なんで日焼けで肌が赤くなるの?原因&アフターケア方法を知ってバッチリ対策を

日差しの強い夏は日焼けで肌が赤くなってしまうこともしばしば。そこで今回は、肌が赤くなってしまう原因から肌が赤くなった時のケア方法、マスクや保湿クリームなどのおすすめのアフターケアアイテム、顔とボディの日焼け止めの使い方までを紹介。今年の夏こそはバッチリ対策をして、肌へのダメージを軽減しましょう。

毎年、ヒリヒリと赤くなっちゃうんです

毎年、ヒリヒリと赤くなっちゃうんです

出典: unsplash.com

日差しが強くなる夏。
紫外線対策として日焼け止めは塗っているんだけど、毎年赤くなってしまう肌。
ひどい時はヒリヒリとすることもあったり。

出典: snapmart.jp

そこで今回は、日焼けで肌が赤くなってしまう原因から赤くなった時のケア方法とアイテム、日焼け止めの使い方までを紹介。

しっかりと対策をして肌へのダメージを軽減しちゃいましょう!

Q:どうして日焼けで肌が赤くなるの?

A:やけどのような炎症が起こるのが原因

A:やけどのような炎症が起こるのが原因

出典: snapmart.jp

まずは、日焼けで肌が赤くなってしまう原因を紹介。

日焼けで肌が赤くなるのはやけどのような炎症が起こっているのが原因の一つ。
ヒリヒリとするのも肌がやけどのような状態になっているために起こるそう。

日焼けには、皮膚が炎症を起こして赤くなる「サンバーン(やけどの状態)」と、そのあとに黒くなる「サンタン(メラニン色素の増加)」があります。紫外線は波長によって「UVA」「UVB」「UVC」の3種類があり、その中でも「サンバーン」を引き起こすのはUVBです。UVBは肌の奥深くまでは届かないものの、表皮に影響を与えます。そのため、UVBが肌の表皮に当たると、赤くやけどのような炎症が起こるのです。

出典:woman.mynavi.jp

A:肌の反応はメラニン色素の量による

A:肌の反応はメラニン色素の量による

出典: unsplash.com

また、日焼けをすると肌が赤くなる人もいれば、黒くなる人も。
日焼けによる肌の反応の違いはメラニンの種類や量によって変わってくるそう。

肌が赤くなるタイプの人はもともとメラニン量が少ない人が多いみたいですよ。

「人に存在するメラニンは黒色のユーメラニンと黄色のフェオメラニンの2種類で、その比率により髪や皮膚の色に差が出ます。日焼け後の肌色の違いは、持っているメラニンの種類と作られるメラニンの量と大きさによるものです」
日焼け後に、黒色のユーメラニンが多く作られる人ほど肌が黒くなりやすい傾向に!

出典:www.biteki.com

How to:肌が赤くなった時のケア方法

火照りが落ちつくまで冷やして鎮静させる

火照りが落ちつくまで冷やして鎮静させる

出典: snapmart.jp

続いては、肌が赤くなった時のケア方法を紹介。

赤くなった肌はやけどのような状態になっているため、火照りが落ちつくまで冷やして鎮静させることが大切。
冷たい氷水で濡らしたタオルや保冷剤を巻いたタオルでクールダウンをしましょう。

また、日焼けの範囲が広い時は冷たいシャワーを浴びるのもいいみたい。

低刺激性の保湿剤で肌を保湿する

低刺激性の保湿剤で肌を保湿する

肌をクールダウンさせたら肌をしっかりと保湿しましょう。
すぐに肌を保湿してあげると、日焼け後の痛みやかゆみを和らげることができるそうなので忘れずに。

また、日焼けした肌はダメージを受けている状態なので、低刺激処方のものを使うのがおすすめです。

痛い場合は皮膚科を受診する

痛い場合は皮膚科を受診する

出典: shutterstock

もし、クールダウンをしても肌の痛みやかゆみが引かなかったり、水ぶくれができてしまったりした場合はすぐに皮膚科を受診するようにしましょう。

また、市販の薬を使っても炎症が治らない場合も皮膚科の受診をおすすめします。

肌が落ち着いたらシミケアも

肌が落ち着いたらシミケアも

出典: unsplash.com

肌が鎮静されたらシミケアをするのも忘れずに。
紫外線を浴びることによって肌の奥でシミのもととなるメラニンの生成が行われるため、日焼け後のケアはとっても重要なんです。

有効成分が配合されているスキンケアアイテムを使ったりすることで、メラニンの定着を抑えましょう。

シミのもととなるメラニンは、紫外線を浴びることによって肌の奥で生成が始まり、約3日程度で定着し始めると言われています。

出典:www.shiseido.co.jp

肌のターンオーバーのために睡眠時間も確保

肌のターンオーバーのために睡眠時間も確保

シミをつくらないためには睡眠も大切。
しっかり栄養を摂取しつつ、睡眠時間を確保することで肌のターンオーバーを促すことができるそう。

紫外線を浴びた日はいつも以上にしっかりと睡眠を取ることも大事なアフターケアなんです。

▷おすすめのアフターケアアイテム

紫外線ダメージをケアするマスク

薬用ホワイトニングフェイシャルマスクEX

商品

薬用ホワイトニングフェイシャルマスクEX

¥1,694

▷トランシーノ
【医薬部外品】

紫外線ダメージを受けた肌に潤いなどの集中ケアしてくれるマスク。
2つの有効成分配合で、しっかりとアプローチをしてくれるそうですよ。

デリケートな肌を健やかにしてくれるマスク

レッドB・C クールスムージングマスク

商品

レッドB・C クールスムージングマスク

¥330

▷Dr.G(ドクタージー)

5種類のシカ成分が配合されたマスク。
デリケートな肌を健やかにしつつツヤを与えてくれるアイテムで、ひんやりしたエッセンスなのでクールダウンにもぴったりなんです。

しっとりと肌を保湿するスージングジェル

アロエベラ92%スージングジェル

商品

アロエベラ92%スージングジェル

¥900

▷NATURE REPUBLIC(ネイチャー リパブリック)

肌の鎮静と保湿効果の高いアロエが配合されたスージングジェル。
べたつくことなく肌に水分を与えてしっとりとさせてくれます。

ヒリヒリ肌をケアしてくれる保湿ジェル

オーガニックジェル

商品

オーガニックジェル

¥2,200

▷AROMATICA(アロマティカ)

紫外線によるダメージを受けたヒリヒリ肌をケアしてくれる保湿ジェル。
軽やかなつけ心地なのに肌にしっかりと潤いを与えてくれるそう。

日焼け後にも使える全身用の化粧水

顔・からだ用化粧水

商品

顔・からだ用化粧水

¥3,740

▷福美水

顔だけでなく全身にも使える化粧水。
植物エキスを主成分に配合。うるおいのある肌に導いてくれます。
日焼け後にも使用できるそう。

+α:日焼け止めの使い方とおすすめItems

顔は指全体を使って顔の隅々まで塗る

顔は指全体を使って顔の隅々まで塗る

出典: shutterstock

最後に、日焼け対策に必須のアイテム「日焼け止め」の使い方とおすすめのアイテムを紹介。

<How to:顔への使い方>
①規定の使用量の日焼け止めを手のひらに取る
②両ほお・鼻・額・あごの5点に日焼け止めをおく
③指全体を使って顔の隅々まで丁寧に塗る

+α 顔に塗る時は一緒に首にも日焼け止めを塗るのがおすすめです。

ボディへの使い方

ボディへの使い方

出典: www.pexels.com

<How to:ボディへの使い方>

①日焼け止めの容器を直接、肌へ線状に出す
②手のひら全体を使って、ムラにならないように広げていく

ボディへ塗る時は日焼け止めの層が薄くなるのを避けるためにたっぷりと広げて塗るのがおすすめです。

乳液のようなテクスチャーの日焼け止め

UVプロテクションベースN

商品

UVプロテクションベースN

¥3,520

▷naturaglace(ナチュラグラッセ)
【SPF50+ PA+++】

乳液のようなみずみずしいテクスチャーの日焼け止め。
紫外線・ブルーライト・近赤外線から肌を守ってくれるアイテムです。

手軽なスティックタイプの日焼け止め

PRIMER SUN STICK

商品

PRIMER SUN STICK

¥2,410

▷3CE(スリーシーイー)
【SPF50+ PA++++】

肌の油分を抑えてキメを整えてくれるスティックタイプの日焼け止め。
顔に直接塗ることができるので手軽にUVケアができて、持ち歩きにもぴったりなんです。

冷却効果もあるスプレータイプの日焼け止め

ラボケア セラマティカ サンスプレー

商品

ラボケア セラマティカ サンスプレー

¥1,155

▷MEDIHEAL(メディヒール)
【SPF50+ PA+++】

ひんやりとした冷却効果もプラスされたスプレータイプの日焼け止め。
顔・髪・全身に使えるタイプで、石鹸やボディソープで簡単にオフできます。

紫外線が気になる季節になると、とりあえず買った日焼け止めをとりあえず塗る。それで満足していませんか。今回は日焼けする前に知って欲しい日焼け止めの基礎についてご紹介します。意外と知らないSPFとPAの違いから、最近話題のおすすめ日焼け止め商品まで。焼かない紫外線対策、はじめましょう。

今年こそバッチリ対策をしよう!

今年こそバッチリ対策をしよう!

出典: jp.stylenanda.com

日焼けで肌が赤くなってしまうのは仕方ないこと。
しっかりとおすすめアイテムを使ったアフターケアでバッチリと対策をしていきましょう〜!

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

美容の記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。