『家庭用脱毛器』って実際どうなの?メリット&デメリットやおすすめをCHECK

今回は、気になる『家庭用脱毛器』をフィーチャー。好きな時間にできる・経済的な負担が少ないなどのメリットに、効果は低め・手間がかかるなどのデメリット、おすすめの3つの脱毛器、脱毛器を使う前の注意点などをご紹介しています。ぜひ自分に合った脱毛方法を選んで、つるすべ肌をキープしてみてくださいね♡

脱毛を始めたいけど…

脱毛を始めたいけど…

出典: 17kg.shop

頻繫に毛を剃るのって正直面倒。
脱毛を始めてムダ毛のないツルツルなお肌を手に入れたい~!

医療・エステ脱毛が一般的な中、最近よく耳にするのが『家庭用脱毛器』。

セルフで脱毛ができるアイテム・家庭用脱毛器を使ってみたいけど実際どうなのかな…。

今回は、そんな家庭用脱毛器のメリット・デメリットからおすすめ商品、使用前に気をつけたいことをご紹介します。

:家庭用脱毛器のメリット:

好きな時間にできる

好きな時間にできる

出典: unsplash.com

家庭用脱毛器のメリットはなんといっても、好きな時間にできるところ。

病院やエステは決められた日時に通うことが必須ですが、家庭用脱毛器を使えばその必要もありません◎

忙しい生活の中に脱毛を取り入れたいという人におすすめです。

経済的な負担が少ない

経済的な負担が少ない

出典: unsplash.com

病院やサロンでの脱毛は全身で数十万程度かかるのが一般的。

その一方で家庭用脱毛器は十万円以下で手に入るものが多いので経済的といえるでしょう。

恥ずかしくない

恥ずかしくない

家庭用脱毛器なら、他の人にムダ毛やデリケートな部分を見られる心配がありません。

他の人に見られることに抵抗がある人におすすめです。

痛みが少なくて済む

痛みが少なくて済む

出典: 17kg.shop

一般的に家庭用脱毛器の照射力は、病院やエステで使う脱毛器よりも弱いため、痛みを感じにくいのだそう。

脱毛による痛みをできるだけ抑えたい人におすすめです。

:家庭用脱毛器のデメリット:

病院・サロンに比べると効果は低め

病院・サロンに比べると効果は低め

病院・エステで使う脱毛器に比べて照射力が低い分、効果は劣ってしまいます。

産毛のような細い毛には効果を感じにくい場合があるのだとか。

手間がかかる

手間がかかる

出典: unsplash.com

自分でやらなければならないので、どうしても手間がかかってしまうのがデメリット。

効果を感じるためには継続して使う必要があるため、面倒に感じる人もかもしれません。

自分では照射しにくい部分も

自分では照射しにくい部分も

背中など、自分では見えにくい所や手の届かない所への照射は難しいもの。

そのため家族などに手伝ってもらう必要がある場合もあります。

:おすすめ家庭用脱毛器:

KE-NON 脱毛器 まゆ毛脱毛器付

商品

KE-NON 脱毛器 まゆ毛脱毛器付

¥69,800

:エムテック
日本国内で約80万台も受注されている人気の家庭用脱毛器。

照射範囲が広く、照射していくのが楽ちんなんだそう。
300万発とショット数が多く、コスパが高いのが特徴的です。

ブラウン シルクエキスパート pro5

商品

ブラウン シルクエキスパート pro5

¥67,800

:ブラウン
こちらの商品は、脱毛サロンと同じIPL脱毛を採用しているのがポイント。

肌の色を読み取り、自動で適切な照射レベルに設定してくれるという機能もついていて、安全かつ効率的に脱毛することができますよ。

レイボーテ Rフラッシュ ハイパー

商品

レイボーテ Rフラッシュ ハイパー

¥97,900

:ヤーマン
全身ケアが最短3分と、スピーディーに脱毛できるこちらの脱毛器。

美肌LEDヘッドが搭載されていて、美顔器としての機能も兼ね備えているんだとか◎

:使用前の注意:

1~2日前に毛を簡単に処理しておこう

1~2日前に毛を簡単に処理しておこう

家庭用脱毛器の多くは、黒い部分に反応して光を照射します。

まったくの未処理だと効果を感じにくくなるので、1,2日前に毛を剃っておいて、ほんの少しだけ毛が生えている状態にすると良いでしょう◎

日焼けや乾燥に気を付けよう

日焼けや乾燥に気を付けよう

ダメージを受けた状態の肌に脱毛器を使うのはNG。

脱毛器使用前は日焼けや乾燥に気をつけて、ベストな肌の状態に整えておきましょう◎

つるすべ肌をkeep~♡

つるすべ肌をkeep~♡

家庭用脱毛器にはメリット・デメリットがあるので、自分のライフスタイルや肌状態などをよく考えて試してみてくださいね。

自分に合った脱毛方法でつるすべ肌をキープできれば、ファッションや美容をもっと楽しめそうです♡

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

美容の記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。