「文字を拾う」作業に一目惚れ。原点に帰りたくなる、レトロで美しい活版印刷

活版印刷は、活字を拾って並べた組板に塗料を塗って印刷するという手法で作られたものです。印刷された部分の凹凸にロマンを感じます。今回は、そんな今こそ知りたい活版印刷の魅力をご紹介。活版印刷で作られたグッズや活版印刷に挑戦できる『大人の科学マガジン』、活版印刷所をテーマにした本の『活版印刷三日月堂』なども紹介します。

「文字を拾って」文章を綴る

「文字を拾って」文章を綴る

出典: snapmart.jp

プリンターが自動的に文字を刷ってくれる。
「印刷」について、私たちの多くがイメージするのはそういうものではないでしょうか。

でも、プリンターが今のように普及していなかった時代。
印刷は、一つ一つ「文字を拾って」行われていました。

「活版印刷」で作られた印刷物は、文字や絵の部分に独特のカスレや凹凸が見られることも。
1つずつ拾われた文字でできた印刷物は、印刷という行為自体が尊く、とても美しく思えるのです。

今回は、そんな活版印刷の魅力についてご紹介します。

活版印刷って?

活版印刷って?

出典: snapmart.jp

そもそも、活版印刷とは、活字を並べた「活字組版」というものに、塗料を塗り、印刷をするという方法です。

活字自体は東洋で生まれたいいますが、さらに時を経て14世紀にグーテンベルクが活版印刷技術を発明したといわれています。

出典: shutterstock

文字を並べて文章を紡ぐという手法が、コピー機などでのプリントが浸透した現在でも、ロマンのあるレトロな印刷手法として人気があるんです。

東京都文京区にある『印刷美術館』では、印刷の歴史がわかるだけでなく、活版印刷を体験するコーナーがあったりします。

※現在休館中、10月上旬〜中旬にリニューアル開館予定

印刷博物館

活版印刷の美しいグッズを教えて

OEDA-LETTER'S GALLERY

OEDA-LETTER'S GALLERY

活版印刷について知ることができたら、実際に手に取りたくなったのではないでしょうか。
ここからは、活版印刷が美しいグッズを紹介します。

まずは、『OEDA-LETTER'S GALLERY』さんの作品。
こちらのスリムタイプの領収書の印刷面が活版印刷でできています。
領収書といえば転写式のものが一般的ですが、こちらは手書きのものになります。

ステッカーも活版印刷でデザインされています。
活版印刷の味が生きる、シンプルなデザインがとっても魅力的ですね。
手帳のアレンジなどにもぴったりです。

『OEDA-LETTER'S GALLERY』さんの他の作品やプロフィールはこちら↓

詳しくはこちら

mammaru shop

mammaru shop

次に紹介するのは、『mammaru shop』さん。
こちらの数字絵暦カレンダーはイラストレーター 坂本ヒメミさんのイラストを活版印刷で表現しています。

数字が美しく並べられている様子を見るだけでも、うっとりとしてしまいますね。

手で触ってもわかる凹凸のある質感が、活版印刷の魅力の一つですね。
ずっと大切にしたくなる丁寧な作りの虜になること間違いなしです。

『mammaru shop』さんの他の作品やプロフィールはこちら↓

詳しくはこちら

BAYLETTERPRESS

BAYLETTERPRESS

こちらは『BAYLETTERPRESS』さん。
小さなカードに「Thank you」の文字が可愛らしいですね。

プレゼントのタグとして取り付けると素敵ですね。
温もりを感じます。

こちらは文字だけのシンプルなデザインだからこそ、活版印刷の凹凸のポコポコとした質感をしっかりと感じることができますね。
ぜひ、注目してみてください。

『BAYLETTERPRESS』さんの他の作品やプロフィールはこちら↓

詳しくはこちら

活版印刷に挑戦してみよう

活版印刷に挑戦してみよう

出典: www.amazon.co.jp

さて、活版印刷のグッズを見ていたら、自分も挑戦したくなってきませんか?

『大人の科学マガジン』シリーズでは、小さな活版印刷機を組み立てて、印刷が体験できる本があるんです。
一文字ずつ文字を並べて、メッセージを作ってみてください。

小さな活版印刷機

商品

小さな活版印刷機

¥3,850

編集:大人の科学マガジン編集部
出版社:学研プラス

付属のコットンペーパーや名刺、紙の小物も印刷することができる活版印刷機。
あなたはどんな言葉を紡ぎますか?

活版印刷をテーマにした本

活版印刷をテーマにした本

出典: shutterstock

最後に、活版印刷をテーマにした本を紹介します。

『活版印刷三日月堂』は、小さな活版印刷所「三日月堂」を舞台に、お客さんを通してそれぞれのストーリーを描き出す作品です。
活版印刷のことがわかっていると、きっと物語をもっと楽しく読むことができるはずですよ。

活版印刷三日月堂

商品

活版印刷三日月堂

¥748

著者:ほしお さなえ
出版社:ポプラ社

活版印刷屋を営む店主の弓子とお客さんの交流を描いた作品。
シリーズ本なので、他の巻もチェックです。

文字を並べる魅力の虜に

文字を並べる魅力の虜に

出典: shutterstock

活字を拾って並べて…。
今だから知りたい、活版印刷の魅力を紹介しました。
大切な人へ、文章を紡いでみてください。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。