シンプルライフに憧れて。モノを減らして気づく、埋もれていた自分の中の「好き」
ruruchanruruchan

シンプルライフに憧れて。モノを減らして気づく、埋もれていた自分の中の「好き」

モノにあふれる現代、シンプルライフに憧れる。そこで今回は“環境”をシンプルにしていこうという提案です。身の回りを整え、いらないモノを片付けることでストレスから解放されて、埋もれていた自分の中の「好き」に気づくことができそう。増やすのではなく、たまには減らしていくことも大切かもしれません。

更新 2020.08.16 公開日 2020.08.16

シンプルライフに憧れるけど現実は…

モノが増え、やることも山積みになって「もう全部嫌!」となってしまうことってありますよね。
身の回りの整理ができていないと、頭の中も整理しづらくなってしまうのかも。

「欲しいな、必要だな」と思って買ったモノが、自分のイライラの原因になっているなんて悲しすぎますよね。
シンプルライフを送るコツは、無駄なモノを持たずに身の回りの「環境」をシンプルにすることです。
今回はモノを上手に片付ける方法を紹介していきたいと思います。

「シンプル」とは?

簡単・簡潔など。
「ごちゃごちゃしていない」ことを指す言葉です。
つまり整理されている、ということですね。

「モノ」を減らすと、頭も整理しやすいなあと感じること、ありませんか。
視界から入る情報が少なくなることで、余計なことを考えなくなって頭がすっきりするのかも。

余計なモノを捨ててみる

現代はモノがあふれる世界。
便利なモノや可愛いモノがたくさんあって、ついつい買ってしまいますよね。
身の回りの余計なモノをできるだけ減らしていきましょう!

最初はすぐに分かるゴミから

使い終わった書類や、食べ物・飲み物の空き容器など。
明らかなゴミから手を付けていきましょう。
最初は捨てるかどうか迷うようなものは、捨てないでOKです。

使い古した服や靴

ゴミを捨てたら、洋服や小物にも手を付けてみて。
色あせた服、ボロボロになってしまった靴など人前で身に着けるのが恥ずかしい…と感じるモノは捨ててしまっても後悔しなそう。

本からヒントを得ても〇

脳もデスクも超スッキリ!スゴい片づけ

¥1,540

著者:菅原 洋平
出版社:すばる舎

頭が冴えてサクサク片付ける事ができる。
脳のタイプに合わせた「超カンタン整理術」。
ズボラな人でもできる「脳科学」に基づく整理術が30個紹介されています。
片付けが楽しいものになりそう!

いつも使うモノは案外少ないかも

ここまで来たら後は、まだ使えるけれど普段使っていないモノをどうするか。
今使っていないからといって、無理に捨てなくてもいいかも。
捨ててしまってから考えても遅いので、使っていないモノを買った時の自分の気持ちを思い出してみましょう。

捨てるかどうか迷うモノは、一度ノートなどに書き出してみて。
どんな経緯で手にすることになったのかまでわかるとGood。
これから何か買うときに、それが本当に必要なモノか考えることにつながり、役に立ってくれるかもしれません。

自分の好きなモノを厳選して

残したいと思うモノの中から、自然と自分の好きなモノも見えてきそうですよね。
感覚を研ぎ澄ませて好きなモノを厳選してみませんか?

好きなモノに囲まれると毎日が生き生きしてきそう!
せっかくの機会だから、自分の気持ちと向き合ってみよう。

モノを減らしてシンプルライフ

モノを減らすことで埋もれていたモノも見えてくる。
自分が大切にしたいことや好きなモノにも改めて気づくことができそう!

spacer

RELATED