【初心者向け】愛情を込めて、大きくなあれっ!ガーデニングの基本をご紹介
あずきあずき

【初心者向け】愛情を込めて、大きくなあれっ!ガーデニングの基本をご紹介

植物のある生活をするとリラックス効果などの様々な良い影響があるようです。そんな植物を買うのも良いですが、自分で愛情を込めて育ててみませんか?今回は初心者さん向けにガーデニングの基本をご紹介します。育てる場所から必要なもの、気をつけるポイントや活用方法まで幅広くご紹介しているのでぜひ実践してみてください。

更新 2020.08.18 公開日 2020.08.18

植物のある生活って憧れる

植物のある生活をすると、リラックスできたりモチベーションアップなど様々な良いことがあるらしい。
お家にいることも多いし、この機会にガーデニングを始めてみよっかな。
_____って、難しそうだしどうやってやれば良いんだ?!
そんな初心者さんに今回はガーデニングの基本をご紹介します。
ぜひこれを参考にガーデニングデビューしちゃいましょう。

STEP1:育てる場所を決める

まずは植物を育てる場所を決めます。
屋外なら地面に直接植えるものが、室内なら鉢植えで育てるものが人気なんだそう。
お手軽に始めたいなら室内でのガーデニングかもしれません。

室内で育てるのならば日当たりが良いスペースがあるか、風通しが良いかなど育成環境を確認しておきましょう。
植物ごとに光を好むものや逆に日陰が良いものなど様々なので、事前にチェックすることが大切なんです。

STEP2:必要なものを用意する

まず季節や環境にあった植物の苗を選びましょう。
特に初心者さんにオススメなのは、お世話をする手間があまりかからなく、虫がつきにくいものなんだそう。
どれが良いのか分からなかったら店員さんに聞いてみると教えてもらえるはずです。

土はお庭にあるから必要ない!…はちょっと待って。
もしかしたらお庭の土は肥料が入っていなかったり水はけが悪かったりで、植物が上手く育たない原因になってしまうかも。
数種類の用土や肥料が配合された培養土などが売っているので、植物に合わせて買うと良さそう。

植物や置くスペースにぴったりのサイズのプランターや植木鉢も購入すると◎
大きすぎても小さすぎても植物の成長に悪影響をもたらすので気をつけてくださいね。

+αであると良いアイテム

じょうろや軍手、スコップなどの道具もあると良いでしょう。
手が汚れたり水に濡れたりすることなく比較的快適に作業が進められるはずです。

肥料や薬剤、植物によっては支柱などもあると便利かもしれません。
これらは生育途中で必要になるため、後から用意するのでもかまわないでしょう。

STEP3:実際に育てていこう

必要なものが揃えられたら、いよいよ植えていきましょう。
土を入れすぎず、鉢の縁から2~3cm残してウォータースペースを作ることが大切なんだそう。
根を傷めないようにするのもポイントです。

忘れずにやっておきたいのが新芽をカットすること。
植えてから2〜3週間後に出てくる新芽を切ることで後々枝数や花数がグッと増えるんだそう。
これをやるとやらないとでは大きな差が出てくるようなのでお忘れなく!

水をやることも大切ですが、植物によって水をやる頻度や量は違います。
自分の育てる植物に適切な水やりを行いましょう。

定期的に肥料をやることも必要です。
ただし多ければ良いというわけではなく適度な量が必要なので、植物によって調節しましょう。

しぼんだ花をそのままにしておくと、病気やカビの原因になったり、新たな花がつきにくくなるんだとか。
花茎からしっかり切り取りましょう。

活用方法もあるんです

そのまま見て癒やされるのも素敵ですが、活用方法もあるんです。
例えばもしバジルなどのハーブを育てていたらお料理に添えてみて。
香りが良くて、お肉やお魚の臭みを消してくれるものもあるんだとか。

花をある程度育てた後は、ドライフラワーにするのも◎
紐に吊るして風通しのいいところに下げて乾燥させるだけで簡単にできるんです。
ドライフラワーにすると生花のままより長持ちするのも良いところですよね。

元気に大きくなあれっ

なんとなく難しそうでやったことのなかったガーデニング。
新たな趣味にしてみても良いですよね。
ぜひあなたの好きな植物を愛情込めて育ててみて。

spacer

RELATED