ミニシアターにもう一度行きたいから。私にもできる、映画館の支援プロジェクトまとめ

MERY世代でも参加しやすい、ミニシアター(映画館)への支援プロジェクトや支援方法を紹介します。少し先の未来で使える映画の「回数券」を購入したり、ドライブインシアターのクラウドファンディングに参加したり。オンラインでグッズを購入したり、近くの映画館の会員になったり!ネット上の映画館など、支援にも様々な方法があるんです。

大好きなミニシアターに、もう1度

大好きなミニシアターに、もう1度

出典: latte.la

映画は、どんな場所で見ても楽しい。でも、たくさんの思い出が詰まった、大好きな映画館で見る映画は、また格別の幸福を提供してくれます。

文化の発信地であり、映画好きにとっては欠かせない存在のミニシアター。今、私たちが映画館に対してできることは何なのでしょうか。

私にもできるかも?な支援まとめ

私にもできるかも?な支援まとめ

この記事では、ミニシアターや映画業界を支えるために、MERY世代でも参加しやすい支援プロジェクトや支援方法を紹介します。

「支援」と聞くと難しそうなイメージが湧きますが、支援にも本当に様々な方法があるんです!

①未来のために回数券を買っておく

①未来のために回数券を買っておく

まず紹介するのが、「回数券」を購入することです。映画の前売り券を買うようなものなので、参加のハードルが低いのが特徴です。

全国の様々な映画館がこの取り組みを行っているので、まずは自分の住む地域の映画館のHPをチェックしてみるのがおすすめですよ。

アップリンクの特典付き回数券

アップリンクの特典付き回数券

渋谷、吉祥寺、京都にある映画館・配給会社の『アップリンク』では、安心できる状態になった時に映画館で映画を観ることのできる「特典付き回数券」を販売しています。

ソフトドリンクやトートバッグがついてくることを考えれば、お得に映画を見ることができるチャンスでもあります。少し先の未来の自分のために今お金を使うことが、映画館を支援する意味を帯びるなんて、素敵ですよね。

・ソフトドリンク付き上映回数券(5枚綴り)¥6,500
・ソフトドリンク付き上映回数券(10枚綴り)¥13,000
・ソフトドリンク付き上映回数券(5枚綴り)+UPLINKトート(1点)セット¥8,500
・ソフトドリンク付き上映回数券(10枚綴り)+UPLINKトート(1点)セット¥15,000

出典:shibuya.uplink.co.jp

特典付き回数券の購入はこちら

出町座未来券

出町座未来券

出典: prtimes.jp

2017年に立ち上がった京都の『出町座』は、映画と本とカフェ and more の文化の複合施設です。

未来映画券(1300円)をはじめ、出町座の1階にある書店で使える未来図書券、カフェで使えるカフェ券、コーヒーチケット等がセットになったコースなど様々な選択肢から支援方法を選べます。

出町座未来券の購入はこちら

②クラウドファンディングに参加する!

②クラウドファンディングに参加する!

ミニシアターを救うためのクラウドファンディングに参加するのも支援の方法です。
こちらでは代表的なプロジェクトを紹介します。

ミニシアター・エイド基金

ミニシアター・エイド基金

出典: prtimes.jp

「ミニシアター・エイド基金」は、開館できずに経営がひっ迫している、小規模な映画館を支援することを目的としたプロジェクトです。

※2020年5月15日にこのクラウドファンディングは終了しましたが、このHPは現在の小規模映画館を取り巻く状況を理解するのにとてもおすすめです。

「あの映画館」で上映されている映画が見たい。この気持ちは、単に「あの映画が見たい」とは違います。このとき、「あの映画館」としてみなさんが思い浮かべているのは、たぶん「ミニシアター」と呼ばれる小規模映画館のことではないでしょうか。

出典:motion-gallery.net

もっと詳しく!

Drive in Theater 2020

Drive in Theater 2020

出典: prtimes.jp

こちらは、2020年6月以降に、大磯ロングビーチでドライブインシアターを開催するためのプロジェクト。2020年8月7日23:59まで行われる、クラウドファンディングです。

ドライブインシアターって?

ドライブインシアターって?

出典: prtimes.jp

「ドライブインシアター」とは、駐車場などに大きなスクリーンを設置して、車の中から映画を鑑賞する上映施設のことです。ソーシャルディスタンスを保ちながら安全に映画を鑑賞できる方法として注目されています。

このプロジェクトが成功すれば、映画の中に登場するような体験ができるチャンスがくるかもしれません♡

③映画を身に着けて♡グッズを購入

③映画を身に着けて♡グッズを購入

・秋田県の『御成座』
・東京都の『下北沢トリウッド』『アップリンク渋谷』『アップリンク吉祥寺』
・神奈川県の『横浜シネマリン』
・京都府の『アップリンク京都』
・広島県の『シネマ尾道』
・大分県の『日田リベルテ』

など、オンラインショップなどで映画にまつわるグッズを販売している映画館も多数あります。映画好きならば買いたくなってしまう素敵なアイテムも多いので、ぜひオンラインショップをチェックしてみてください。

④配給作品の配信に加入・視聴

④配給作品の配信に加入・視聴

出典: unsplash.com

大手の映像系サブスクリプションでは配給されていないような、マニアックな作品や社会派の作品を私たちに届けてくれてきたのがミニシアター。

そんな作品をオンラインで視聴できる制度があります。

アップリンク・クラウド

アップリンク・クラウド

出典: prtimes.jp

アップリンク・クラウドでは、映画ファンが満足のいくラインナップ、60本以上が3ヶ月見放題で2980円というキャンペーンが行われています。

サブスクで配信されていないマニアックな作品をおうち時間で楽しみたい人におすすめです。寄付込みの見放題プラン(5000円、10000円コース)もあります。

3カ月間2980円プラン
クラウド寄付込み見放題

⑤近くの映画館の会員・メンバーに!

⑤近くの映画館の会員・メンバーに!

出典: unsplash.com

地元のミニシアターを救いたい。そんな時におすすめの支援方法がその映画館の「メンバーズクラブ」等の「会員」になることです。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、全国の映画館が臨時休館や販売座席の縮小、客足低下という窮状に置かれている。そんな中、映画監督の入江悠が自身の公式ブログでミニシアターの支援を呼びかけた。

こちらから会員を募集している全国の映画館をチェックできます。

⑥ネット上の映画館に行く

仮設の映画館

仮設の映画館

出典: unsplash.com

「仮設の映画館」は、想田和弘監督と配給会社東風が考案したデジタル配信の映画館、新しいビジネスモデルです。

日本全国どこからでも、複数の配給会社の映画を視聴することができます。筆者が個人的に注目しているのは『アボカドの固さ』という作品(5/23公開)です。

仮設の映画館

ステイホーム 今だけ おうち映画館

ステイホーム 今だけ おうち映画館

出典: prtimes.jp

こちらは、動画配信の視聴による収益を業界へ還元するプロジェクトです。自宅で新作映画を楽しむことで、その収益の一部が映画業界に還元されるそうです。

映画好きには気になるラインナップとなっています。

・世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ(2020年5月8日配信開始)
・ソンランの響き(2020年5月9日配信開始)
・ナイチンゲール(配信中)
・ハスラーズ(2020年5月1日配信開始)
・ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏(配信中)

出典:prtimes.jp

ステイホーム 今だけおうち映画館

映画好き同士で支え合おう…!

映画好き同士で支え合おう…!

出典: prtimes.jp

自分のことを「ただの映画好き」と思っている人の数は、実はすごく多いと思います。1人1人の支援額は小さくても、集まればそれが映画という文化の存続を助けることに繋がるかもしれません!

いつも私たちに勇気や元気、感動を与えてくれる映画、そして映画館に恩返しをするタイミングは、今なのではないでしょうか。ぜひ何かの支援にトライしてみてくださいね。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。