一人暮らしまでたったの数ヶ月。家族と一緒に暮らせる間にしておきたい4つのこと
やんやんやんやん

一人暮らしまでたったの数ヶ月。家族と一緒に暮らせる間にしておきたい4つのこと

数ヶ月後に一人暮らしをすることが決まった。両親や兄弟と過ごしていた日々が当たり前じゃなくなる日がくるのです。この記事では、残された一緒に過ごせる時間をより有効活用するための方法を紹介しています。もう二度とすることがないかもしれない実家暮らしが素敵な時間になりますように。

更新 2020.08.23 公開日 2020.08.23

一緒にいるのが当たり前だった

嬉しいことや悲しいことがあった時に誰かがそばにいてくれるのが当たり前だった。

「いただきます。」や「おはよう。」の何気ない挨拶も誰かが反応してくれるのが日常だったのです。

自分だけで生活する日々が始まる

でもそんな当たり前もあと数ヶ月で変化する。
一人暮らしを始めたら、家族と一緒に過ごす時は前よりは減ってしまいますよね。
だからこそ、残された時間の中で意識したいことを考えてみましょう。

その①:顔を合わせる時間を長くする

「おはよう」「おやすみ」などの何気ない挨拶はきちんとできていますか?
一人暮らしをすると、誰かに向かって言う機会は少なくなります。だからこそ、きちんと顔を見て言う機会を逃さないようにしましょう。

休日は平日の疲れが溜まってたくさん寝てしまい、家族の顔を見ながら会話をすることが減ってしまっているのではないでしょうか?
睡眠ももちろん大切ですが、一緒に過ごす時間も大事にしていきましょうね。

目覚めの良い朝を

Aromathologie ブレンドエッセンシャルオイル

¥1,540

ローズマリーとレモンを2:1の割合でブレンドしたエッセンシャルオイルです。
爽やかな香りが目覚めの良い朝を演出してくれそうですね。

その②:一人前になって安心させる

実家暮らしだといくら家事をしているとはいえ、兄弟や両親に生活面で頼っている部分はきっとありますよね。

だからこそ、一人暮らしを始める前から「一人でも大丈夫そうだな」と思ってもらえるような行動を心がけていきましょう。

今まではお手伝い感覚で行っていた家事を見直してみるのがおすすめです。
洗濯物の干し方や畳み方、食器の洗い方など細かな部分まで家族に質問して学ぶのが、成長への近道かもしれませんね。

まずは形から入りましょう

ペタロ フルエプロン ブルー

¥3,800

可愛いエプロンはやる気への第一歩です。
身に着けることで、気持ちの切り替えにもなりますね。

その③:一緒に食事をする

歳を重ねていくとだんだんと家族が揃って食卓を囲むことも少なくなってくるのではないでしょうか?

だからこそ、家を離れる前にそれぞれの好物を並べて、たわいもない会話をする時間を大事にしたいですよね。

外食ももちろん素敵ですが、自分たちにとってどこか特別な“家”という空間で食事をする時間は一人暮らしするまでの間、大切にしてみてください。

その時間を確保するために料理を練習したりするのも良いですよね。

特別な食事をもっと特別に

Rectangular Silicone Placemat / Dotted Pink Blue (2 in Group) ¥ 5,320

¥5,320

特別な食事の時にはランチョンマットを変えてみるのがおすすめです。
その日の料理の雰囲気などに合わせて合うマットを選ぶのも楽しそうですよね。

その④:感謝の気持ちを大切にする

何よりも大事にして欲しいのは「感謝の気持ち」です。
離れてみることで分かる家族のありがたさや、優しさもありますが、離れると決まった時から気づくこともきっとありますよね。

今までは当たり前に感じていたこと全てに感謝して、きちんとその思いを伝えていきましょう。
照れ臭いかもしれませんが、そんな気持ちを伝える機会もあまりないからこそ、勇気を出して伝えてみてくださいね。

大事な思いは文字に残して

YALNe' (ヤルネ)シーリングスタンプ

¥2,380

特別な気持ちが詰まった手紙は美しく飾りましょう。

このスタンプを使用するだけでお洒落な印象になるのでおすすめですよ。

当たり前じゃないんだよね

毎日誰かと会話して笑い合うそんな日々が数ヶ月後には当たり前じゃなくなる。
だからこそ、残された時間を今まで以上に大事に過ごしてみてください。
あなたの実家暮らしが素敵なものになりますように。

spacer

RELATED