この景色を一番に見せたいのは誰ですか?大切な人と見に行きたい日本の絶景スポット

日本中にある絶景SPOTの数々。みなさんはどれくらい見たことがありますか?そしてこの先どれくらい見られるでしょうか?この記事では鹿児島県の『百合ヶ浜』・山口県の『角島大橋』・島根県の『宍道湖』・岐阜県の『根道神社』・北海道の『ファーム富田』と『摩周湖』を絶景スポットとしてご紹介しています。

いくつ目にしたことがあるだろう

いくつ目にしたことがあるだろう

出典: snapmart.jp

目の前に見えている景色にいっぱいいっぱいになってしまう、何かと忙しい毎日。
けれど日本には私が知らない、想像もしないような美しい景色がたくさんある。
一生の中で私は、その内のいくつを目にすることができるのだろう。
そう思うと、居ても立っても居られなくなった。

出典: snapmart.jp

この記事では、人生で一度は見ておきたい日本の絶景スポットをご紹介します。

本当の絶景を目にした時、あなたの頭の中に浮かぶのは誰の顔でしょうか。

※外出の際には住まいや出かける都道府県の要請をご確認の上、最新状況を事前に調べて慎重にお出かけください。

百合ヶ浜 in 鹿児島

百合ヶ浜 in 鹿児島

出典: snapmart.jp

鹿児島県最南端の島、与論島。
そこで中潮から大潮の干潮時限定で見られる幻の真っ白な砂浜が『百合ヶ浜(ゆりがはま)』です。

透明な海面は太陽の光をうけてキラキラと輝きを放っていますね。
その美しさはまさに地上の楽園とも言われているんだとか。

百合ヶ浜では星砂と呼ばれる星の形をした砂を見つけることができるそうで、「年齢の数だけ星砂を拾えば幸せになれる」という伝説も。

__私の幸せは、君が笑顔でいてくれることかな。

百合ヶ浜

角島大橋 in 山口

角島大橋 in 山口

出典: snapmart.jp

映画やCMのロケ地としてもたびたび使用され、山口県を代表する観光地となっているのが角島。
その角島と本州を結ぶ全長1780mの橋が『角島大橋(つのしまおおはし)』です。
離島に架かる通行無料の橋としては日本第二位の長さを誇ります。

コバルトブルーの海を横目に、海風を浴びながらドライブができたらとても気持ちが良さそう。

日が落ちた後の橋は、昼間とはまた違った幻想的な姿を見せてくれるんです。

__長い長い橋を眺めながら思う、長い長い人生のこと。
君がいるこの世界に生まれて良かったななんて。

角島大橋

宍道湖 in 島根

宍道湖 in 島根

島根県の北東部に位置する『宍道湖(しんじこ)』は夕景が美しいことで有名な湖。
「日本の夕日百選」の一つにも選ばれているんです。

オレンジ色やピンク色、紫がかった茜色など次々と表情を変えていく夕日の光景はとてもドラマティック。
時間を忘れて眺めたその美しさはこの先も一生忘れられない夕日になりそう。

__君はとても綺麗な心の持ち主だから、この景色を見たら涙を流すかも。
大切な誰かのために自分ができることはちっぽけかもしれないけれど、できることを探し続けることに意味があるよね。

宍道湖

名もなき池 in 岐阜

名もなき池 in 岐阜

かなり透明度が高く美しいこの『名もなき池』は『根道神社(ねみちじんじゃ)』の境内にあります。
スイレンの横を鯉が泳いでいる様子が、有名なフランスの画家クロード・モネが描いた「睡蓮」に似ていることから、通称「モネの池」と呼ばれています。
優雅なその雰囲気はまさに絵画の世界観を眺めている気分になるそう。

透明な池の水が光の反射具合でさまざまな色合いへと変化して見えるのも楽しみの一つ。
この透明さが水草や鯉の色の鮮やかさを際立たせていますよね。

__君は今何をしているかな。どこかで悲しい思いをしていないかな。いつもいつも、気が付いたら君の幸せを願っている自分がいた。

モネの池

ファーム富田 in 北海道

ファーム富田 in 北海道

出典: snapmart.jp

北海道の中富良野町にある『ファーム富田(ファームとみた)』は日本最大級のスケールでお花畑が楽しめるスポットです。
紫のラベンダーをはじめ、白のカスミソウ、赤のポピー、ピンクのコマチソウ、オレンジのカリフォルニアポピーなど七色の花々が咲いている「彩りの畑」はゆるやかな斜面に鮮やかな虹がかかったよう。

北海道バニラや北海道メロン、ファーム富田でしか味わえないラベンダーなどの種類があるソフトクリームも大人気。
訪れた際はぜひ味わってみてください。

__美味しいソフトクリームを食べて満足げに笑う君の顔を見られたら嬉しいな。

ファーム富田

摩周湖 in 北海道

摩周湖 in 北海道

出典: snapmart.jp

世界的に見てもとても高い透明度を誇る『摩周湖(ましゅうこ)』。
アイヌ語では「カムイトー(神の湖)」と呼ばれる、神秘の場所です。
「摩周ブルー」と呼ばれる吸い込まれそうなほど深い青色の湖水に、雲の動きによって刻々とその表情を変えていく空の青が映り込む独特の世界観は圧巻なんだとか。

青空の下の摩周湖、霧に包まれた摩周湖、雪景色の摩周湖など訪れる季節によっても見られる絶景は変わるそう。きっとどの季節に訪れても、雄大な自然は息を呑むほど美しいことでしょう。

__この景色を見た時、君は最初になんて言うかなって想像してる。

摩周湖

いつか絶対、また来るから

いつか絶対、また来るから

出典: snapmart.jp

素晴らしい絶景のどれを見ても、最初に見せたいと思うのは決まって同じ、君だった。

いつか絶対また来るよ。
その時は君も連れてね。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

旅行・おでかけの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。