いちご飴チークにラムネアイシャドウ。夏の思い出と風物詩のてんこもりMAKE-UP♡

夏祭りの屋台は、季節を感じるものの一つ。暑い季節になると、恋しくなるものですよね。この記事では、そんな屋台での定番である、いちご飴・ラムネ・ヨーヨー・ベビーカステラの4つの雰囲気をメイクに取り入れる方法をご紹介します。夏祭りに遊びに行くことができなくても、メイクを通して夏の風物詩を楽しんでみませんか?

今年もまた、夏がやってきた

今年もまた、夏がやってきた

出典: snapmart.jp

寝苦しかったり、日焼けが気になったり。
そんな夏のことを鬱陶しく思ったことだってあるけど、やっぱり夏には特別な胸の高鳴りがあるんだ。

何度迎えても、このドキドキ感は格別。

夏祭りの風物詩を、ぎゅっと詰め込んで

夏祭りの風物詩を、ぎゅっと詰め込んで

出典: snapmart.jp

今年、夏祭りに行けるかどうかは分からない。
でも、夏といえば屋台のあの風物詩たちが恋しくなるんだ。

この記事では、いちご飴・ラムネ・ヨーヨー・ベビーカステラの4つの雰囲気をメイクに取り入れる方法をご紹介します。

この夏も、素敵な思い出がたくさん作れますように。

いちご飴|じゅわっと広がるピュアな赤

いちご飴|じゅわっと広がるピュアな赤

出典: snapmart.jp

まず初めは、「いちご飴」をイメージしたメイクです。
いちごの酸味と、飴の甘さのバランスがたまらない屋台の定番メニューですよね。

そんないちご飴を彷彿とさせるような、ピュアな赤をメイクに取り入れてみて。

ぽっと火照ったような、血色感を頬に

ぽっと火照ったような、血色感を頬に

出典: lipscosme.com

存在感たっぷりの赤は、チークとして頬に入れるのがおすすめ。

メイクに血色感が加わることで、肌を綺麗に見せてくれそう。
ぽっと火照ったような、乙女の繊細なニュアンスを表現してみて。

クリームチークで仕込むときめき

クリームチークで仕込むときめき

出典: lipscosme.com

クリームチークなら、肌の内側からにじみ出るような発色が叶うかも。

『CANMAKE(キャンメイク)』の「クリームチーク」は、頬にのせるとすっと溶け込むサラサラの質感でも人気を集めているアイテム。

胸がきゅん、とするようなときめきをチークで表すことができそう。

ラムネ|爽やかな透明感をまぶたに

ラムネ|爽やかな透明感をまぶたに

出典: snapmart.jp

続いては、「ラムネ」をイメージしたメイクです。
爽やかな水色の見た目が印象的なラムネは、暑い季節にぴったりですよね。

喉だけでなく、心もすっきりと潤してくれるような青春の味をメイクに取り入れてみましょう。

淡くて儚い、夏の思い出を

淡くて儚い、夏の思い出を

ラムネのような淡い水色をアイシャドウでアイメイクに取り入れてみて。

まぶたにブルー系の色合いが加わることで、儚さを演出できそう。
いっそう美しく仕上がった目元には、気になるあの彼もドキッとしてしまうかも。

重ねづけで引き出す、さらなる魅力

重ねづけで引き出す、さらなる魅力

出典: lipscosme.com

『CEZANNE(セザンヌ)』の「シングルカラーアイシャドウ」はしっとりとした密着感がポイントのアイテム。

07:アイスブルーは、透け感のあるブルーラメが入っています。主張が強すぎないカラーなので、重ねづけもおすすめ。

ベースや仕上げとして使うことで、他のアイシャドウの良さもさらに引き出してくれそうです。

ヨーヨー|光を感じる、うるおいツヤ肌に

ヨーヨー|光を感じる、うるおいツヤ肌に

出典: snapmart.jp

涼しげな見た目に、気分もわくわくしてくる「ヨーヨー」。
何歳になっても、欲しくなってしまうような特別感がありますよね。

水に浮かび、きらきらと輝くその姿には思わずうっとりしてしまうもの。

可憐なツヤ肌に、心を奪われて

可憐なツヤ肌に、心を奪われて

ベースメイクでは、ヨーヨーのように美しい輝きのある肌を目指してみて。

ツヤは、健康な肌の証なんだとか。
普段のスキンケアでも、うるおいをたっぷりと与えることを意識してみましょう。

みずみずしい肌に見惚れる

みずみずしい肌に見惚れる

出典: lipscosme.com

ファンデーションには、『MISSHA(ミシャ)』の「ミシャ M クッション ファンデーション(ネオカバー)」がおすすめ。

パールエキスとアボカドオイルが配合されており、みずみずしく潤ったようなツヤ肌に見せてくれるんだそう。
薄づきなのにカバー力があるのも嬉しいですね。

ベビーカステラ|ふんわり優しいブラウン眉

ベビーカステラ|ふんわり優しいブラウン眉

出典: snapmart.jp

ふわふわの食感と、甘い香りについ笑みがこぼれてしまう「ベビーカステラ」。

ふんわりとあったかい、その優しい味わいにも癒やされますよね。
メイクにも、そんな柔らかさをプラスしてみて。

誰にでも愛される、優しげ眉に

誰にでも愛される、優しげ眉に

顔の印象に大きく関わる眉。
ベビーカステラのようなブラウンの雰囲気をプラスすることで、温かい印象に見せることができそうです。

また、パウダーを使って眉の形をふわっとぼかすのも大切です。

ベビーカステラ眉のレシピ♡

ベビーカステラ眉のレシピ♡

出典: lipscosme.com

『INTEGRATE(インテグレート)』の「ニュアンスアイブローマスカラ」は、柔らかな色と、ふんわりとした質感を叶えてくれるアイテム。
ベビーカステラ眉にぴったりかも。

太めのブラシで塗りやすいのもポイントです。
ベタッとつきづらく、パウダーのような質感で使えるそう。

いつもとは違う、夏の感じ方

いつもとは違う、夏の感じ方

出典: snapmart.jp

夏の風物詩は、屋台でしか楽しめないと思ってた。
でも、メイクに取り入れて夏を感じてみるのも悪くないかも。

今回は、
・いちご飴チーク
・ラムネアイシャドウ
・ヨーヨー肌
・ベビーカステラ眉
をご紹介しました。

風物詩たちと一緒に、今年も素敵な夏の思い出が作れますように。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

メイク・コスメの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。