女子高生の夏はかけがえのないものだ。誰もが羨む“ちょっぴり特別な計画”を実行せよ

気がつけば、予備校通いで夏が終わってしまいそう。今回は、卒業したら二度と戻らない女子高生の夏を楽しむための提案をします。友達と過ごすエモいひと時や、ちょっと刺激的な夜の思い出などを紹介するのでチェックしてみて下さい。最高の夏の思い出を作りに行きませんか?

制服、ロッカーに預けて

制服、ロッカーに預けて

出典: snapmart.jp

女子高生の夏は二度とやってこないから。
最高に楽しまないと損でしょう?
受験勉強も大切だけど、誰もが羨む思い出も作りましょ。

今回はそんな最高の夏にするための“ちょっぴり特別な計画”を紹介します。

出典: snapmart.jp

早速私たちの計画が実行された。
友達と駅で集合して。

さあ、一生に一度の夏に出かけよう。

planA|友達とのエモい光景を目に焼き付けて

1:海の見える駅まで行く

1:海の見える駅まで行く

出典: snapmart.jp

電車が停車すると、目の前に広がる広大な海。
この駅は、神奈川県にある鶴見線の「海芝浦駅」。
改札からは『海芝公園』には行けますが、その公園以外は私有地のため関係者以外は降りることができないんだそう。
また、建物の撮影も禁止されているため、美しい光景は目と心に焼き付けて。

出典: snapmart.jp

夏の強い日差しを前に、思わずシャッターを切りたくなることってありますよね。この光景を保存できたらいいなって。

でもせっかく撮影するなら、エモい写真を撮りたくない?
この画像は、漫画『SLAM DUNK(スラムダンク)』でも有名な「鎌倉高校前駅」の光景。
ファンはもちろん、そうでない人も心奪われるはず。

2:日本全国エモい写真が撮れる駅

2:日本全国エモい写真が撮れる駅

出典: snapmart.jp

こちらは、神奈川県の鶴見線「国道駅」。
改札外に広がるレトロな雰囲気に、思わずタイムスリップしたかのような気分になるはず。
どこを切り取っても、エモい画になりそう。

3:夕日をバックに砂浜を駆け回る

3:夕日をバックに砂浜を駆け回る

出典: snapmart.jp

どこまでも続く広い海と、夕日。
そんな贅沢な光景を前に、砂浜で全力の鬼ごっこはいかが?
疲れたら、瓶のコーラを片手に一休みして下さいね。

4:近所の公園でシャボン玉

4:近所の公園でシャボン玉

普通にシャボン玉をするのも良いけれど、近所の公園でするのもなんだか幼い頃に戻ったみたいで楽しそう。
シャボン玉で遊ぶ私たちは、良い笑顔をしているはず。

planB|とびっきりの恋をしちゃう?♡

1:メイクでいつもより大人っぽく

1:メイクでいつもより大人っぽく

今年の夏は、メイクでいつもより大人っぽくして、憧れの幼なじみのお兄ちゃんの横をカッコよく歩きたいな。
お気に入りの赤リップをつけて、あの人をキュンとさせるんだ♡

2:程よい肌見せで相手をドキッとさせて

2:程よい肌見せで相手をドキッとさせて

大人の女性のような余裕のある色気が欲しいの。
そんな時は、見せすぎず、隠しすぎない程よい肌見せで彼をドキッとさせちゃいましょ♡

3:一生の思い出をチェキに収めて

3:一生の思い出をチェキに収めて

出典: snapmart.jp

この恋がひと夏のものだとしても、思い出は一生取っておきたいから。
何気ない瞬間も、後で見返したら全てがステキな思い出になるはず。

4:年上彼とちょっと遠くの海に

4:年上彼とちょっと遠くの海に

出典: snapmart.jp

年上のあの人は、もう車の免許を持っているんだって。
だったら、助手席に座ってちょっと遠くの海までお出かけしよう。
おすすめのビーチは、「サザンビーチちがさき」。
海の向こうには、江の島が見えるんです。
人がまばらな夕方の海岸って、とってもロマンチックですよね♡

planC|ちょっと刺激的な夜に

1:夜の浅草にお出かけ

1:夜の浅草にお出かけ

出典: snapmart.jp

夏だし、いつもと違う夜を過ごしてみたいな。

そこでおすすめなのが、夜の浅草。
夜は大人な雰囲気を楽しめるんです。
ディープな思い出ができちゃいそう♡

2:手持ち花火

2:手持ち花火

出典: snapmart.jp

夏といえば、やっぱり手持ち花火。
花火大会とは違った楽しさがありますよね。
花火と写真の相性は抜群です◎

締めは線香花火でしっとりと。

3:友達とお風呂でアイス

3:友達とお風呂でアイス

お泊まり会をした夜は、友達と一緒にお風呂に浸かっちゃえ!
お供のアイスを食べながら、お母さんたちには秘密の恋話で盛り上がって。

ミッションコンプリート♡

ミッションコンプリート♡

出典: snapmart.jp

今回は、ちょっぴり刺激的な夏の計画を紹介しましたが、いかがでしたか?
女子高生だからいい思い出になるってことがたくさんあるはず。
二度と戻らない青春の日々を、大切に過ごして下さいね。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

旅行・おでかけの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。