同じアイテムには見せません!パーセンテージで決める着回し術を伝授

これこの前も着たなぁ...。クローゼットの前で頭を抱えていませんか?実は着回しにくいと思われているお洋服も、何%分の面積を見せるか考えるだけで、様々なパターンの着回しをすることができるんです。スカート、シャツワンピース、プリントTなどの着回しが難しそうなアイテムも、見せる面積を変えることで印象もガラリとチェンジして。

また同じって思われたくないの

また同じって思われたくないの

出典: pixabay.com

今日は何を着よう…。
限られたアイテムの中、毎日コーディネートを考えるのは至難の業。
しかもデザイン性のあるスカートやワンピース、大胆なプリントTの着回しとなるともっと難しい。

何%見せるかが重要

何%見せるかが重要

出典: www.pexels.com

そんな時は何%見せるか、を重要視してみてください。
着回しが難しいアイテムでも、見せるパーセンテージを増やしたり、減らしたりすることでコーディネート全体の印象をガラリと変えることができるんです。

今回はスカート、ワンピース、プリントTそれぞれの着回し術をパーセンテージ別に紹介します。

○デザイン性のあるskirt

100%:topsイン

100%:topsイン

こちらはふわっとした裾と艶やかな見た目が特徴的なスカート。
topsをインしてすっきりと見せるのがおすすめ。
シルバーのベルトが良いアクセントになっています。

70%:ロングshirtを羽織って

70%:ロングshirtを羽織って

こちらのコーディネートはロングシャツを羽織ってゆるっとしたシルエットに。
スカートが見える面積を70%にすることで、少し印象を変えることができます。

50%:ラップベルトをON

50%:ラップベルトをON

こちらはスカートの上にラップベルトを纏ったコーディネート。
スカートONスカートのような形が珍しく、スカート1枚で着る時と雰囲気を変えることができます。

30%:ワンピの下に仕込んで

30%:ワンピの下に仕込んで

こちらはワンピースの下にスカートをはいたコーディネート。
スカートを30%チラ見せすることで、Aラインのシルエットを作ることができます。

○shirtワンピース

100%:そのまま

100%:そのまま

シャツワンピースはなんと言ってもストンとした形が特徴的。
1枚でさらっと着るだけで洗練された、オシャレな印象を与えることができます。

50%:羽織として

50%:羽織として

出典: www.urban-research.jp

シャツワンピースを羽織として着るのだってもちろんあり。
中に何を着るのかによって印象をガラリと変えられそう。
こちらはロゴTを仕込んでカジュアルな要素が多めなコーディネート。

50%:ニットベスト重ね

50%:ニットベスト重ね

シャツワンピースの上にニットベストを重ねる技も。
ワンピースの見せる面積を50%だけにすると、また同じのだ、なんて思われないはず。

50%:ベストをON

50%:ベストをON

こちらもシャツワンピースの上にベストを重ねたコーディネート。
たっぽりした袖が生かされていて可愛さもあるナチュラルムード。

○シンプルなプリントT

100%:そのまま

100%:そのまま

プリントTはさらっと一枚できてもサマになるアイテム。
こちらはプリントとボトムスの色みを合わせて統一感があるコーディネート。
大胆なプリントが印象的。

80%:透け素材をON

80%:透け素材をON

出典: runway-webstore.com

こちらはバックプリントTに透け感のあるシャツをレイヤード。
ほんのり見えるプリントがこなれ感を演出してくれます。
正面はシャツだけを着ているように見えるので、プリントT1枚だけ着ているのとではガラッと印象が変わります。

40%:キャミワンピースと合わせて

40%:キャミワンピースと合わせて

こちらはバックプリントTにキャミワンピースをONしたコーディネート。
プリントTのカジュアルな雰囲気に、ワンピースで甘さを足してイメージチェンジ。

20%:ワンピースをレイヤードして

20%:ワンピースをレイヤードして

出典: runway-webstore.com

こちらはプリントTの上にシャツワンピースをレイヤードしたスタイル。
留めるボタンの位置によってムードが一気に変化しそう。
シャツワンピースは着心地の良い素材を選ぶとリラックスした雰囲気に。

今日は何%にする?

今日は何%にする?

出典: unsplash.com

見せる面積を増やしたり、減らしたりすることで、同じアイテムでも印象を大きく変えることができます。
着回ししにくいアイテムも、何%見せるか考えてみるだけで、コーディネートの幅が広がるかも。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ファッションの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。