代わりに

②階段をフックの代わりに

通常の使い方とは異なりますが、一時的に物置き場の役割を果たしてくれそう。

急に雨が降り出して洗濯物を取り込んだ時の一時的な避難所として使えるかも。

③2階をプライベート空間にしよう

③2階をプライベート空間にしよう

1階をリビング・2階を自分の部屋にすることで、プライベートな空間を作ることができます。

このような分け方をすることで、来客への対応がしやすいです。

④キッチン周りは動きやすく

④キッチン周りは動きやすく

キッチンに限らないですが、よく動くスペースはあまり物を置かないほうがいいかも。

内階段があることでバリアフリー機能が少なく、ケガする可能性も高いので歩けるスペースを広めにとりましょう。

内階段のある部屋に住みたくなってきた?

内階段のある部屋に住みたくなってきた?

【メリット】
・耐震性&耐火性OK
・日当たり&通気性抜群
・足音が下の階に響かない

【デメリット】
・家事動線が長い&移動が大変
・光熱費が高くなる
・部屋の有効面積が狭くなる

この記事では、メゾネットタイプの部屋のメリットとデメリットをご紹介しました。部屋探しの参考になったら嬉しいです♡

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。