時代を超えて愛される天才。シェイクスピアの名作×ワンピースで、物語の旅に出よう

誰もが知っている天才劇作家シェイクスピア。有名な作品が多いため、内容は何となく知っているけれど、本で読んだことはないという方もいるかもしれません。そこで今回は、シェイクスピアの名作『ハムレット』、『十二夜』、『ロミオとジュリエット』と、3作品に合わせたいワンピースをご紹介!シェイクスピアと物語の旅に出てみてください♡

誰もが知っている、天才劇作家

誰もが知っている、天才劇作家

出典: pixabay.com

誰もが知っている、天才劇作家ウィリアム・シェイクスピア(William Shakespeare)。

不朽の名作『リア王』や『オセロ』でお馴染みのシェイクスピアですが、皆さんは彼の作品を本で読んだことはありますか?
有名な物語が多いため、内容は何となく知っているけれど、改めて考えてみると、しっかりと本で読んだことはないという方もいるかもしれません。

『シェイクスピア』ってどんな人?

『シェイクスピア』ってどんな人?

出典: wecolle.jp

そもそもシェイクスピアって 何者?と思う人もいるかもしれません。
彼は、イングランドの劇作家、詩人、イギリス・ルネサンス演劇を代表する人物です。

ストラトフォード=アポン=エイヴォンに生まれ、1585年頃からはロンドンに進出し、1592年には新進の劇作家として活躍しました。

シェイクスピアの名作×ワンピースで、物語の旅に出よう

シェイクスピアの名作×ワンピースで、物語の旅に出よう

そこで今回はそんなシェイクスピアの3作品と、そこで描かれたヒロインのイメージに合わせて、私たちが着たいワンピースをご紹介していきます。

お気に入りのワンピースを着てシェイクスピアの名作を読み、物語の旅に出てみてはいかがでしょうか?♡

Ⅰ『ハムレット』

シェイクスピア四大悲劇の一作

ハムレット改版(新潮文庫)

楽天ブックス

商品

ハムレット改版(新潮文庫)

¥506

1つ目にご紹介するのは、シェイクスピア四大悲劇の『オセロ』、『マクベス』、『リア王』に並ぶ、『ハムレット』です。

「生きるべきか死ぬべきか、それが問題だ」というフレーズでお馴染みの作品として、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

========================
『ハムレット改版』
ウィリアム・シェイクスピア(著)
福田恒存(訳)
新潮社(出版)

―あらすじ

出典: unsplash.com

デンマークのエルシノアを舞台とした『ハムレット』。
ある日、国王が毒蛇に噛まれて急死してしまったデンマークでは、前デンマーク王の弟のクローディアスが王位を継ぐ事となった。

クローディアスは、前王の妻である王妃のガートルードと結婚しますが、ある日、前王の息子ハムレットは、父(前王)は、クローディアスに毒殺されたということを知り、復讐を誓うのだった。

復讐を誓ったハムレットは、クローディアスと間違え、想い人オフィーリアの父であるポローニアスを殺してしまう。
オフィーリアは、愛するハムレットに裏切られたことを嘆き苦しみ、川に身投げをしてしまうのだった…(続く)

。°オフィーリアのように美しいブルー

オープンバックルーズワンピース

ZOZOTOWN

商品

オープンバックルーズワンピース

¥25,300

そんな『ハムレット』を読む日に着たいのは、オフィーリアのように美しいブルーのワンピース。

こちらは、『ETRE TOKYO(エトレトウキョウ)』のオープンバックルーズワンピースです。
凹凸感のある表情豊かな生地で、程よくカジュアルなニュアンスがあります。
気負わずにさらっと着こなせるデザインが素敵ですよね◎

▶追憶のローズマリー

小さなローズマリーの花束

楽天市場

商品

小さなローズマリーの花束

¥3,036

ワンピースに合わせたいアイテムとしてご紹介するのは、ローズマリーがモチーフのフープピアスです。

物語内で、狂気に陥ったオフィーリアが、思い出の花ローズマリーを「いつまでも私を忘れないで」と言って、ハムレットと間違えて、自分の兄に渡す場面があります。

▶絵画のようなネイル

▶絵画のようなネイル

オフィーリアといえば、ジョン・エヴァレット・ミレー作の絵画を思い浮かべる方もいるのではないでしょうか?
絵画をイメージしたネイルを、ワンピースと合わせてみるのも良いかもしれませんね。

Ⅱ『十二夜』

十二夜(光文社古典新訳文庫)

楽天市場

商品

十二夜(光文社古典新訳文庫)

¥638

2つ目にご紹介するのは、舞台でもお馴染みの喜劇『十二夜』です。
ロマンティックなストーリーで、ハッピーエンドを求めているという方にもおすすめです。

主要となる登場人物が多く、主人公であるヴァイオラ目線で読んでも、他の登場人物目線で読んでも◎
何度読んでも楽しめる作品です。

========================
『十二夜』
ウィリアム・シェイクスピア(著)
安西徹雄(訳)
光文社(出版)

―あらすじ

出典: unsplash.com

双子の兄妹セバスチャンとヴァイオラは渡航中、嵐に遭い、妹のヴァイオラはイリリアの海岸に打ち上げられる。
彼女は自分の身を守るために、男装して「シザーリオ」と名乗り、イリリア公爵オーシーノの小姓として仕えることとなったのだが、密かにオーシーノに恋心を抱いてしまうのだった。
しかしオーシーノは、伯爵の娘であるオリヴィアに恋をしていて、オリヴィアの方は、ヴァイオラが男装して扮している「シザーリオ」に恋をしてしまうのだった。

一方、兄のセバスチャンも無事に一命を取り留め、イリリアにやって来ていた…(続く)

。°自分を守るため、強く生きるヴァイオラ

ボリュームエングスカットオールインワン

ZOZOTOWN

商品

ボリュームエングスカットオールインワン

¥17,578

自分を守るため、「シザーリオ」として強く生きるヴァイオラ。
そんなヴァイオラをイメージして着たいのは、美しさとかっこよさを兼ね備える、オールインワン。

こちらは、『eimy istoire(エイミーイストワール)』のボリュームエングスカットオールインワンです。
贅沢に使用された生地が、裾まで流れるシルエットとギャザーが、ドレープ感のあるボリューミーなシルエットを生み出しています。

▶「ヴァイオラ」なのがバレませんよ~に!

細リボンペーパーハット

ZOZOTOWN

商品

細リボンペーパーハット

¥5,390

「シザーリオ」が男装した「ヴァイオラ」なのがバレませんように…とヴァイオラが願っていたように、ツバが大きめの帽子を被って、ヴァイオラになりきってみるのも良いかもしれません♡

こちらは、『who's who Chico(フーズフーチコ)』の細リボンペーパーハット。
夏のUV対策にも良いですね!

▶ブーティでかっこよくキメる

エコレザーショートブーツ

商品

エコレザーショートブーツ

¥15,400

足元は、ブーティでかっこよくキメるのが◎

こちらは、『SNIDEL(スナイデル)』のエコレザーショートブーツ。
ストレッチ性のあるエコレザーが使用されているため、細身ですっきりとしたシルエットを演出してくれるそうです。
シャープなスクエアトゥで、モードな雰囲気に仕上げてくれそうでね!

Ⅱ『ロミオとジュリエット』

ロミオとジュリエット改版(新潮文庫)

楽天ブックス

商品

ロミオとジュリエット改版(新潮文庫)

¥484

3つ目にご紹介するのは、かの有名なラブストーリー『ロミオとジュリエット』。

バレエやミュージカル、現代版にリメイクされた映画などでも有名ですよね!
シェイクスピアといえばロミオとジュリエットが第一に思い浮かぶという方も多いかもしれません。

========================
『ロミオとジュリエット改版』
ウィリアム・シェイクスピア(著)
中野好夫(訳)
新潮社(出版)

―あらすじ

出典: www.pexels.com

舞台は、中世イタリアのヴェローナ。
ヴェローナの街では、モンタギュー家とキャピュレット家のいがみ合いが長年続いていた。

モンタギュー家の一人息子ロミオが、ロザラインという女性に恋煩いをしているところから、話は展開していく。
キャピュレット家のパーティに友人たちと忍び込んだロミオは、そこでキャピュレット家の一人娘ジュリエットと出会い、恋に落ちるのだった…(続く)

。°情熱的な恋に落ちた、ジュリエット

ニットxシアースカートドッキングワンピース

ZOZOTOWN

商品

ニットxシアースカートドッキングワンピース

¥14,850

そんな『ロミオとジュリエット』を読むときに着たいのは、情熱的な恋をしたくなるような暖色のワンピース。

また、ロミオとジュリエットのミュージカルの舞台では、モンタギュー家の演者さんの衣装が寒色で、キャピュレット家の演者さんの衣装が暖色であることも多いですよね!

こちらは、『SNIDEL(スナイデル)』のニットxシアースカートドッキングワンピース。
ニットとスカートがドッキングしたワントーンのワンピースは、さらっと着るだけで大人な雰囲気を演出してくれそうですね。
ふんわりとしたボリュームが、ロマンティックな印象で◎

▶名前を変えても香りは変わらない

Rose Asymmetry Pierce

ZOZOTOWN

商品

Rose Asymmetry Pierce

¥2,750

併せてご紹介したいアイテムは、薔薇のモチーフのアクセサリーです。
『薔薇と呼んでいる花を別の名前にしてみても美しい香りはそのまま。』とジュリエットが言ったことに因んで、薔薇のアクセサリーを着けてみるのも良いかもしれません♡

こちらは、『tone(トーン)』のRose Asymmetry Pierce。
透け感のあるカラーに、薔薇のモチーフがアンティーク風で素敵ですよね!

シェイクスピアと旅に出る

シェイクスピアと旅に出る

誰もが知っているシェイクスピア。
しかし、改めてシェイクスピアの作品を本で読んだかと言われると、実は読んだことがないという方もいるかもしれません。

よろしければ、ヒロインをイメージしたワンピースを着て、シェイクスピアと物語の旅に出てみてください♡

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ファッションの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。