わたしと睡魔の仁義なき戦い。ウトウトしがちな授業中に眠くならないための対策
yukachanyukachan

わたしと睡魔の仁義なき戦い。ウトウトしがちな授業中に眠くならないための対策

誰しも授業中に眠くなってしまうことはありますよね。学生の敵とも言える睡魔。睡眠時間の確保、睡眠の質の向上、糖質を控えた昼食、仮眠の4つは授業中に眠くならないために大事なこと。あわせて、授業中に眠くなってしまった時の対処法も紹介します。授業を集中して受けるためにも眠気に打ち勝ちましょう。

更新 2020.07.17 公開日 2020.07.17
目次 もっと見る

遠ざかっていく先生の声

さっきまで近くで聞こえていた声が、だんだんと遠ざかっていく。
しばらくして聞こえてきたのは授業が終わるチャイムだった。

「あぁ、また授業中に寝てしまった。」

授業中に眠くなることは、ほとんどの人が経験したことがあるのではないでしょうか。
授業に集中したいのにいつの間にか寝てしまっているなんてこともあって、睡魔は学生の皆さんにとっては敵ともいえる存在。

今回は、授業中に襲ってくる眠気の対策を紹介します。

睡眠時間の確保

まずなんといっても重要なのが、睡眠時間の確保。
最適な睡眠時間は7~8時間とされています。

もちろん個人差はありますので、自分のちょうどいいと思える睡眠時間を見つけましょう。

なぜ睡眠時間を確保できないのか?

いくら睡眠時間が重要と言われても、そう簡単には実行できないものですよね。
それなら睡眠時間を削っている要因を考えてみましょう。
ー友達と夜遅くまでLINEをしているから?
ーベッドに入ってもなかなか寝られないから?

きっと原因を知ればどうすれば睡眠時間を確保できるか見えてくるはず。

睡眠の質の向上

睡眠の質もとても重要なんです。
しっかり睡眠時間をとっているのに日中眠くなってしまう人は、睡眠の質の向上を目指しましょう。

具体的には以下のことに気をつけるとよさそう。
・寝る前にブルーライトを浴びることを控える
・夕食は寝る3時間前までに済ませる
・お風呂は寝る2時間前くらいに入る

寝る前の一冊にどうぞ

眠る前に1分間ください。明日、かならず「自分を好き」になっています。

¥1,320

植西聰(キノブックス)

寝る前についスマホをいじってしまうという人は、読書をする習慣をつけるといいかも。
温かい言葉が詰まったこの本は、寝る前に読みたくなる一冊です。

糖質を控えた昼食選び

お昼ごはんの後の授業はより眠かったりしませんか?
もしかしたら昼食に食べたものが眠気を引き起こしているかもしれません。

ブドウ糖は血糖値を上昇させて、眠気を引き起こしやすくします。
そのため、ブドウ糖が多く含まれるお米やパンなどの糖質は控えめにするようにしましょう。

糖質の多い食べ物にはブドウ糖が多く含まれますので血糖値が急上昇しやすくなります。逆に糖質が少ない食べ物では血糖値の上昇は緩やかになります。

出典 mfc.mynavi.jp

野菜中心のお昼ごはん

午後の授業に集中したい場合は、なるべく野菜中心の昼食にすることをおすすめします。
またゆっくり時間をかけて食べることも効果的です。

仮眠をとる

授業中どうしても眠くなってしまう人は、休憩時間に仮眠をとるといいかも。
頭がぼーっとした状態で授業を受けるよりも、仮眠をしてすっきりした状態で受けたほうがいいですよね。

20分くらいがベスト

仮眠は20分程度がちょうどいいと言われています。
あまり寝すぎると逆効果になってしまうので、深い眠りにつく手前くらいがベスト。

どうしても眠くなってしまったら?

ツボ押し

授業中うとうとしてきてしまったら、脳に刺激を送るためにツボを押すといいかも。
中衝と呼ばれるツボは、中指の爪の根元の真ん中より少し人さし指側にあります。

さりげなくできるので実践しやすいですよね。

目薬をさす

爽快感のある目薬をさすのもいいかも。
目がシャキッとすると眠気も吹っ飛びそうですよね。

呼吸を止める・深呼吸

ぎりぎりまで呼吸を止めてから一気に息を吸うと大量の酸素が脳に送り込まれます。
これによって眠気を覚ますことができるんだとか。

息を止めるのが難しい時は、深呼吸をするのもいいかもしれません。

積極的に参加する

好きなことや興味のあることをしている時に眠くなることはなかなかないですよね。
それなら授業に興味を持ってみて、積極的に参加してみるといいかもしれません。

眠気にも襲われず、授業も好きになれたら一石二鳥ですよね。

眠気に打ち勝とう!

いかがでしたか?
眠気との戦いは永遠のテーマですよね。
これらの方法を試してみて、眠気に打ち勝ちましょう!

spacer

RELATED