シティガールは小物に‘スキ’を宿してる。カルチャー愛をふだん使いする3ブランド

カレー、コーヒー、音楽好きのシティガールにおすすめの3ブランドを紹介します。NIGOさんがプロデュースする『CURRY UP』、福岡の人気店『NO COFFEE』、音楽モチーフが可愛い『bonjour records』。おしゃれな人って、自分の‘スキ’を、身につけるもので表現するのが上手い人のことかもしれません。

着飾るだけじゃない、おしゃれ

着飾るだけじゃない、おしゃれ

着飾る、自分をよく見せようとする、似合うものを選ぶ…それだけがファッションじゃない。
おしゃれな人って、自分の‘スキ’を、身につけるもので表現するのが上手い人のことかもしれない。

‘スキ’を身につけ、ふだん使い

‘スキ’を身につけ、ふだん使い

自分が好きな食べ物、飲み物、音楽…。様々なスキが表現された小物や洋服で身につけて、ふだん使いすることで、そのカルチャーへの愛情はさらに深まっていくかも。

この記事では、カレー、コーヒー、音楽好きのシティガールにおすすめの3ブランドを紹介します。

1:カレー好きの彼女の場合

1:カレー好きの彼女の場合

どうしようもなく食べたくなってしまう、探究心をくすぐる食べ物。

中目黒、原宿、ルミネ新宿にある『CURRY UP』は、2種類のカレーが楽しめる「コンビネーションカレー」が美味しいと評判のカレー屋です。

デザイナーのNIGOさんがプロデュースするお店で、スタイリッシュで一見コーヒースタンドのような店構えも特徴。そんな『CURRY UP』は、このお店が好きで、カレーが好きなあなたにぴったりのアパレルアイテムも展開しています。

ファニーな表情がコーデの‘スパイス’に

ファニーな表情がコーデの‘スパイス’に

こちらの帽子は、コック帽をかぶったキャラクターがカレーを運ぶイラストが可愛い。
カジュアルなコーディネートに自分の‘スキ’と遊び心をプラスしてくれそうなアイテムです。

大胆なイラストが目をひくこちらのTシャツは大きくお店の名前がプリントされています。
デニムと合わせてストリートにキメたり、キャミワンピースと重ね着してポップに着こなしても可愛いかも。
これらのアイテムは、お店で購入することができます。

CURRY UP

2:コーヒー好きの彼女の場合

2:コーヒー好きの彼女の場合

コーヒーを飲んでる時の方が、自分らしくいられる気がして。

『NO COFFEE』は、福岡に店を構える、コーヒー好きならチェックしておきたい人気店です。

『NO COFFEE』はコーヒーの提供の他に、店名のロゴをモチーフにしたアパレルや小物、グッズを販売しています。毎日持ち歩ける水筒やモバイルバッテリーなど、幅広いアイテムを揃えています。

シンプル、だからこそ伝わる愛

シンプル、だからこそ伝わる愛

例えば、こちらのスマホケース。シンプルだからこそふだん使いもしやすく、コーヒー愛が伝わるデザインとなっています。

毎日持ち歩くトートバッグにも、自分のお気に入りをオン。
これらの商品は福岡にある店舗のほか、通販でも購入することが可能です。様々なブランドとのコラボもしているので、是非チェックしてみてくださいね。

NO COFFEE

3:音楽好きの彼女の場合

3:音楽好きの彼女の場合

サブスクのシャッフルでは到底見つからない、偶然の出合いが愛おしくて。

『bonjour records』は、CDやレコード、アート、コスメなど、ファッションとリンクしたカルチャーアイテムを提案するブランド。お洋服の隣にレコードやCDが並ぶ、珍しいアパレルショップです。

音楽愛を感じるアイテムたち

音楽愛を感じるアイテムたち

『bonjour records』には、目には見えない音楽への愛情をファッションで表現したい人にぴったりのアイテムが揃ってます。
CD風のストラップがついたこちらのバッグは、「All you need is Girl」という名曲をもじったメッセージが。分かる人には分かる、遊び心が素敵です。

『bonjour records』のアイテムは、コーデのポイントになるような、カラフルな小物が多く揃っています。
代官山と渋谷、京都、福岡に店舗があり、またオンラインショップやZOZOTOWNでも購入が可能です。

POP POUCH

ZOZOTOWN

商品

POP POUCH

¥3,850

Bonjour Girl

コスメやカードなどちょっとした小物を収納するのに丁度良いサイズのポーチです。流行りのビタミンカラーとデジタルなフォントのバランスがおしゃれですね。

bonjour records

コーデにスキをプラスして

コーデにスキをプラスして

今回紹介したお店はどれも、そのカルチャーに対する愛情がたっぷりと感じられるブランドばかりです。

コーデに自分の‘スキ’をプラスして、自分を表現する手段の一つとしてファッションを楽しんでみてくださいね。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ファッションの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。