お洒落roomは物件選びから。憧れの一人暮らし、譲れないポイントとプチ妥協点

Instagramで見るような素敵なお部屋にするための第一歩、「物件選び」のポイントをご提案します。今回はお洒落なお部屋作りに特化したお部屋選びの条件を3つと、条件が叶わず妥協しても素敵なお部屋に近づく工夫をご紹介!一人暮らしに憧れている人、予定がある人はぜひチェックしてください!

一人暮らししたら、絶対お洒落な部屋がいい

一人暮らししたら、絶対お洒落な部屋がいい

憧れの一人暮らしに向けて、もくもく妄想中。どの駅に住んで、どんなテイストのお部屋にしようかな。お洒落なお部屋の画像もたくさん保存して、準備万端!

夢の一人暮らしは、物件選びが勝負!

夢の一人暮らしは、物件選びが勝負!

出典: snapmart.jp

どんなお部屋にしようか考えるのも大切だけど、物件選びはもっと大切かも。理想のお部屋を叶えるなら、まずはそれが実現できるお部屋を見つけないと〜〜!!

そこで今回は“お洒落room”作りに特化した、物件選びの絶対条件をご提案します。もしその条件が叶わなくても、素敵なお部屋に近づけるための工夫も提案してるので参考にしてみてください♡

条件1・光がちゃんと入るお部屋

お部屋での撮影は、自然光が命!

お部屋での撮影は、自然光が命!

Instagram用に可愛いネイルの写真を撮るときも、新しいコスメの写真を撮るときも、自撮りをするときも…、お部屋で写真を撮るときに欠かせないのが「自然光」。コレがあるかないかで写真のお洒落度が全然違います!

しっかり光の入るお部屋かどうか見極めましょう。

時間によって、光の感じも場所も変わるよ

時間によって、光の感じも場所も変わるよ

出典: snapmart.jp

日中、明るい日差しが入るとか。夕方、西日がキレイとか。時間帯によって光の入り方が変わるので、可能ならいろんな時間に内見すると◎

午前中の日差しは明るくて白っぽい光。夕日は暖かみのある光なので、撮れた写真のテイストも変わりそう。

→光が入りにくいなら、間接照明を代用

→光が入りにくいなら、間接照明を代用

もしお部屋に光が入りにくいなら、間接照明やアロマランプなどを照明に使うとgood!暖かい色の写真が撮れそうです。お部屋の雰囲気もあったかくなりそう!

条件2・収納が多いお部屋

生活感をなくすなら、収納スペースが必須

生活感をなくすなら、収納スペースが必須

出典: snapmart.jp

収納スペースの多さは特に大切。モノが多いとごちゃごちゃしたお部屋に見えてしまいます。できるだけ見えないように隠すことで、生活感のないホテルのようなお部屋になりそう。

収納スペースが多い部屋は、コレが叶う

収納スペースが多い部屋は、コレが叶う

収納スペースが多いと、お部屋にモノが少なく見えるので、いろいろなインテリアが置けそうです。例えばファッションが好きな人はハンガーラックを置くことで、アパレルショップのようなお部屋が演出できます。

ポイントは、かけるお洋服の色を統一すること!

→収納が少ないお部屋は、ベッド下を活用

→収納が少ないお部屋は、ベッド下を活用

収納スペースが少ないお部屋の場合は、ベッド下収納を活用するとスッキリ見えしそう。ベッドの下のデッドスペースを収納として使うことで、お部屋に収納が少なくても大丈夫◎

条件3|白っぽいお部屋

アレンジが叶うお部屋は、白ベースが◎

アレンジが叶うお部屋は、白ベースが◎

出典: snapmart.jp

自分好みの家具を置いて理想のお部屋を作りたい、という人は白ベースのお部屋を選びましょう。壁や床が白っぽいと統一感があり、小物を置いてもゴチャ見えしにくそうです!

インテリアも白で合わせれば、お洒落見え

インテリアも白で合わせれば、お洒落見え

ホテルのようなシンプルでセンスフルなお部屋を目指すなら、家具も白で統一しましょう。角が角ばったitemで揃えれば、シックな印象のお部屋に。角が丸っこいitemを置くと、柔らかい印象のお部屋になります。

→白壁じゃないお部屋は、差し色と壁を揃えて

→白壁じゃないお部屋は、差し色と壁を揃えて

壁が白じゃないお部屋の場合、クッションやラグなど差し色になる小物の色を壁の色に合わせましょう。壁は見える面積が大きいので、印象に残りやすいもの。ほかのitemと色を統一することでまとまり感のある、お洒落なお部屋になりそうです。

\物件探しでイメトレしたいこと+α/

何をどこに置くか、だいたいのプランニング

何をどこに置くか、だいたいのプランニング

出典: snapmart.jp

内見のとき、何をどこに置くかをイメージしながら見ると、いざ住んだときにギャップが生まれにくそうです。事前に絶対置きたいインテリアをチェックすると◎

コンセントがごちゃごちゃしないかな

コンセントがごちゃごちゃしないかな

お洒落なお部屋はコードが見えないから、コンセントの位置も大切。テレビを置く場所や、照明を置く場所、寝るときにスマホを充電する場所など、コンセントを使うシーンを考えて、遠すぎないかをイメージしましょう。想像している場所とコンセントが遠いと、コードが見えてごちゃごちゃ感が出ちゃいそう…。

おうちカフェがしたいから、コンロは2つ

おうちカフェがしたいから、コンロは2つ

フライパンで作るホットケーキや朝食の目玉焼き、具沢山のポトフなど、流行りのおうちカフェっぽごはんを作りたいなら、コンロは2つくらいあったほうが便利です。一人暮らしは自炊の方が節約になる傾向にあるので、料理しやすい環境は大切かも。

夢の一人暮らしに想いを馳せて

夢の一人暮らしに想いを馳せて

出典: snapmart.jp

一人暮らしできる日が待ち遠しい。ここにこんな家具を置こうとか、ラグはこんな色にしようとか、ベッドはここで買おうとか、プランニングしている時間が一番楽しいかも♡

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。