色気のある大人フェミニンなら無双。着膨れせず骨格ストレートに似合う一軍トップス

「着膨れしやすい」なんて言われがちな骨格ストレート。確かに上半身に厚みがあるため着膨れはしやすいかもしれませんが、骨格の特徴を理解して上手にトップスを選ぶと色気のある大人っぽい雰囲気を演出できるのです。胸元が大きく開いたVネックやウエストマーク、フィットするサイズ感や生地のハリ感などを意識して、似合うものを探してみて。

‘似合うもの’があまり好きじゃなくて

‘似合うもの’があまり好きじゃなくて

出典: snapmart.jp

可愛らしいフリルがついていて、ふわっとした広がる素材で、いかにも女性らしい服
──そんな服が私にはあまり似合わないみたいだ。

色々調べてみると、どうやら「骨格」が影響しているみたい。生まれつきの骨格は、ダイエットでも変えられるものじゃない。

諦めるしかないのかな……なんて。

華やかな骨格ストレートの特徴

華やかな骨格ストレートの特徴

出典: 17kg.shop

□ バストの位置が高い
□ 胸板や肋骨に厚みがある
□ 腰の位置が高め

などの特徴がよく挙げられる骨格ストレート。

一般的に「シンプルでシャープな服装が似合う」と言われることが多いですが、いかにも女性らしい服装が好きな方はそのギャップに悩むこともあるのでは。

全体的に立体感があり、筋肉も感じさせるメリハリボディでどちからというと上重心。 肌に弾力とハリがあるのも特徴。

出典:baycrews.jp

巷では骨格ストレートは「着膨れしやすい」や「ガーリーな服が似合わなくて事故が起きやすい」なんて言われがち。

確かに上半身に厚みがある分、着膨れはしやすいのかもしれませんが、「裸が一番似合う」なんて言われることもあるようにとても華やかで女性らしいタイプなのです。

「女性らしい」の発想を変えてみる

「女性らしい」の発想を変えてみる

出典: 17kg.shop

そこで「女性らしい」の視点を変えてみて
「ふわふわ可憐な可愛らしいスタイル」
        ↓
「大人の女性らしい色気があるスタイル」
と発想をチェンジしてみるのはいかがでしょうか。

考え方を変えることで、自分の‘好き’と‘似合う’が両立した服選びがしやすくなるかもしれません。

[ネックライン]大きく開いてるもの

[ネックライン]大きく開いてるもの

出典: 17kg.shop

上半身に厚みがある骨格ストレートさんには、すっきりと襟ぐりが開いた服の方が似合う傾向に。
一般的には、Vネックなどが似合うと言われています。

ボウタイブラウスなど、首まわりにボリュームが出るトップスは上半身の厚みを際立たせてしまう可能性があるため、避けた方が無難かも。

上半身にボリュームがあるので、首回りをすっきりさせるがよい。ネックラインは開いたものが◎

出典:www.nissen.co.jp

Vネックの他に、このようなスクエアネックなどもすっきりしていておすすめです。

ただネックラインの開きが大きければ大きいほどいいというわけでもないようです。オフショルダーなど肩を丸々見せるスタイルは、首から肩にかけての丸いラインを強調してしまい、着膨れして見える可能性が。

それでもハイネックを着たい時は

それでもハイネックを着たい時は

それでも、ハイネックを着たい日だってありますよね。

そんな時はメリハリのあるボディを邪魔しないような、フィットするアイテムを選んでみて。
サイズ感を上手に味方につければ、ハイネックアイテムだって綺麗に着こなせるかも。

[お腹]ウエストマークがあるもの

[お腹]ウエストマークがあるもの

出典: 17kg.shop

メリハリのある女性らしさが特徴的な骨格ストレートさんは、これを活用しないわけにはいきません。

腰の位置が高めだからこそ、くびれ部分にウエストマークをすると脚をスラッと長く見せられるかも。
ベルトなどの小物を活用して、ぜひウエストマークをしてみてください。

高すぎる位置で切り替えないように

高すぎる位置で切り替えないように

ここで注意したいのが、マークする部分を高すぎる位置にしないということ。バストのすぐ下に切り替えがあるような服も要注意です。

せっかくメリハリをつけるためにマークするのに、厚みのあるバスト部分で絞っては着膨れして見えるかも。

写真のように、くびれの部分でキュッとウエストマークをする方がより細見えを叶えられそうです。

[肩・二の腕]すっきりフィットしたもの

[肩・二の腕]すっきりフィットしたもの

出典: www.beepsheepshamp.com

体のラインを拾うようなサイズがしっくりくるかもしれません。あまり華美な装飾をつけずに、元々の体のラインで勝負する方が骨格ストレートさんは得意かも。

肩幅では、ゆったりサイズの肩落ちしているデザインよりも、ちょうど合うサイズの方がおすすめ。

骨格ストレートさんは、ジャストサイズのものを選ぶと、体のラインをきれいに拾ってくれるのでおすすめです。

出典:folk-media.com

二の腕は、写真のようなパフスリーブだと骨格ストレートさんは着膨れして見えてしまうかも。

二の腕の肉感があるのも骨格ストレートの特徴なので、それを際立たせてしまうようなデザインは避けた方がベター。すっきりして見えるようにジャストサイズを選んでみると似合うかも。

試着する時に気をつけたいこと

試着する時に気をつけたいこと

「着た瞬間は似合うように見えたのに、いざ動いてみるとそうでもない……?」という感覚に陥ってしまう理由は、服の胸囲にあるかもしれません。

試着する時は、腕をあげてみて。
服の胸囲を確認することができます。

腕をあげても胸の横部分がフィットする、ジャストサイズのものを選ぶように意識してみて。

[生地]肉感を拾いにくいもの

[生地]肉感を拾いにくいもの

出典: 17kg.shop

素材や生地としては、肉感を拾いにくいものが骨格ストレートさんに似合うかもしれません。

肉感を拾いやすいものを着て気になった時には、上から骨格ストレートさんが得意とするジャケットなどを羽織って上手にバランスをとってみて。

ハリ感のある素材が得意

ハリ感のある素材が得意

出典: www.beepsheepshamp.com

他にも、ハリ感のある素材がおすすめ。
ハリ感のある素材の服は、綺麗できっちりした印象を演出できるため、フォーマルな場でも大活躍。

シルエットや素材などを総合的に考慮して、自分に似合うか否かじっくり検討してみて。

自分の骨格を好きになれそう

自分の骨格を好きになれそう

出典: unsplash.com

骨格タイプを理由に、自分の‘好きなもの’を諦めないで。

骨格ストレートさんには、骨格ストレートの強みがあるはずだから。自分に似合うものと両立するものを、少しずつ探していこう。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ファッションの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。