【ダイエット実録vol.11】3年リバウンドなし!ayakaさんが答えるダイエットQ&A

今回のダイエット連載は、3年間リバウンドなしの看護師ダイエッターayakaさんに、みなさんからのダイエットに関する質問に答えていただきました♪

ayakaさんのダイエット実録 〜Q&A編〜

万年ダイエッターを卒業し3年間リバウンドなしの現役看護師・ayakaさん

リバウンドを繰り返す「万年ダイエッター」から、3年間リバウンドなしのダイエット成功者となったayakaさんのダイエット連載。
今回はみなさんからのダイエットに関する質問に答えていただきました!

※体験記やダイエット方法はayakaさん個人の経験と見解によるものです。自分で試す場合には自分に合うものか、注意して行なってください。体に合わない場合は無理に行なわず、すぐ中止するようにしてください。

ダイエッターProfile

ダイエッターProfile

名前:ayaka
年齢:31歳
職業:看護師
身長:153cm
最高体重:54kg
現在の体重:46kg

ayakaさんが答えるダイエットQ&A

Q:脚がなかなかやせないのですが、どうやってそんなに細くなったのですか?

A:ずばり、ストレッチとマッサージです!

脚はリンパの流れを良くすることが重要なので、私はとにかく下半身のストレッチとマッサージを入念にやりました!ストイック期には毎日30分、時間がある時は1時間かけてやっていました。今でも週に1回は1時間以上かける日を取っています。

ストレッチはよく「痛気持ちいいくらいがいい」と言われていますが、私は夫にも手伝ってもらいながら「痛すぎる!」と悶絶するくらいの負荷をかけていました。
成人の体をやわらかくするのってすごく難しいんです。
続けることが大事なので、最初は楽しく続けられるくらいの負荷でいいと思いますが、凝り固まった大人の体は簡単にはやわらかくならないので、かなり根気が必要です。
でも体をやわらかくしてリンパを流すことはダイエットにおいてはもちろん、ダイエットを抜きにしても体にとってメリットだらけなので、絶対にやっておくことをおすすめします!

やるタイミングですが、例えば「必ずお風呂上がりにやる」と決めてしまうとやれない日も出てくるので、私は時間があるとき、できるときにやるようにしています。
もちろんお風呂上がりにやるのが最も効果的だと思うのですが、大事なのは継続することなので、タイミングにとらわれず毎日コツコツやりましょう◎
私は歯磨き中やドライヤーをかけているときなどちょっとした時間にも脚を伸ばしてストレッチしています♪私のYouTubeにもストレッチをのせているので、ぜひ見てみてください。

また、ストレッチとマッサージだけでやせるわけではないので、あくまで食事管理や有酸素運動で摂取カロリー<消費カロリーのバランスは守ったうえで取り入れてくださいね。

Q:実家暮らしでもやりやすいダイエット方法や、忙しい学生にも続けやすい方法を教えていただきたいです。

A:家族の協力を得られると強い!あとは、間食など自分で調整できる範囲から改善を。

実家暮らしでダイエットをしていると家族からは「もっと食べなさい」と心配されてしまったり、難しい部分が多いですよね。
生活スタイルもお菓子が常に置いてある家庭や、男兄弟が多くてご飯をもりもり食べる家庭などさまざまですし、家族のダイエットに関する知識量によっても難易度が変わると思います。

断食するわけじゃないので、あくまで健康的なダイエットだということを理解してもらい、家族に協力してもらえるようにするとやりやすくなると思います。特に食生活がカギを握るので、そこを変えられたら成功できるはず。
腹八分目になるよう量を調整してもらったり、野菜を多めにしてほしいとリクエストしたり、お米の量を変えるだけでもかなり変わると思いますよ♪

あとはジュースをやめて水かお茶だけにしたり、タピオカを買うときは友達とシェアをするなど、できそうなところから始めてみるのがいいと思います。

また、よく受験生などで「頭を働かせるために糖分をたくさんとるのが良い」と思って朝からお米をたくさん食べたり、勉強の合間にキャンディを食べたりしている人がいますが、普通の生活をしていれば脳が働かなくなるほど糖不足になることはほぼありません。
過剰な糖分摂取はかえって集中力を下げてしまったり、カロリーオーバーを招いてしまうので、ほどほどに!

Q:運動がどうしても嫌いで続きません。どうすれば運動を好きになれますか?

A:ダイエットのための運動ではなく、「その運動が好きだからやりたい」と思えるものを見つけましょう♡

ダンスやキックボクシング、Nintendo Switchのフィットネスゲームやハイキングなど、楽しみながら体を動かせるものはたくさんあるので、いろいろ試してみて自分がのめり込めるものを見つけてみてください♪
習い事など何でもいいので、はまって自宅でも練習するようになるレベルまでいけたら理想的ですね。

あとは、例えばジョギングなら「○○のマラソン大会に出る」などダイエット以外の目的を設定するのもいいと思います。ダイエットだけを目的にしているときつくなってしまうので、楽しいからやる、大会出場のためにやる、など目的を別のところに持っていけると、苦にならず続けられますよ。

Q:コンビニで買えるダイエット食でおすすめを教えてください。

A:バナナやヨーグルトのほか、低糖質なおやつをよく買います♪

私がいちばん買うのはバナナとヨーグルトですが、おやつであればおつまみコーナーにあるあたりめやピスタチオ、アイスであれば糖質が低めの「SUNAO」のアイスや、カロリーの低い氷タイプのもの、それからチーズ系をよく買っています♪

ご飯系を買う場合ですが、お弁当類はいっさい買いません。よく買うのはおでんや、季節の食材が入ったスープ類。
サラダも買いますが、コンビニのサラダだけでは栄養素が充分ではないので、食物繊維として割り切って摂っています。
サラダに限らず、手軽に買えるお弁当類や加工食品などは、カロリーのわりに栄養素が低いものが多いので、必ずほかの食事でたっぷり栄養を摂ってくださいね。栄養が偏ると暴食に走りやすくなってしまいます。

Q:私は今152センチ、48キロです。ここ数か月、有酸素運動や筋トレ、食事管理、ストレッチなどやっているのですが体重が全然落ちません。体重が落ちたきっかけはありますか??

A:まずは、停滞期かどうかの見極めを。停滞期に入ったときは、とにかく継続することが大事!

48kgからスタートしたのか、落として48kgになったのかでも状況が変わりますが、48kgからスタートしてまったく変わらないのであれば、やり方が間違っている可能性が高いです。
今いちど、摂取カロリー<消費カロリーのバランスになっているか見直してみてください。そこが正しく継続できていれば必ず体重は落ちていくはずです♪

落としてからの48kgで止まってしまっているのであれば、停滞期に入っているのかもしれないですね。私にも48kgの壁がありました。
体重がある程度落ちると、同じことを続けていてもなかなかやせない状態になります。でも体に必要な最低限のカロリーは減らせないので、それ以上体重を落としたい場合、今度は運動量を増やす必要があります。ダイエットって実はやせてからが大変なんですよね。
でも、大事なのはとにかく「続けること」です!

数か月も続けられているのは素晴らしいと思うので、その継続力があれば絶対に成功できるはずです。まずは今のやり方が間違っているのか、停滞期なのかを見極めて、アプローチを変えてみてください♪

Q:カロリー制限と週2の有酸素運動(少し筋トレも)をはじめて1週間ですが、体重がまったく変わりません。有酸素運動が足りないのでしょうか?

A:1週間で体重は変わりません!また、体重だけでなく体脂肪率にも目を向けましょう◎

1週間では体重は変わらないと思ったほうがいいです!健康的なダイエットで成果を出すには、最低でも1か月以上は必要だと思ってください。
また、体重が変わらなくても体脂肪が減っていれば、筋肉がついて正しくダイエットできているということになります。同じ体重でも体脂肪率によって見た目はかなり変わるので、体重だけにとらわれず体脂肪率や体型の変化にも目を向けてみてくださいね。
カロリー制限と週2の有酸素運動、筋トレを続けられているのは素晴らしいと思います。それを続けていれば絶対に結果が出るので、自信を持って続けてください♡

Q:ドレッシングや調味料のカロリーが意外と高いと知り、味付けにも気をつけているのですが、味が一辺倒になってしまって野菜の味などに飽きてしまいそうです。シンプルな味付けでも飽きないコツはありますか?

A:調味料はかけすぎに気をつけるくらいでOK!飽きないことが一番大事です。

出典: snapmart.jp

私は、調味料やドレッシングのカロリーまでは厳密に計算せず、あまり気にせず味付けをしています。
飽きてしまうのが一番よくないので、ドレッシングであれば叙々苑のドレッシング、黒酢たまねぎドレッシング、ふりかけ系などたくさんそろえていますよ。かけすぎないようにだけ気をつけています。
サラダの場合、ドレッシングを上からかけるのではなくボウルなどで和えるようにすると、少ない量でもちゃんと味がつきます。

お肉やお魚を調理するときも調味料のカロリーまでは計算していませんが、甘みを加えたいときにはお砂糖代わりにラカントを使っています。あとはなるべく薄味に仕上げることや、できるだけ脂を落とせる方法で調理することを意識しているくらいですね。
ブラックペッパーやスパイス、香味野菜などをたっぷり使うと、薄味でも満足感のある味になりますよ♪

Q:有酸素運動が苦手なのですが、家での筋トレとカロリー制限だけでやせるのは難しいですか?

A:どこかのタイミングでは有酸素運動が必要になると思います。

今の体重やBMIにもよりますが、体脂肪率が高く、今までまったくダイエットの習慣がなかった人であれば、カロリー制限と筋トレだけでもある程度やせられると思います。
BMIが19くらいになると、有酸素運動を取り入れないとそれだけでやせるのはちょっと難しいかもしれないですね。
いずれにしても、有酸素運動はどこかのタイミングで必要になると思うので、ダイエット目的ではなく楽しみながらできる運動方法を見つけてみてください♪

次回からは新たなダイエッターさんが登場!

ayakaさんのダイエット連載は今回が最終回となります。ayakaさんのように、楽しみながらずっと続けられるダイエット方法を見つけることがリバウンドしない秘訣なのかもしれませんね。
次回からは、新たなダイエッターさんの連載がスタートします。引き続きお楽しみに♪

※体験記やダイエット方法はayakaさん個人の経験と見解によるものです。自分で試す場合には自分に合うものか、注意して行なってください。体に合わない場合は無理に行なわず、すぐ中止するようにしてください。

ayakaさんのダイエット連載 アーカイブはこちら

ダイエッターたちのリアルなダイエットの過程をお届けするダイエット実録連載。今回からは、「万年ダイエッター」から本気のダイエットを決意し-8kgを実現して以来、なんと3年間リバウンドなしの「ダイエット成功者」となったayakaさんのエピソードをお届け!第1回は本気のダイエットを決意したきっかけをお話いただきました。

万年ダイエッターを卒業すべく、本気のダイエットを決意した現役看護師のayakaさん。鏡に映った水着姿を見てダイエットを決意してからまず最初にどんなことをしたのか、今回はダイエットのスタート期のお話をうかがいました。

ダイエットの第一関門である「やせ期」をクリアしたら、次の課題となるのはその体重を維持すること。やせたからといってもとの生活に戻した結果、体重が逆戻り…という経験は誰しもあるのではないでしょうか。3年リバウンドなしの看護師ダイエッターayakaさんに、維持期に入ってからの具体的なお話を伺いました。

一時的に体重を落とすことに成功しても、その体重をずっとキープし続けるのは大変ですよね。今回のダイエット連載は、3年間リバウンドなしの看護師ダイエッターayakaさんに、ダイエットを継続するためのコツについて伺いました。リバウンドしないダイエットのポイントが詰まっているので、必読です♡

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

美容の記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。