傷みを最小限に抑えたい!全頭ブリーチなしで垢抜けを叶える、わがままヘアカラー集

校則がなくなったから、バイトが厳しくなくなったから、髪色を変えたい。でも最初からブリーチをするのは髪が傷みそうで怖い…そんなあなたに、ブリーチなしで楽しめる暗髪やアッシュ、ミルクティーといったヘアカラーを提案します。また、全部ブリーチするのは不安だけどいろんな色にしてみたい、という方にはインナーカラーをご紹介します。

髪色を変えたい、でも傷むのは嫌

髪色を変えたい、でも傷むのは嫌

出典: snapmart.jp

髪色を変えると印象って変わりますよね。
垢抜けたいし、いろんな色にしてみたい。
でも、髪が傷むのはなるべく避けたい、という方におススメのヘアカラーを紹介します。

出典: www.beauty-navi.com

ブリーチをすると明るい色にすることもできるし、様々な色を楽しむことができます。
でもブリーチって髪の色素を抜くことだから、どうしても髪が傷んでしまいます。

簡単に言うと、髪を脱色して髪の毛の色素を抜くことです。毛髪のレベルを上げること、つまりメラニン色素を減らす(色素を抜く)ことは、それだけやりたい髪色の幅が広がるということになります!今の髪色だと入らない色が、ブリーチをして色素を抜いた髪には色が入るようになりますよ!

出典:hair.cm

まずは暗髪から

まずは暗髪から

ブリーチで髪が傷むのは嫌だけど雰囲気を変えたい方は、ニュアンスカラーを入れるだけでも印象を変えることができます。
暗髪は地毛と色が近いから、プリン頭になりづらいこともメリットです。

暗髪の魅力は、黒髪よりも重たくなく、自然な透明感を出せること。ブルーやグレーをほんのり含んだアッシュカラーやグレージュなどがおすすめ。
気になる人は #暗髪 で調べてみてください。

透明感を出すにはアッシュカラーを

透明感を出すにはアッシュカラーを

もっと明るくしたい、透明感を出したいという方にはアッシュ系のカラーもおすすめです。
赤みや黄みを抑えて、ブリーチをしなくてもこんなに透明感を出すことができます。

アッシュカラーは大人っぽさを演出することができます。
画像のように部分的に明るくするハイライトを入れると、立体感が出ておしゃれです。

甘くて柔らかい雰囲気にはミルクティーで

甘くて柔らかい雰囲気にはミルクティーで

やわらかい印象にしたい、という方はミルクティーカラーはいかがでしょうか。
やわらかくてふわふわで、女の子らしい雰囲気を演出することができます。

出典: up.myreco.me

かわいらしい雰囲気のカラーには、レースのようなガーリーな服が似合います。
メイクもやわらかい印象にして、甘めgirlに。

ミルクティーカラーってこんなに明るくてかわいいんです。
一言でミルクティーカラーといっても人によって少しずつ違うので、画像を見せながら美容師さんと相談してみてください。

鮮やかな色を楽しみたい!という方へ

ピンクグレージュ

ピンクグレージュ

ピンクカラーもブリーチなしで楽しむことができます。
ピンク系にアッシュが入ることで、おしゃれなトレンドカラーに。

オレンジベージュ

オレンジベージュ

こちらはオレンジベージュ。
日本人に多い暗めの地毛は、赤み色素が強いので、暖色のオレンジが入りやすいそうです。
暖かいカラーで血色もよく見えます。

ネイビー

ネイビー

こちらは髪の赤みを消したネイビーカラー。
ブルー系のカラーは、普通の色じゃ嫌だけど、透明感を出したいという方にぴったりです。
色落ちの過程でグレーも楽しめます。

インナーカラーはどう?

インナーカラーはどう?

出典: www.beauty-navi.com

もっといろんな色に挑戦したい、という方には髪の内側だけブリーチをして色を入れる、インナーカラーを提案します。
こちらはピンク系のインナーカラー。
派手過ぎず、かわいらしい雰囲気になります。

出典: www.beauty-navi.com

髪の内側だけなので、こんなに個性的な色を入れても、派手過ぎず、おしゃれに見えます。
インナーカラーは、髪を結んだ時にもよく見えて素敵です。

ダメージ最低限で素敵なヘアカラーを

ダメージ最低限で素敵なヘアカラーを

出典: up.myreco.me

ブリーチなしでも楽しめるヘアカラー、部分的にいろんな色を楽しめるインナーカラーを紹介しました。
ダメージ最低限でイメチェンして、新しい自分を楽しんでください。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ヘアスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。