気になる寸胴ボディにGood-bye。くびれを作るエクササイズで体にメリハリを

くびれのない寸胴ボディから卒業したいと思っている人は多いのでは?そこで今回は、くびれを作る簡単エクササイズを紹介していきます。くびれができない原因から体幹を鍛えるエクササイズ、呼吸法を意識する、横足パカ、くびれの敵になるNG習慣までをまとめました。今年こそメリハリのある引き締まった体に仕上げちゃいましょう。

メリハリのある体に憧れてるんです

メリハリのある体に憧れてるんです

出典: unsplash.com

タイトな服や水着を着た時に目立つ体形。
くびれのあるメリハリボディは女性らしく色気があって憧れるんだけど、寸胴ボディの私にはかなり程遠い世界。

できれば、今年こそはくびれを作りたいんです!

そこで今回は、くびれを作る簡単エクササイズを紹介。

ちょっと甘やかしちゃった寸胴ボディをエクササイズで卒業しちゃいませんか?

▷くびれができない原因は?

▷くびれができない原因は?

出典: snapmart.jp

お腹に脂肪がつく最大の原因は食べ過ぎや運動不足です。
その改善はもちろん必要ですが、それ以外に原因があるかもしれないのでチェックしていきましょう。

骨盤の歪みによるもの

骨盤の歪みによるもの

出典: unsplash.com

くびれがないのは骨盤の歪みが関係してくることもあるそうです。
骨盤が歪んでいると腹筋が効果的に使われず、脂肪がつきやすくなり、寸胴ボディへつながっていきかねないそう。

骨盤は、人の体の土台ともいえる大切な基盤です。この部分が歪んでいると、腹筋が効果的に使われないために、お腹や腰回りに脂肪がつきやすくなります。その結果、くびれがないということになりかねません。

出典:www.miss-paris.co.jp

骨格によるもの

骨格によるもの

出典: unsplash.com

骨格も原因の一つかも。
くびれは肋骨と骨盤の位置関係で、くびれができやすい体形と、できにくい体形があるんだとか。

特にくびれの有無に関係するのが、肋骨と骨盤の本来の位置関係です。くびれができやすい体型は、肋骨と骨盤の位置関係が広く、一方でくびれができにくい人は、遺伝的に肋骨と骨盤の距離が狭い場合が多く見られます。

出典:myrevo.jp

運動不足や筋力不足によるもの

運動不足や筋力不足によるもの

運動不足や筋力不足もくびれができない原因です。
筋肉量が少ないと体に脂肪がつきやすく、くびれのあるメリハリボディからはかけ離れてしまうんだそう。

運動をほとんどしない人や、もともとの筋肉量が少ない人も、くびれができにくい傾向にあります。そういう人は、体に脂肪がつきやすくなるため、くびれができにくいのです。

出典:www.miss-paris.co.jp

▷体幹を鍛えるエクササイズを実践

01|体幹を鍛える

01|体幹を鍛える

出典: shutterstock

体幹を鍛えるエクササイズで筋肉をつけることは、くびれのある体作りの基本になります。
まずは、体幹トレーニングのおなじみのプランクで体幹を鍛えていきます。

<How to:プランク>
①床にうつ伏せになる
②肩の真下に肘をついて前腕を床につける
③腕と爪先で体を支えて腰を浮かす
④頭からかかとを一直線に30秒キープする

お腹が落ちたり、お尻が上がったりしないように注意しながらキープするようにしましょう。
慣れてきたらキープする時間を延ばしてみたり、回数を増やしたりしてみて。

▷お気に入りのヨガマットでトレーニングを

ヨガマット

商品

ヨガマット

¥6,600

▷Yoga Design Lab(ヨガデザインラボ)

高品質な生分解性の天然ゴムを使ったヨガマット。
バリ島よりインスピレーションを受けた美しいデザインが魅力の一つです。

02|呼吸法を意識する

02|呼吸法を意識する

出典: unsplash.com

深い呼吸を意識的に行うことも大切。
人は1日に約2万回の呼吸をしているそうで、呼吸を意識することで日常生活やトレーニングの質も変わってくるかも。

通勤時やデスクワーク中などでも実践できるので、生活に取り入れてみるのがおすすめです◎

1.口から息を吐ききる
体の中の空気を全て外に出します。お腹を薄くペタンコにするイメージで、口から息を吐き切ります。

2.鼻から息を吸う
お腹に空気を入れるのではなく、肺に空気を入れるよう(肋骨を広げるように)意識しながら、鼻から息を吸う。おへそを盾に伸ばすイメージ。内臓を上へ上へと持ち上げます!

3.口から息を吐く
肋骨を寄せながら、お腹を薄くするよう意識する。手を添えながら行うと、変化を感じやすい。

4.2~3を10回繰り返す
薄くなったお腹をキープしながら行うことで、効果アップが狙えます。

出典:www.bodies.jp

▷リラックスできる空間を作ってみない?

CANDLE SPIRITUAL

ZOZOTOWN

商品

CANDLE SPIRITUAL

¥6,380

APOTHIA(アポーシア)

天然大豆に独自のオーガニック原料をブレンドし、アロマオイルを配合したキャンドル。
爽やかな香りでゆったりとした時間を楽むことができそう。

03|横足パカでウエスト周りをすっきり

03|横足パカでウエスト周りをすっきり

出典: shutterstock

横向きの姿勢で行う横足パカでウエスト周りを引き締めていきましょう。

<How to:横足パカ>
①右肘をついて横向きになり、両脚を伸ばす
②左足を上に高く持ち上げる
③3秒キープしたら、床ギリギリの位置まで下ろす
④これを左右30回ずつ行う

床に対して身体を垂直に保つことを意識しながら、ウエスト周りを鍛えましょう。

▷エクササイズバンドを使うとよりgood

エクササイズバンド

商品

エクササイズバンド

¥1,699

▷OMERIL

足パカの際に足首にかけられるエクササイズバンド。
異なる強度が5つあり、各色にレベルが印字されています。
天然ラテックス素材なので、伸縮性と柔軟性、耐久性の高さが魅力です。

▷くびれの敵になるNG習慣もチェック

猫背になっている

猫背になっている

出典: unsplash.com

最後は、くびれができないNG習慣もチェックしましょう。

くびれができない原因の一つにもなる骨盤の歪みは姿勢が大きく関係しています。
猫背になると骨盤が後ろに傾くため、腹筋を使わなくなり、脂肪がつきやすいそう。
猫背の人は、姿勢改善も大事ですよ。

座る時に脚を組むクセがある

座る時に脚を組むクセがある

出典: unsplash.com

脚を組むことで骨盤が歪みやすくなることも。
また、左右の筋肉のバランスが悪くなって、お尻の形が崩れる原因の一つにもなるそう。

脚を組む癖がある人はくびれのためにも改善するようにしましょう。

内臓が冷えやすい生活を送っている

内臓が冷えやすい生活を送っている

出典: unsplash.com

内臓を冷やす習慣もNG。
内臓が冷えてしまうと代謝が低下し、脂肪がつきやすくなるそう。

冷たい飲み物をたくさん飲むことも内臓を冷やす原因になるので気をつけましょう。

寸胴ボディにGood-byeよ

寸胴ボディにGood-byeよ

メリハリのない寸胴ボディをこれで卒業。
簡単エクササイズを実践して、憧れの引き締まった体を目指しちゃいましょう〜!

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

美容の記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。