クリームソーダ×レモン×サイダーの清涼感。夏を象徴する‘爽やか甘味’のカラーメイク

どこか大胆な気持ちになる夏は、カラーメイクをするのにぴったりな季節。その中でも夏を連想させるような、クリームソーダ・レモン・サイダーの3つの色に着目してカラーメイクで活躍するアイテムや+αメイクの方法をご紹介。『LUNASOL(ルナソル)』や『SUQQU(スック)』の新作アイシャドウも要注目ですよ。

舌で感じた夏の訪れ

舌で感じた夏の訪れ

出典: snapmart.jp

夏を想起させるような甘味。
私たちは舌でも夏の訪れを感じることができる。

──ひと夏で食べきれないのではないか
と思ってしまうほど口にしたい甘味はたくさんあるけれど、その中でも「色」に着目して絞ってみる。

緑色は、どこか懐かしい気分になるクリームソーダ。
黄色は、酸っぱさが心地よくもあるレモン。
水色は、炭酸が口の中ではじけるサイダー。

大胆な気持ちにさせられる夏は、そんな甘い食べ物・飲み物をイメージしながらカラーメイクを楽しんでみるのも良いかもしれない。

[緑色]懐かしいクリームソーダ

[緑色]懐かしいクリームソーダ

出典: snapmart.jp

透き通ったクリームソーダのグリーンに、丸々としたバニラアイスのホワイト。
そしてちょこんとのっかったさくらんぼのレッド。

コントラストが美しい見た目だけじゃなくて、口に含むとどこか懐かしい味にうっとり。
夏はそんな甘ったるいメロンソーダが恋しくなったり。

LUNASOL(ルナソル)

LUNASOL(ルナソル)

出典: lipscosme.com

アイカラーレーション EX05 Frosty Lagoon
¥6,820(tax in)

2020年5月15日に新しく発売されたルナソルのアイシャドウ。
青みがかったグリーンで、夏らしい爽やかさを演出できそう。使いやすいベージュカラーが3色揃っていて、グリーンが洗練されたアクセントに。

online shop

+α)肌の赤みを抑えて際立たせる

+α)肌の赤みを抑えて際立たせる

目元や口元の緑を生かすために、ベースメイクにも力を入れて。

グリーンのカラーコントロールは、肌の赤みをカバーしてくれるのだそう。なぜなら緑と赤は補色の関係にあって、お互いの色味を抑える特徴があるから。
ニキビやニキビ跡などの赤みが気になる方はマストアイテムかも。

[黄色]酸っぱくてほろ苦いレモン

[黄色]酸っぱくてほろ苦いレモン

出典: snapmart.jp

ぷかぷかと浮かぶレモン。どこか広いプールに浮かんでいたらそれだけで絵になりそう。

実はレモンの旬は冬ってご存知?
爽やかな酸っぱさから夏を連想する人も多かったかもしれない。あの爽やかさは夏に表現したくなるよね。

to/one(トーン)

to/one(トーン)

ペタル アイシャドウ 03 Gold yellow
¥2,420(tax in)

爽やかさだけでない、どこか深みのあるイエローを演出できるようなアイシャドウ。ゴールドと組み合わせることで、肌馴染みも良くなりそう。

online shop

普段使いするのが少し難しそうなイメージもある、イエローアイシャドウ。

イエローは目尻や中央部分などのポイント使い、あるいは広めに使うとしても二重幅ぐらいで使うのがポイント。また下まぶたにも使うことで、目元全体に統一感が出るかも。

+α)カラーマスカラでまつ毛に抜け感を

+α)カラーマスカラでまつ毛に抜け感を

せっかくイエローで目元を爽やかにしたのに、まつ毛が黒だと勿体ないかも。
抜け感を演出できるように、カラーマスカラを活用して。

イエローと相性抜群なのは、オレンジやテラコッタカラー。
カラーマスカラを使うことで、グッと垢ぬけた旬顔に近づけそう。

[水色]炭酸がはじけるサイダー

[水色]炭酸がはじけるサイダー

出典: snapmart.jp

あの刺激的なシュワシュワ感。
あれはキンキンに冷やして飲むのがいいんだ。

泡が下から上に上がっていく様子を見つめているとあっという間に時間が経ってしまう、サイダー。サイダーは透明だけれど、絵に描くなら透き通るような水色だろうな。

SUQQU(スック)

SUQQU(スック)

デザイニング カラー アイズ 132 凍夏-TOUKA
¥7,480(tax in)

フロスティブルー×サマーコーラルが夏らしさを際立たせる、色の組み合わせ。夏の限定色だから、早めのチェックが吉。「凍夏」という名前も魅力的。

出典: lipscosme.com

ハイライトとして活躍するアイシーホワイト。
夏風のような爽やかさがあるライトブルー。
肌に馴染みやすいコーラルピンク。
お洒落な引き締めカラーのシマーブラウン。

捨て色が見当たらないほど4色とも大活躍しそうな予感。今年の夏はブルーメイクで彩ってみて。

online shop

+α)リップで顔全体に統一感を

+α)リップで顔全体に統一感を

出典: lipscosme.com

目元でカラーメイクを楽しむと、少し困ってしまうのがリップの色。

ブルーメイクの時は、お洒落な青みピンクの口紅を取り入れてみるのはどう?どことなく顔全体が「ブルー」で統一されることで、洗練された印象に。

どうしようもないぐらい待ち遠しくて

どうしようもないぐらい待ち遠しくて

夏はもうすぐそこまで来ている。
どうしようもないぐらいに、待ち遠しくて仕方ない。

夏に口にしたくなる甘い食べ物・飲み物をイメージしたカラーメイクで、今年を満喫しよう。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

メイク・コスメの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。