どこまでもシンプルに!物が多いデメリットと“ミニマリスト”に暮らす3つの方法
まっくす。まっくす。

どこまでもシンプルに!物が多いデメリットと“ミニマリスト”に暮らす3つの方法

物に囲まれて生きてきたけど心がモヤモヤする…満足できない…という経験をしたことはありませんか?そんな方にオススメなのが“ミニマリスト”という生活様式。今回は、物が多い生活のデメリット、“ミニマリスト”のメリット・暮らし方までをひもといていきます。是非、参考にしてみてくださいね。

更新 2020.07.28 公開日 2020.07.28

“ミニマリスト”とは?

“ミニマリスト”とは、自分が必要とする最小限の物だけで暮らす人のこと。
minimal(ミニマル):「最小限の」からの派生言語です。
少ない物で生活するからこそかえって豊かな生活ができる、という視点なんです。

今回は、物が多いと起こるデメリット、ミニマリストのメリット、なり方の3本立てで紹介していきます♡

物が多いと起こるデメリット

普段あまり使わないけど、捨てるほどでも…そんな物はありませんか?
だけど、欲しい物は買っちゃう。
物が増えすぎると起こるデメリットもあるんです。

フットワークが重くなる

物が多いと、簡単に身動きできなくなります。
引っ越しするにも荷物が多くて一苦労、遊びに行くにもどのお洋服を着よう…。
段々と色んな方面のフットワークが重たくなってしまいます。

本当に欲しい物が分からなくなる

家になんとなく捨てられない物はありませんか?
物が減ると、必要な物は何か・何がしたいのかが明確になります。
沢山の物と生活していると、気付かないうちに大切な物か、本当に欲しい物がなんなのかを見失ってしまうかもしれません。

止まらない欲望と満たされない心

買った物をクローゼットに並べて満足。
新しい物を手に入れては満足、そしてまた欲しくなる。
繰り返すほど、手に入れた瞬間は幸せでも、心は満たされません。

部屋が狭く感じて出費が増える

物が増えると収納に不満が出てきますよね。
そして新しい収納を購入、足らず広いお家に引っ越し…。
気が付かないうちにどんどん出費が増えてしまいます。

ミニマリストの4つのメリット

お次は、ミニマリストのメリットです。
物が少ないとどんな良いことがあるのでしょうか?

自由な時間が増える

ミニマリストは、無駄を省きながら生活しています。
そのため、余分な物を減らすことが、自由な時間を増やすことに繋がっているのです。

作業に集中しやすい

必要な物が見つからず探していたら、ついつい漫画に…。こんな経験ありませんか?
ミニマリストのワークスペースには必要な物しか置いていないので、作業に集中しやすいんです。

浪費を避けられる

ミニマリストは物を買う時、「これは自分に必要な物か?」と考えるので、無駄な出費が減ります。
無駄遣いが減ればお金が貯まりやすくなり、物は増えにくい生活を送れるんです。

掃除が楽

あまり使わないけど、捨てづらい物が多いと掃除は大変。ミニマリストの場合は、最低限の物しかありません。
なので、掃除が楽なんです。

ミニマリストに暮らす方法

いる物といらない物を分ける

まず、いらない物を毎日少しずつ手放していきます。
どうしても捨てられない物は、様子を見て1年後もう1度整頓するようにするなど、あくまで苦しくならない範囲でするのがオススメです。

必要のない買い物を控える

物を増やさないようにする努力も重要。
「本当に必要かな?」と買う前に考えるクセを付けると楽ですよ。

1つ増やすなら1つ減らす

物のお家(収納)は無限ではありません。
増やさないようにするには、物理的に減らすことを意識することも必要です。

心もお部屋もスッキリした暮らしを

いかがでしたか?
今回は少ない物と暮らすミニマリストについてご紹介しました。
焦らず自分のペースでミニマリストを目指しましょう!

spacer

RELATED