『note』って聞いたことある?
あいすあいす

話題の『note』を私も始めたい!注目のメディアプラットフォームのあれこれ&活用術

誰でも自由に文章やマンガ、写真、音声などを発信できるメディアプラットフォーム『note(ノート)』をご存知ですか?今、老若男女を問わず、幅広い世代から注目を集めているんだとか。この記事では、そんな『note』の基本的な情報や、オススメの活用法をご紹介します。新しい価値観に出合ったり、視野を広げるきっかけになるかも♡

更新 2021.06.17 公開日 2020.06.21

『note』って聞いたことある?

「note更新しました!暇な人はぜひ読んでください!」
Instagramのストーリーズで、こんな言葉を見かけた経験のある人も多いのではないでしょうか?

“note”とは一体なんのでしょうか?

あなたも始めてみたくなるかも!

ずばり、『note(ノート)』とは、誰でも自由に情報を発信できるメディアプラットフォームです。

この記事では、そんな『note』に関する情報や、今から使い始めてみたい人に向けたオススメの活用法をご紹介します。

『note』を使って、もっと毎日を充実させちゃいましょう。

『note』って何だろう?

『note』って何だろう?OZmall

まずは、『note』の基本的な情報から整理していきましょう。

『note』では、プロはもちろん、誰でもクリエイターになることができます。
文章の他にも、マンガ、写真、音声なども投稿できるんだとか。

つくった作品(記事)は、無料で公開することも、販売することも可能です。

だれもが創作を楽しめる環境

だれもが創作を楽しめる環境PAL CLOSET ONLINE STORE

ユーザーは、そのコンテンツを楽しんで応援できる、というメディアプラットフォームです。
だれもが創作を楽しんで続けられるよう、安心できる雰囲気や多様性を大切にしているそう♡

何かを発信するのが初めての人でも、挑戦しやすいのが嬉しいですね。

noteは、クリエイターが文章やマンガ、写真、音声を投稿することができ、ユーザーはそのコンテンツを楽しんで応援できるメディアプラットフォームです。

だれもが創作を楽しんで続けられるよう、安心できる雰囲気や、多様性を大切にしています。

出典 note.com

選べる5つの投稿形式

選べる5つの投稿形式BASE

投稿の形式は、全部で5つ。

・テキスト
・画像
・つぶやき
・音声
・動画
の投稿形式で記事をつくることができます。

発信したいものに合わせて、自分にぴったりの投稿形式を選べそうです。

『note』のここがイイんです♡

視覚的にキレイな投稿ができちゃう

視覚的にキレイな投稿ができちゃうPinkoi

では、『note』のどんなところがユーザーから支持を集めているのでしょうか?
ここでは、二つに絞ってご紹介します。

一つ目は、美しくスッキリとしたデザインです。

『note』の元々のフォーマットに従うだけで、誰でも簡単に、キレイにまとまった投稿をすることができます。

無料ですぐ始められる

二点目は、アカウントを作成したらすぐに記事を書ける点です。

また、特にお金がかからないのも安心ですね。
興味を持ったらすぐに始められる、この手軽さも人気の秘訣の一つのようです。

私も始めてみたいかも

私も始めてみたいかもBASE

「自分も『note』で記事をつくってみたい!」という気持ちになってきた人もいるかも。

ここからは、『note』に投稿するのにオススメのコンテンツを提案します。

1|自分の考えを発信

ラフに日記を書いてみよう

ラフに日記を書いてみようBASE

まず一つ目は、自分が何気なく考えていることを発信してみることです。
例えば、「日記」として活用するのはいかが?

一人で書いていると、少しめんどくさくなってしまうこともある日記。

しかし、読んでくれる人の存在が、書き続けるモチベーションになるという人もいるみたい。

特定のテーマに絞るのも◎

特定のテーマに絞るのも◎BASE

日々の何気ない出来事を綴るのはもちろん、何かトピックを決めて更新していくのもいいかも。

恋愛に関することや、社会問題への自分の意見なども良いでしょう。

後で読み返した時に、思い出深いものになったり、過去の自分にハッとさせられたりしそうです。

友達は知らないから、書けることも?

友達は知らないから、書けることも?BASE

あえて、『note』をやっていることを友達などには内緒にしておくもの一つの方法です。

知り合いに読まれたら、ちょっぴり気恥ずかしい内容を赤裸々に綴ってみるのも楽しそうですね。

2|あなたのスキを発信

みんなに知ってもらいたい穴場を

みんなに知ってもらいたい穴場をBASE

オススメしたいスポットやお店などを紹介するのも良いでしょう。

あなたの趣味とぴったりマッチする読者さんがいるかもしれませんよ♡

※写真を投稿する際は、お店に撮影許可を取る、自分が撮影したものを使うなどのルールを守りましょう。

映画や本のレビューにも

映画や本、マンガ、ドラマなどの感想を残しておくのも素敵ですね。

とっておきの作品に出合うと、感想を熱く語りたくなってしまうもの。

「フォロワーは別に興味が無かったらどうしよう」「字数制限があって書ききれない」などの悩みを感じることなく、自由に発信できますよ。

オリジナルストーリーを書いてみる?

自分の大好きな世界観をぎゅっと詰め込んだような、オリジナルの物語を書いてみるのもいいかも。

自分の作品をつくるなんて、何だかドキドキしてきそうですね♡
文章はもちろん、マンガや動画などの形式もアリですよ。

あなたも『note』デビューしてみる?

あなたも『note』デビューしてみる?BASE

今、老若男女を問わず幅広い層から注目を集めている『note』。

あなたらしさを存分に活かした、素敵な投稿を始めてみませんか?
新しい価値観に出合ったり、視野を広げるきっかけになるかもしれません。

spacer

RELATED