載せようと思って諦めた写真も復活?写真に写りこんだ人や物を消すアプリ6選
SennaSenna

載せようと思って諦めた写真も復活?写真に写りこんだ人や物を消すアプリ6選

Instagramに投稿しようと思い撮った写真を確認すると、余計なものが写りこんでいて、投稿するのを諦めたという経験はありませんか?そんな時におすすめの「PicsArt」「Snapseed」「TouchRetouch」「Makaron」「Meitu」「Adobe Photoshop Fix」6つのアプリをご紹介します。

更新 2020.08.17 公開日 2020.08.17

あの写真もダメ、この写真もダメ

Instagramに投稿しようとしたけど、
「写真に写っているこの人混み気になるなあ。」
と思い、投稿を諦めたという経験はありませんか?

今回は、写真に写りこんだものを消すことが出来るアプリをご紹介します。

PicsArt

まず一つ目にご紹介するのは「PicsArt(ピクスアート)」です。
2019年には、世界で最もダウンロードされたアプリランキングで14位だったそうで、大人気のアプリですね。

「PicsArt」では2つの方法があります。

クローン(無料)

クローンとは画像内のコピペが出来る機能です。
「ツール」→「クローン」→元となる部分をなぞる→消したい部分にポインターを合わせる→その部分をなぞると、クローンによって消したいものを隠すことが出来ます。

たとえば白背景の画像で消したいものがある場合は、「ツール」→「クローン」で背景をタップしてから、消したいものにポインターを合わせてなぞると、その部分が白くなり消すことが出来ます。

消去(有料)

こちらは有料の「消去」機能を使う方法です。
「ツール」→「消去」→消したいところをなぞる→消去を押すだけで、自動で消してくれます。
時間をかけずに消したいものを消すことが出来ちゃうんです。

Snapseed

二つ目にご紹介するのは「Snapseed(スナップシード)」です。
Google社が提供しているアプリで、いろいろな機能があるので、このアプリだけで加工が出来ます。

「Snapseed」ではシミ除去の機能を使って、消したいものを消すことが出来ます。
「ツール」→「シミ除去」→消したいものをなぞる→チェックマークで完成です。

TouchRetouch

三つ目にご紹介するのは「TouchRetouch(タッチリタッチ)」です。
こちらのアプリは有料で、iPhoneでは250円、Androidでは210円です。

「オブジェクトを除去」「クイックリペア」「ラインリムーバー」「セグメントリムーバー」「コピースタンプ」など機能がたくさんあるので、消したいもの、大きさなどに合わせて選ぶと◎。

Makaron

四つ目にご紹介するのは「Makaron(マカロン)」です。
「Makaron」は、自動認識をして不要なものを消してくれるので、細かい操作をする必要がないんです。

写真を選択し自動認識させ、消去したいものをタップすることで消すことが出来ます。
AIが一瞬で識別してくれるので初心者さんにおすすめです。

Meitu

五つ目にご紹介するのは「Meitu(メイツ)」です。
消したいものを消してくれるだけでなく、似顔絵を作成してくれる機能もあります。

「消しゴム」か「切り抜き」を選択する→「消しゴム」の場合は、消したいものをなぞります。「切り抜き」の場合は、消したいもの選択することで、消すことが出来ます。

Adobe Photoshop Fix

六つ目にご紹介するのは「Adobe Photoshop Fix(アドビ フォトショップ フィックス)」です。
こちらのアプリはログインが必要です。

修復機能を使って消していきます。
「修復」を選択→「スポット修復」や「コピースタンプツール」を利用して、なぞって消していきます。
筆のアイコンから筆の固さやサイズを選ぶことが出来ます。

バシャバシャ写真撮りまくろう♡

このアプリのおかげで、気兼ねなく写真が撮れそうですね。
たくさん写真を撮ってInstagramに載せちゃおう!

spacer

RELATED